病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》花粉症に薬って効くの?花粉症の薬物治療の実際

辛い花粉症の症状は様々で止まらないくしゃみ、鼻水、咳き込み、目のかゆみなどがあります。「目玉を取り出して丸ごと洗いたい!」「鼻をかみたいけど、もう鼻の下の皮膚が痛い!」という悲痛な声も花粉症シーズンにはよく聞かれますよね。

 

花粉症を和らげるためには、マスクや花粉症メガネなどのグッズのほかに、飴やタブレット、薬などが薬局などに販売されていますが、花粉症に対する薬にはどんなものがあり、それらにはどんな効果があるのでしょうか。

 

今回は、花粉症に対して使われる薬についてご紹介します。

 

■花粉症の治療法で使用される薬

 

残念ながら、花粉症が完治すると確約された治療方法はありません。ですから、花粉症の症状の抑制のためには、「対症療法」と「免疫療法」などの治療が行われます。

 

○花粉症の対症療法で用いられる薬について

対症療法とは、今現在身体に対して出ている症状に対して、薬物や手術などの用法を用いて症状の寛解(症状が落ち着いて軽くなったりなど身体が安定した状態)を図る治療方法です。

 

花粉症の対症療法には、薬物療法があります。

 

花粉症の薬物療法で主に用いられる薬として、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド薬が使用されます。

 

▲抗ヒスタミン薬

ヒスタミンはアレルギー反応や炎症の発現に関与しています。

 

花粉などのアレルゲン物質が体内に侵入することで、ヒスタミンが多く体内で分泌されます。それによりアレルギー症状を起こしてしまうのです。

 

抗ヒスタミン薬はヒスタミンの動きを遮断し、くしゃみや鼻水、鼻詰まりなどの症状を抑えてくれます。

 

主な副作用として眠気が挙げられますが、市場に出回っている薬の中には副作用の眠気を抑えるよう改良されたものもあります。

 

▲抗ロイコトリエン薬

ロイコトリエンもヒスタミンと同じく、アレルギー反応を起こす物質です。

 

ロイコトリエンは血管拡張作用があり、この場合ですと鼻の粘膜を拡張することにより、鼻詰まりを起こしてしまうのです。抗ロイコトリエン薬は鼻詰まり症状が強いときに、症状を抑えるべく処方されます。

 

▲ステロイド薬

抗炎症作用が強く、花粉症に限らず様々な疾患の治療に対して用いられます。花粉症においては、症状が重く他の薬剤では効果が見られない場合に使用されます。

 

抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド薬も症状に応じて、内服薬や点眼薬、点鼻薬などに姿を変えて活躍してくれます。

 

○免疫療法について

免疫療法では薬は使わず、自らのアレルゲン物質(アレルギーの原因となるもの)を用います。

 

少ない量のアレルゲンを体内に入れ、徐々にその量を増やして免疫を獲得しようという治療方法です。

 

アレルゲンを体内に入れる方法は、注射か舌下滴下服用に分かれます。最近では痛みの無い舌下での方法に注目が集まっています。

 

この治療には2〜3年かかるとされ、実験段階にはありますが、治療を受けた人の中には、症状の軽減を実感できた人が多くいると報告されています。

 

■まとめ

 

花粉症対策に、マスクや花粉症メガネが有効であるのは周知の事実です。

 

しかしマスクや花粉症メガネに合わせて、薬を使うことで更に症状の軽減を図ることができます。

 

辛いこの時期には、使える手段は何でも使って、毎日をできるだけ快適に過ごせるようにしたいものですよね。

 

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。