病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

ランニングダイエットで意識したいポイントを紹介します!

ダイエットでランニングを頑張っている方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、ただ漫然と走ってしまっていませんか?

 

せっかく走るなら、もっと脂肪を燃焼したりボディラインがキレイになったりするように走りたいですよね。

 

今回は、ランニングする時にどんなポイントを意識したら、より効果的なランニングになるのかについてご紹介します。

 

■ランニングダイエットは無理なく続けられるペースを意識して!

 

ダイエットのためのランニングに、スピードは重要ではありません。脂肪を効率よく燃焼するには、ゆっくりのペースでも長い時間走ることが有効ですから、無理に走る必要はありません。きつくなったら歩いても良いのです。

 

時間は30分前後、走りながらおしゃべりができるくらいのペースを意識しましょう。

 

■ランニングダイエットでは正しいフォームを意識しよう!

 

ランニングフォームが崩れていると、無駄に疲れやすい、体を痛めるなどのトラブルが起こります。まずは正しいフォームで走ることを意識しましょう。

 

〇目線

視線はしっかりと前を向きましょう。下を向くと全体的なフォームが崩れてしまいます。

 

〇腕

胸を張って、腕を振るのではなく後ろに引くようなイメージで走りましょう。肘は胴体よりも前に出ないようにしてくださいね。

 

〇足

足は真下に着地するように意識してください。大股ではなく、地面に優しくタッチするように走る感覚が良いでしょう。さらに、骨盤を後ろから押すようなイメージで走るとなお良いです。

 

■ランニングダイエットでは具体的な目標を持ちましょう!

 

ただ漫然と走ると挫折してしまいがちですし、楽しみもありません。モチベーション維持のためにも、具体的に目標を持つことをおすすめします。

 

いきなり「マイナス10kgやせる!」とか「フルマラソン完走!」とか大きな目標を立ててしまうとゴールが遠すぎて継続できなくなります。

 

まずは、コツコツ続けることで達成できそうな小さな目標を立て、1つ1つ目標をクリアしていくことで、ランニングが楽しくなっていきますよ。

 

■ランニングダイエットでは走る前のストレッチ&クールダウンも大切

 

ケガ防止のためにもストレッチは重要です。

 

また、ストレッチをしっかり行いお尻周りの筋肉をほぐしてあげると、歩幅が広がりヒップアップ効果が期待できます。

 

肩甲骨回り、太もも、ふくらはぎなど、使う筋肉を意識してしっかり伸ばしましょう。

 

また、走った後もしっかりストレッチを行いましょう。

 

お風呂の中で、ゆっくりじっくり伸ばしてあげるのがおすすめです。

 

■まとめ

 

せっかくランニングでダイエットをするなら、なるべく効率的に行いたいですよね。そのためにも、漫然と走るのではなくいくつかのポイントを意識して走ってみてください。きっと効果も変わってきますよ。

 

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。