病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

下半身型冷え性を改善するのに良い方法はコレ!

気温は温かいのに体の一部分だけが冷えているという「冷え性」で、つらい思いをする方が多いです。

 

この冷え性には実は種類があり、中でも女性に多いとされるのが「下半身型冷え性」です。

 

この下半身型冷え性を改善するためにはどのような対策をするのが良いのでしょうか?

 

■下半身型冷え性は女性に多い冷え性です

 

冷え性は気温の問題ではなく、身体の末端や上半身部分、下半身部分など、身体の一部分、あるいは全身にだけ冷えを感じるような症状のことを指します。

 

統計的には女性に多い症状であり、近年はその冷え性が4つのタイプに分類されています。

 

・手足の先だけが冷える末端冷え性タイプ

 

・基礎代謝の低下による内臓・手足タイプ

 

・身体の中心が冷えている内臓冷えタイプ

 

・顔は火照っているのに下半身が寒いという下半身冷えタイプ

 

■下半身型冷え性を改善するには

 

冷え性には、クーラーなどによる自律神経への影響や栄養の問題など様々な原因が少しずつ影響しているという見方がありますが、その中でも最も大きな原因としては「血行不良」が挙げられます。

 

腰から下が冷えやすいという下半身型冷え性のタイプは、デスクワークなどで長時間座ったままの状態が続き、下半身の筋肉が硬直してしまっている状態が続いた結果、下半身の血行が悪くなり、冷えを感じている状態です。

 

しかし、上半身は特に圧迫されていないことが多いため、上半身は火照っているということが多いのです。

 

〇下半身型冷え性を改善する方法はコレ!

下半身型冷え性を改善するには、硬直してしまった筋肉をほぐし、血流を促すようにしましょう。

 

仕事中などであっても、ときどき立ち上がってストレッチをするなどの対策が下半身型冷え性の改善のために有効です。

 

■下半身型冷え性は足湯などでも改善できる?

 

下半身冷え性は、その名のとおり下半身が冷えるという症状ですから、一見すると足湯など、足や下半身を温めれば症状は改善するように思われます。

 

しかし実はそうではなく、せっかく温めた下半身への熱が下半身にとどまらずすべて上半身に行ってしまい、汗をかいてかえって身体が冷えてしまうということになります。

 

身体の「熱」をとどめておくのは血液の仕事です。

 

ですから、身体の一部を温めるだけではなく、熱を全身に循環させるために、血流をよくすることこそが下半身型冷え性の改善のための対策といえます。

 

■まとめ

 

下半身型冷え性は、長時間パソコンの前に座っていることが多いという女性に陥りやすい症状のひとつです。

 

身体を温めるためにひざ掛けなどを使用している方もいるでしょう。

 

しかし、あなたの冷え性のタイプが半身型冷え性である場合には、温める努力よりも、血行改善のためにストレッチやマッサージを行うことのほうが、改善のためにより効果的なのです。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。