病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》糖尿病は合併症が怖い?糖尿病性腎症の原因!

こんにちは!

 

からだプラン代表医師の橋本です。

 

内科医として働いています。

 

今回は、糖尿病に焦点を当ててみたいと思います。

 

糖尿病は生活習慣病の一つで、生活習慣が悪いとなってしまう病気です。

 

そして糖尿病になってしまうと、身体に色々な病気が出てきてしまいます。

 

その中でも、今回は糖尿病の腎臓の病気である「糖尿病性腎症」について書いていきたいと思います。




☆前提!血糖値とは

さて、それでは、血糖値が何か、というところから見ていきましょう。

 

血糖値とは、血液中にある糖の量を示す値です。そのままですね。

 

血液は、全身に行きわたっていますね。

 

そこに糖があるということは、全身に糖(=エネルギー)を送ることが出来る、ということになります。

 

特に、糖しかエネルギーにしか出来ない臓器があります。

 

脳です。

 

つまり、血糖が足りなくなるということは、脳にエネルギーが足りなくなることに直結します。

 

脳にエネルギーが足りなくなると、フラフラしたり、意識障害が起こったりします。

 

一方で、血糖が多すぎることも問題になります。

 

つまり、高血糖、糖尿病ですね。

 

詳しいことは後で書きたいと思いますが、そんな糖尿病にかかわるホルモンを一つ、紹介します。

 

血糖を下げるホルモン、インスリン

インスリンとは血糖を下げる働きのあるホルモンのことです。

 

膵島と呼ばれる部分にあるβ細胞から出てきます。

 

ご飯を食べた後、血糖値を下げるために、インスリンが沢山出てきます。

 

つまり、インスリンによって血液中の糖分は多くなり過ぎないようにコントロールされています。

 

そして糖尿病とは、このインスリンがうまく出せない、もしくはうまく働かない事で高血糖状態が続く事で発症します。




☆糖尿病と動脈硬化

糖尿病では、血液中に糖分が多量に流れている状態になります。

 

イメージとしては、血液の中に砂糖が流れているのと同じことになります。

 

血液中を流れる砂糖は硬く角ばっており、血管を傷つけます。

 

 

また、傷ついた血管は炎症を起こして硬く、そしてもろくなります。

 

このように血管が硬くなることを動脈硬化と言い、糖尿病が様々な症状を起こす原因となります。

 

しかも、糖尿病を持っている人は、その生活習慣の積み重ねであることが多いです。

 

したがって、糖尿病だけでなく、高血圧や脂質異常も合併していることがあります。

 

高血圧もまた、血管の壁に負担をかけます。

 

ですので、二重、三重に動脈硬化が進んでしまうことになります。




 ☆糖尿病性腎症とは

それでは本題の糖尿病性腎症についてお話ししましょう。

 

糖尿病になる事で動脈硬化のリスクが上昇する事をご紹介しました。

 

そして、糖尿病の動脈硬化では細い血管ほど影響を受けやすいです。

 

ここで思い出してほしいのが、腎臓は細い血管が集まる事で機能している、ということです。

 

血液の余分なものを外に出すには、細い血管を集めて、処理する面積を増やしたほうが都合がいいからですね。

 

つまり、腎臓は糖尿病が原因の動脈硬化の影響を受けやすいのです。( ゚Д゚)

 

このように、糖尿病が原因で腎臓に障害が発生する事を、糖尿病性腎症と言います。




☆糖尿病性腎症の症状

先ほども言ったとおり、腎臓では体の老廃物をこして尿として排出する機能があります。

 

糖尿病性腎症ではこの機能が低下する事で様々な症状が見られます。

 

初期症状

糖尿病性腎症の初期症状はほとんどありません。このため症状が出るまで気がつかない事が多いです。

 

健康診断の尿検査で発覚することも多く、定期的な健康診断が重要になります。

 

むくみ

糖尿病性腎症では腎臓の機能が低下することで、水分の排出が十分にできず、むくみが見られます。

 

むくみが多いときには、足などに指を押し付ると、そのあとが残ります。

 

尿毒症

腎機能が低下することで通常排出される尿素が血液中に残存することで生じます。

 

酷くなると、昏睡状態になることもあります。

 

人工透析による対応はできますが、治療そのものができない状態に発展することも多くあります。

 

この状態に至らないようにすることが重要です。




☆糖尿病性腎症の治療

食事療法

糖尿病性腎症の治療は、早期であれば食事による血糖のコントロールが中心になります。

 

腎臓の状態により通常の糖尿病の食事療法とは異なり、血糖だけでなくタンパク質もコントロールする必要があります。

 

人工透析

慢性的に腎臓が十分な機能を果たす事ができなると、人工透析が必要となります。

 

人工透析治療では時間的な負担が大きくなる傾向が高く、以前と同じ生活を送る事が困難になる場合が多くあります。

 

腎移植

恐ろしいことに、一度壊れてしまえば、腎臓の血管は、元に戻りません

 

そのため、慢性的な腎不全を根本的に解決する方法は、腎移植しかありません。

 

しかし、腎移植はドナーを必要とし簡単に行えるものではいため、希望したとしても実現する事が難しいです。




☆糖尿病性腎症の予防

糖尿病性腎症の予防は、基本的に糖尿病の予防になります。

 

また、糖尿病には様々な生活習慣が関係していると言われています。

 

それでは、予防につながるものを大きく二つ、紹介したいと思います。

 

まずは生活習慣の見直し!

ここで少しクイズです。これから挙げる二人の例、どちらが糖尿病になりやすいでしょうか?

 

例)Aさん

Aさんは、とある病院で看護師をしていました。

 

65歳で定年退職し、家にいる時間が長くなりました。

 

起きるのはいつも昼ご飯を食べる頃です。

 

昼食後はテレビを見ながらゴロゴロ過ごし、夕方は最近覚えたインターネットで情報収集。

 

夜は昔の友達と飲みに行くことが多くなったといいます。

 

 

例)Bさん

Bさんは、Aさんの同僚でした。

 

退職後は、趣味として続けていたランニングを本格的に再開しました。

 

朝起きて少し走ってから、野菜もきちんと考えた食事をとっています。

 

週に二回、夜はランニング仲間とフットサルをし、汗を流します。

 

そうですね、Aさんのほうが糖尿病になりやすいのは想像しやすいと思います。

 

食事や睡眠、運動といった生活習慣の改善が、糖尿病の予防には一番となります。

 

 

しかも、糖尿病だけでなく、脳血管障害(脳出血、クモ膜下出血、脳梗塞)や冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)といった、他の生活習慣病の予防にもつながるので、一石二鳥ですね(^^♪

 

食事は一生の付き合いになりますし、運動もせっかく続けるのであれば、自分に合ったものを探してほしいと思います(^^)/

 

定期的な健康診断も!

また、定期的に健康診断を行うことは、腎臓の状態を知るだけでなく、血糖や血圧なども知る事ができるため、積極的に受けるようにしましょう。