病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

ダイエットに運動は必要?ダイエットと運動の関係は?

ダイエットに運動が必要なのは、ご承知だと思います。でも、運動は、つらくてなかなか続けられないという人も多いのではないでしょうか。

 

ダイエットには、どうしても運動は必要なのでしょうか?食事に気を付けるなど、運動をせずにダイエットをする方法もありますよね。

 

今回は、なぜダイエットには運動が必要なのかについて詳しく解説します。

 

■ダイエットに運動は必須!?その理由は?

 

なぜ、ダイエットとには運動が必要なのでしょうか。食事制限だけのダイエットもありますよね。しかし、健康的なダイエットには運動が必須といえます。

 

その理由は、基礎代謝です。

 

基礎代謝とは、安静にしていても体を維持するために消費するエネルギーのことです。そして、基礎代謝が高いと痩せやすくなります。そのため、ダイエットでは、基礎代謝を上げる必要がありますが、基礎代謝を上げるには筋肉をつけることが必須です。

 

運動をしなければ筋肉がつきません。そして、食事制限のダイエットをしてしまうと、エネルギー不足に陥った体が筋肉を分解してエネルギーを作ろうとします。

 

その結果、筋肉が衰えるので基礎代謝が減り、さらに痩せにくい体になってしまうのです。

 

このような理由から、ダイエットに運動は不可欠と言われているのですね。

 

■ダイエットに効果的な運動とは?

 

ダイエットに運動が必須ということは分かりましたが、具体的にどのような運動をすると良いのでしょうか。

 

運動は、大きく2つに分けられます。

 

〇有酸素運動

身体に酸素を取り入れながら長時間行う運動のことです。酸素を取り入れると、体の中で対脂肪が分解されるため、すでについてしまった脂肪を減らすのに効果的です。

 

〇無酸素運動

筋肉トレーニングなど、短時間に強い力を発揮する運動のことです。筋肉を強化するのに有効であり、基礎代謝をあげることやボディラインの引き締めに効果的です。

 

ダイエットをしたいのであれば、有酸素運動と無酸素運動を併せて行うと良いでしょう。

 

▲ウォーキングとスクワット

例えば、有酸素運動のウォーキングと無酸素運動であるスクワットの両方を、毎日の生活の中に取り入れることでダイエットが効果的になります。

 

ウォーキングはダイエットの定番ですが、日常生活に取り入れやすくまた効果が出やすい有酸素運動なのでとてもオススメです。

 

ダイエットに効果的なウォーキングのコツは「中程度の強さ」で行うこと。苦しくて息切れする、逆に楽過ぎてほとんど負荷にならないという程度ではダイエットとしては効率がよくありません。

 

全力でできる強さを100%としたとき、40~60%くらいの強さを意識しましょう。

 

筋肉トレーニングでオススメなのがスクワットです。大きな筋肉は多くが下半身に集まっていますが、スクワットはその下半身の筋肉を効率的に鍛えることができます。

 

大きな筋肉が鍛えられれば基礎代謝が上がりやすくなるため、太りにくい体つくりにとても有効です。

 

■まとめ

 

運動はなかなか苦手で続かない人も多いと思いますが、やはりダイエットに運動は必須です。そのためにも、まず継続できることが大切です。

 

テレビを見ながらのスクワットや、通勤のついでのウォーキングなど、無理なく生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。