病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

ランニングはダイエットに効果あり?本当に痩せるの?

ランニングやジョギングをしている人は年々増加しています。

 

目的は健康維持のため、レースに参加するため、メタボ対策などさまざまですが、単純に「痩せたい!」というダイエット目的の人も多いかもしれません。

 

ランニングをすれば本当に痩せることはできるのでしょうか?ダイエット効果は期待できるのでしょうか?

 

■ランニングダイエットで痩せることはできる?

 

結論から言うと、ランニングはダイエット効果的ですから、継続することで痩せることは可能だと言えます。

 

ランニングで痩せる根拠をご紹介します!

 

○基礎代謝が上がる

基礎代謝が高い人ほど痩せやすいのですが、ランニングをすると心臓や肺の機能が向上し、基礎代謝が良くなります。

 

○体脂肪が燃焼される

ランニングは有酸素運動です。有酸素運動では体脂肪をエネルギー源とするため痩せられるのです。

 

○ストレスが解消される

ストレスは過食につながることがありますが、ランニングをするとセロトニンやエンドルフィンなどのストレスを和らげるホルモンが分泌されるのでストレス解消に効果的です。

 

■やり方によっては失敗する!ランニングダイエットで痩せるコツとは?

 

むやみに長く走るのではなく、効率的に痩せられるランニングを行うことが必要です。

 

○走る前にはストレッチをする

ランニングの前には体をほぐしておきましょう。ストレッチをすることで脳にスイッチが入り、ケガの予防にもなります。

 

○正しい姿勢で走る

ランニングは長く続けてこそ痩せる効果が得られます。上下動が大きい走りは膝に負担がかかり、足の着地位置がダメージにつながることもあります。自分の走りに合ったフォームを見つけることが大切です。

 

○空腹の状態で走る

空腹時の方が脂肪を燃焼しやすい状態にあります。効率よく痩せたいのなら、朝食前に走るのがおすすめです。ただし水分はしっかり摂ってから走りましょう。

 

○理想は週3回1日置きに30分走る

無理なく続けられるペースを作りましょう。20分以上走ると脂肪が燃焼されやすくなります。ウォーキングとランニングを交互に繰り返しても効果が期待できます。

 

■ランニングダイエットではどの部分が痩せるの?

 

マラソンランナーの体つきは、筋肉質でありながら細身でしなやかですよね。

 

ランニングは主に下半身を使うスポーツだというイメージがあり、下半身が痩せるの?と思われる人もいるかと思います。

 

しかし、ランニングは全身運動ですから、全身痩せ効果が期待できます。

 

筋トレのように特定の部分だけ鍛えることは難しいですが、男性に多い内臓脂肪の燃焼にも効果が期待できます。

 

■ランニングダイエットの効果はいつ頃現れる?

 

ランニングダイエットをしても、なかなか効果が出ないとモチベーションが下がってしまいますよね。

 

しかし、効果の現れ方には肥満の状態やランニングの量・頻度などにより個人差があります。

 

長く続けていくことで、体が変化するのを楽しみにしてみましょう。

 

一般的に行動を習慣化させる期間は、1カ月とも3カ月とも言われています。効果が現れるのは、ランニングが習慣になった後と考えて、コツコツ続けてみてくださいね。

 

■まとめ

 

ランニングはダイエットに効果的ですから、継続することで痩せることができるでしょう。

 

しかし、即効性を期待しないでくださいね。

 

結果だけを追い求めて、リバウンドを繰り返すダイエットは健康的ではありませんし、無理をして膝や腰を痛めてしまったのでは元も子もありません。

 

ランニングを始めるのなら、自分のペースで長く続けられるように工夫しましょう。そして、安全にも気を付けてくださいね。

 

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。