病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》夏風邪なの?ヘルパンギーナとはどんな病気?

ヘルパンギーナとは、幼稚園や保育園くらいのお子様がいらっしゃる家庭では聞いた事がある病名だと思います。この病気、子供からうつると大変なんですよね…のどが痛くて…私もかかったことがありますが、大変でした。

 

ヘルパンギーナは手足口病や咽頭結膜炎(プール熱)と同じ夏風邪の一種で、割合的には4歳以下のお子様がかかることが多いです。まれに看病する親や、大人にも感染することがあります。

 

今回は、このヘルパンギーナとは具体的にどのような症状が出る病気なのか、どのように治療するのかといったことをまとめました。

 

■ヘルパンギーナとはどんな症状?

 

ヘルパンギーナとは、突然発熱するという特徴があります。39℃~40℃の高熱になることも多いです。咳や鼻水といった風邪症状はありません。

 

のどの入り口付近に水疱のようなものや口内炎のようなものができ痛みを伴います。水疱は、のどの片方にできたり、左右対称にできたりすることもあります。

 

この時、唇や、のど全体に水疱や口内炎のようなものが広がっている場合は手足口病の可能性もあります。

 

ミルクを飲んでいる小さな子供はのどの痛みが原因でミルを飲む量が減ったり、不機嫌が続くなどの症状があります。

 

■原因ウィルスや感染について

 

ヘルパンギーナの原因や感染経路についてみていきましょう。

 

〇原因ウィルス

コクサッキーウイルスA郡、B郡やエコーウィルスなどが主な原因菌です。

 

〇飛沫感染/接触感染する

咳やくしゃみなどのから飛沫感染するため、感染者や周りの人もマスクをつけるのが望ましいです。

 

また、接触感染もするため幼稚園、保育園などではよだれがついたおもちゃや共有したタオルなどから感染し、集団感染の恐れもあります。潜伏期間は2~4日です。

 

〇何度もかかる可能性がある

ヘルパンギーナの原因となるウィルスは種類が多いため、一度発症し、免疫ができたとしても、別のウィルスが原因となれば再度ヘルパンギーナを発症する可能性があります。

 

■ヘルパンギーナの治療方法

 

ヘルパンギーナ専用の薬はなく、症状に合わせた対処療法がメインとなります。

 

まれに重症化することもあるので、様子がおかしいなと感じた場合は早急に医療機関に相談しましょう。

 

■ヘルパンギーナを予防するためには?

 

ヘルパンギーナには予防注射はなく、予防できる薬もありません。

 

感染者からウィルスをもらわないように、手洗いやうがいをしたり、マスクをしたりしてウィルスを体の中に入れないようにすることが1番の予防になります。

 

■まとめ

 

ヘルパンギーナとは毎年6月頃から流行り始め、7,8月にピークを迎える病気です。

 

感染するやっかいな病気なので、感染者からウィルスをもらわないように予防を心がけてください。また、大人にもうつる可能性がありますので、お子様を看病されるお母さん、お父さんも感染しないようにマスクを着け、タオルやコップなどを共有しないように気を付けてくださいね。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。