病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

スポーツを習い事にしてダイエットをしてみませんか?

肥満は将来的にさまざまな病気を引き起こす可能性があります。見た目の問題だけでなく、健康のことを考えてダイエットをしたいという人もいるでしょう。

 

そこでお勧めしたいのが、スポーツを習い事にする!というダイエット方法です。

 

■ダイエットをしたいならスポーツを習い事にしてみませんか?

 

ダイエットにはスポーツがおすすめです。スポーツによるダイエットは運動療法とも言い、健康的な体をつくりながら痩せることができるからです。

 

メタボリックシンドロームは生活習慣が原因です。そのため、ダイエットにも習慣付けが大切です。食事制限でダイエットをすると一時的に体重や体脂肪が減りますが、やめるとリバウンドすることがあります。

 

また、無理な食事制限は栄養バランスが崩れるという心配もあります。スポーツによるダイエットも食事に気をつける必要はありますが、バランスの取れた食事を摂り暴飲暴食をしなければ、健康的に痩せる効果が期待できます。

 

さらに、スポーツでダイエットをすると、体力アップが期待できますし、筋肉を増やすことで基礎代謝があがるので、痩せやすい体づくりもできます。

 

ダイエットというと我慢やストレスというイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、スポーツダイエットならストレス発散にもなりますよ。

 

○スポーツを習い事にすれば楽しくダイエットできる!

スポーツは習い事として行うこともできます。自分が好きなスポーツであれば、ダイエットは無理なく楽しく継続することができますから、より効果的になるでしょう。

 

○習い事でスポーツをすれば適切な指導が受けられる!

習い事でスポーツをする場合、指導者いるのもメリットのひとつです。

 

マンツーマンでの指導してもらえるもの、集団指導のものなどさまざまですが、一人で行うのではなく指導者がいれば安心ですし、モチベーションも上がります。

 

ダイエットのためにスポーツを始める人は少なくありませんが、自己流で行うことにより、体を壊してしまう人もいます。しかし指導者がいれば、正しい方法で体を傷めずダイエットをすることができるでしょう。

 

そういった面でも、習い事でスポーツをするということはメリットがあります。

 

■習い事でスポーツをするならどんなスポーツがダイエットに良い?

 

どんなスポーツを習い事にするとダイエットに効果的なのか、ご紹介します。

 

〇水泳

水泳はかなりの肥満の人でも安全に始められるダイエットです。BMI25以上の人には水泳や水中ウォーキングがおすすめです。

 

水の中では浮力があるので膝や足首への負荷は体重の10分の1と言われています。せっかくダイエットを決心しても膝や足首を痛めては継続が難しくなります。

 

いずれウォーキングやランニングに切り替えることもできますから、まずは水泳で減量や体力づくりを始めるのがいいでしょう。

 

〇ヨガ

ヨガは激しく動くわけではなくポーズをとっているだけのように見えますが、スポーツの1つです。水泳やジョギングと同じように有酸素運動なのでダイエットに効果的です。

 

ヨガは様々なポーズをとることで普段あまり動かさない筋肉を動かします。その結果として体の深い部分にあるインナーマッスルが鍛えられることができ、ダイエットが効果的になります。

 

■まとめ

 

メタボリックシンドロームは生活習慣病につながり、将来的に脳卒中や心臓病のような命にかかわる病気を引き起こす可能性がありますから、肥満の人にはダイエットが必須と言えます。

 

しかし、一人ではなかなか継続できないという人もいます。

 

そのような場合、スポーツを習い事にすると、楽しく効果的なダイエットをすることができるでしょう。

 

自分一人ではモチベーションが続かない、ダイエットをしたいけれどどんな運動をしたらいいのか分からないという方は、スポーツを習い事にしてみてはいかがでしょうか。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。