病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》秋の花粉症にはどんな治療が効果的なのか!?

秋に鼻水やくしゃみが止まらなかったり、目が痒かったりと、花粉症のような症状が出た場合、秋の花粉症の可能性があります。

 

万が一秋の花粉症だった場合、一体どんな治療が行われるのでしょうか。今回は、秋の花粉症の治療について紹介します。

 

■秋の花粉症の基本的な治療

 

秋の花粉症の治療は、春の花粉症の治療と変わりません。

 

秋の花粉症の基本的な治療は、症状を緩和する治療薬を用いることです。

 

かゆみの原因物質であるヒスタミンの発生を予防する抗アレルギー薬や、ヒスタミンが発生した後に、ヒスタミンを制御して症状を抑える抗ヒスタミン薬、症状がひどい時や早く抑えたい時に使用するステロイド薬などを用いた治療が行われます。

 

■秋の花粉症の根治治療

 

基本的な治療は、あくまでも対処療法です。辛い秋の花粉症を治すためには、免疫療法という治療を用いることになります。

 

免疫療法は、アレルギー性疾患を根治する唯一の治療方法と考えられています。どのような治療方法なのかというと、アレルギーを引き起こす物質を体に慣らすという発想に基づいた治療方法です。

 

但し、治療の成果には個人差があり、原因物質を体内に取り込むことでショックが起こるリスクもあるので、慎重な治療が求められます。

 

■秋の花粉症その他の治療

 

秋の花粉症の治療方法として、基本的な治療と根治治療について紹介しましたが、他にも患者の体質に合わせて処方した漢方薬を用いる方法や、炎症部分の粘膜を切除手術する方法、レーザーを照射して炎症が起こらないようにする治療などがあります。

 

■秋の花粉症治療の注意点

 

このように、秋の花粉症にはたくさんの治療方法がありますが、どの治療方法を用いても必ず花粉症が治るわけではないので注意してください。

 

一番良いのは、主治医と一緒に自分に合った治療を見つけることです。

 

また、軽症や中等症の患者さんには、抗アレルギー薬を秋の花粉症の症状が出る前から服用する初期療法がおすすめです。毎年秋になると花粉症の症状が出る方は、早めに病院を受診するといいでしょう。

 

■まとめ

 

秋の花粉症も、春の花粉症と同様の治療が行われます。

 

基本的には、対処療法である内服薬や点鼻薬などを用いた治療、症状によっては漢方薬や手術、レーザー治療といった治療が行われます。また、花粉症の根治が可能だと考えられている免疫療法という治療もあります。

 

このように、秋の花粉症にはさまざまな治療があるので、まずは病院を受診して、秋の花粉症かどうかを診断してもらい、自分にあった治療方法で秋の花粉症を治療してください。

 

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。