病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》吐血は胃潰瘍の症状?原因と対策について解説!

こんにちは。からだプラン代表医師の橋本将吉です!

 

普段は内科医として働いています。

 

皆さんもご存知の通り、病院には毎日沢山の患者さんが来院します。

 

そのなかでも、もっとじっくりお話しすることができたら、きっと良くなるだろうなと思う患者さんが沢山います。

 

そこで、からだプランの出番です。

 

からだプランは、「もっと医学を楽しもう!」をモットーに、健康ブログを発信しています。

 

今回は、胃潰瘍について解説します。

 

分かりやすく書いているので是非参考にしてください(*^^*)

 

☆胃潰瘍とは?

まず、胃潰瘍についてお伝えします。

 

胃潰瘍は英語でgastric ulcerと言います。

 

胃潰瘍とは、簡単に言うと、胃が炎症を起こしている状態です。

 

皆さん、胃の中に胃液が存在しているのはご存知だと思います。

 

その胃液によって、胃の粘膜がダメージを受け、胃の壁が炎症を起こしている状態のことを言います。

 

そもそも、胃は胃液によって傷つかない様に、丈夫な粘膜でコーティングがされています。

 

しかし、何らかの理由で、胃の粘膜のコーティングが壊れてしまうと、胃液によって炎症が起こります。

 

これが、胃潰瘍と呼ばれています。

 

胃潰瘍の主な症状としては、食事中・食後のみぞおちの痛み、悪心、吐血などが挙げられます。

 

酷くなると、胃がんになる場合もあるので、注意が必要です。

 

☆胃潰瘍の原因

胃潰瘍の原因は主に4つあります。

 

ヘリコバクター・ピロリ菌

まず一つ目は、ヘリコバクター・ピロリ菌です。

 

皆さん、ピロリ菌をご存知ですか?

 

ここ10年~20年で、有名になったので、ご存知の方もいるかもしれません。

 

ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息している、らせん状の細菌のことです。

 

胃には強烈な胃酸があるため、昔からは最近は存在しないと考えられてきました。

 

しかし、ピロリ菌は、胃の様々な病気に関わっていることが分かっています。

 

この、胃潰瘍もそのうちの一つです。

 

ピロリ菌に感染すると、炎症が続きます。

 

そして、その症状が長く続くと、胃の細胞が変異を起こし、胃潰瘍に繋がっている可能性があります。

 

ピロリ菌は除菌をすることで、症状を改善できる場合もあります。

 

ピロリ菌の疑いがある際には、医療機関を受診しましょう。

 

ストレス

そして、二つ目はストレスです。

 

ストレスは、胃にかなりの負担を与えています。

 

普段は、胃酸と胃粘液は、バランス良く保たれています。

 

そのため、胃の粘膜が荒れるということはなかなかありません。

 

しかし、様々な原因で胃酸が過剰分泌地をしてしまったり、胃粘膜の分泌量が減ると、胃粘膜を守り切れず、胃が炎症を起こしてしまいます。

 

それに深く関わっているのが、ストレスです。

 

ストレスは、第二の悩める臓器と言われており、ストレスにより胃に負担がかかってしまいます。

 

鎮痛剤

三つ目は鎮痛剤です。

 

生理痛や頭痛の時など、痛みを伴う症状が出た時に、鎮痛剤を飲んでいることかと思います。

 

その鎮痛剤のNSAIDsが胃に負担をかけてしまっています。

 

痛み止めを使いすぎることにより、胃が荒れてしまい、胃潰瘍を引き起こしてしまうことがあるので、注意が必要です。

 

生活習慣

そして、最後は生活習慣です。

 

一番に気を付けたいことが、食事です。

 

脂っこい食事を沢山摂取していると、沢山の胃液が分泌されて、胃潰瘍を引き起こしてしまう可能性があります。

 

また、たばこやアルコール、カフェインなどの取り過ぎも、胃に負担をかけていると言われています。

 

☆胃潰瘍の対策

それでは、そんなストレスや生活習慣による胃潰瘍の対策はどのようなものがあるのでしょうか?

 

対策1 食事

まず、大切になってくることが、食生活の改善です。

 

先ほどもお伝えした通り、脂っこい食事を沢山とることにより、胃酸が分泌され、胃に負担がかかってしまいます。

 

目指してほしい食事は、和食定食です。

 

和食定食は、脂の量も少なく、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの栄養価がとても高いです。

 

和食は、野菜もきちんと取ることができるので、理想の食事です。

 

一日一食は、和食を心掛けたいですね。

 

また、アルコールの取り過ぎには注意が必要です。

 

アルコール、炭酸飲料はかなり胃に負担をかけています。

 

生ビールを頼んだ際はダブルパンチ!

 

きちんと分量を考えて摂取することが大切になってくるでしょう。

 

対策2 運動

そして、二つ目に大切なことは、運動です。

 

運動は、ストレスを発散する意味でも大切になってきます。

 

何の運動を始めればいいの?と悩む方もいるかとは、思いますが、からだプランでは、自分が続けられる運動をすることをオススメしています。

 

ジョギング、サッカー、ヨガ、何でも大丈夫です(*^^*)

 

自分に合った運動を見つけて欲しいと思います!

 

それでも、「運動してなかったし、何やればいいか分からないわ。」という方には、ピラティスをオススメしています。

 

必要な物もなく、気軽に楽しく始められます!

 

是非探してみてください(*^^*)

 

対策3 睡眠

そして、三つめは、睡眠です。

 

睡眠は、胃を休めるためにもとても大切です。

 

また、それだけでなく、免疫力を高めるためにも大切なのです。

 

免疫力を高めることにより、病気になりにくい体を作ることができます。

 

7時間~8時間の睡眠を心掛けると良いと思います。

 

是非参考にしてみてくださいね(*^^*)

 

☆まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、胃潰瘍についてお伝えしました。

 

生活習慣はとても大切になってきます。

 

是非参考にしてくださいね♪

 

最後までお読みいただき有難う御座いました!

 

からだプラン 代表医師 橋本将吉

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。