健康ブログ

《医師直筆》傷が化膿する原因は?傷を早く治す方法を解説!

からだプラン編集部

 

こんにちは!

 

からだプラン代表医師の内科医の橋本です。

 

数年前は訪問診療で、よく外科的な創傷治療を行っていました。

 

現在は総合診療医として働いています。

 

先日、「登山に関する医学的な注意点」という講演で、けがをした時の治療について話をしたところ、次のようにとてもびっくりされました。

 

え、ケガして傷が出来たら消毒じゃないんですか!?

 

そこで、これはきちんとコラムに書かなければ!と思い、分かりやすいようにコラムを書きました。

 

ケガをした時のためにも、医学を楽しむためにも、是非ご一読をと思います。




☆傷を消毒してはいけない

そもそも皮膚には多くの菌が存在している

一つ前提として、皮膚には沢山の菌がいます。

 

これは当たり前にいるもので、何かしらの利益を与えてくれていたりするので、共生と言ったりします。

 

彼らのおかげで、人は生きる事が出来るのです。

 

傷を消毒してもばい菌を殺しきれない

ばい菌を殺しきるのは不可能で、仮に消毒してもすぐに増殖して元の状態に戻ってしまいます。

 

消毒液は人間の細胞も破壊する

人間の細胞も生き物なので、消毒で殺されてしまいます。

 

ばい菌も人間の細胞も生き物なので、消毒でまとめてやられてしまう、という事です。

 

消毒しても回復は早くならない

消毒して治りが早くなったという、医学的エビデンスがありません。

 

傷口を乾燥させてはいけない

カサブタができると傷が治ると思っていませんか?

 

傷口から出るジュクジュクした透明の液・滲出液が細胞を培養して傷を治します。

 

ですので乾燥させると傷の治りが遅くなるのです。

 

傷が化膿する原因

傷が化膿するのは消毒をしていないからではありません。

 

白血球が入っていけない場所でばい菌が守られていると化膿します。

 

例えば、傷口に木片が残っていると、木片に隠れてばい菌が増殖します。

 

白血球がばい菌を殺しに行くことができず化膿するのです。

 

こういったばい菌の隠れ家を「感染源」と言います。




☆傷が治るまでの流れ

ではどのように傷は治っているのでしょうか?実は以下のように治っているのです。

 

  1. 傷口から出血する
  2. 血小板が止血のために集まってくる
  3. 傷で死滅した組織や細菌を白血球が破壊する
  4. 傷口をくっつけるために線維芽細胞が集まる
  5. 傷口をふさぐために表皮細胞が集まる
  6. 透明の滲出液が細胞を培養する。
  7. 治る

 

傷口がグジュグジュしているときに出ている透明液、滲出液が傷を治すのに重要な役割を持っていたんですね。




☆湿潤療法:正しい傷の治し方

それでは傷を消毒しない、乾燥させない傷の治し方を伝授します。

 

  1. まず止血を行う
  2. 傷口を水道水できれいに洗い、感染源を除去する
  3. 傷を乾かさないよう「創傷被覆材」をかぶせる。
  4. 創傷被覆材の表面に滲出液が染み出してきたら、新しいものと交換する




☆湿潤療法のメリット

傷が早く治る

細胞を培養し、傷を治す成分・滲出液が常に傷口にあるので、乾燥させたときよりも治るのが早くなります。

 

<痛みが少ない>

絆創膏やガーゼをかぶせると、滲出液が吸収されて傷口が乾燥していがちです。

 

この場合、絆創膏やガーゼを交換するときなどに、新たにできた皮膚も引っ張られ痛みを伴います。

 

傷跡がキレイに治る

傷口が湿っている状態を保てるので、かさぶたが作られず比較的キレイに傷が治ります。




☆傷(ケガ)の治し方についての動画を作りました

文字が多いので、ここで動画の気分転換です♪

 

傷(ケガ)の治し方について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。

 

ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪




☆良くある質問

ですが、本当に消毒に意味は無いのでしょうか…?

はい、ありません。

菌を殺して治りが早くなったという、医学的エビデンスが無いのです。

 

では、もっと強い消毒なら…?

もっと人間の細胞が死んでしまいます。

治りが悪くなります。

 

採血の時に消毒してるじゃん……?

慣習的にやっているだけです。

患者さんが「消毒もしないで採血された!」って言わなくなれば、誰もやりません(・ω・)




☆傷(ケガ)の治し方についての動画を作りました

傷(ケガ)の治し方について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。

 

ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪




※参考文献
創傷治療の常識非常識{消毒とガーゼ}撲滅宣言(三輪出版)

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません