病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

冷え性に注意!って…どんなことに気を付ければいいの?

夏になると、「クーラーで冷え性にならないように注意しましょうね。」なんてよく言われます。

 

でも、具体的にどんなことに、どのように気を付けたらいいのでしょうか?

 

夏は暑いので、温かく過ごしたくないですし、クーラーを使わなければ熱中症になってしまうかもしれません。

 

しかし、冷えは、さまざまな症状を引き起こすばかりか、重篤な病気の原因にもなりかねませんから、予防は必要です!

 

冷え性になりやすい人はどんな人?冷え性にならないようにするにはどんなことに注意すればいいの?など、冷え性についてのアレコレをまとめました。

 

■冷え性になりやすい人ってどんな人?

 

冷え性の原因は、自律神経の乱れや、鉄分不足などによる血行不良が原因なので、以下に当てはまる人は注意が必要です。

 

・冷たい物を飲むことが多い

・甘い物やファーストフード、スナック菓子を摂り過ぎている

・極端な食事制限によるダイエットを行っている

・運動不足である

・入浴は、シャワーで済ませている

・エアコンを使いすぎている

・ストレスをためこみやすい

 

■自覚症状のない冷え性に注意!

 

いつも手足は冷たいので、自分は冷え性だと感じていない人、身体の内部は冷えているけれど表面はそうでもない場合…このような人は、注意が必要です。

 

自覚症状がない場合があり、対策・改善策をとらないため、冷え性が重症化してしまうことがあるからです。

 

自覚症状がないと、免疫力が下がり風邪をひきやすくなったり、ひどい肩こりや血流が悪くなるなどして慢性的な冷え性になる可能性があるので要注意です。

 

〇冷え性がひどくなるとどうなるの?

女性の冷え性がひどくなると、生理不順や不妊の原因になります。

 

また、冷え性は女性のものと考えがちですが、男性の冷え性も増加しています。これは運動不足による筋肉の減少や、冷房の効きすぎた室内での長時間労働などによる自律神経失調症によるものです。

 

男性の場合、冷え性がひどくなると勃起不全などを引き起こすので注意が必要です。

 

■冷え性にならないようにするにはどんなことに注意すればいい?

 

夏は暑い季節ですが、その暑い季節に冷えを訴える人が増えています。

 

その原因の多くはクーラーによる冷房病。また、冷たいものを食べたり飲んだりしすぎることによる内臓の冷えなども原因になります。

 

まずは冷房病を予防すること、冷気を直接体に当てない、上着を羽織るなどの対策が必要です。

 

冷たいものがほしくなりますが、涼しい部屋で食べたり飲んだりするのであれば、積極的に温かいものを摂るようにしたほうが良いでしょう。

 

■まとめ

 

冷え性は、日常生活において何の利点もありません。

 

女性も男性も冷え性が進むと生殖機能にまで影響が出てしまいます。

 

クーラーの使い方や食生活などに注意し、冷え性にならないように気を付けてくださいね。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。