病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

ビニール袋はダメ!?過呼吸の正しい対処法

皆さんは、自分や周りの人が過呼吸になったらどんな対処をしますか?ビニール袋を口に当てて呼吸する、というイメージがある方が多いと思います。

 

しかし、実はこの方法は現在では間違った対処法とされているのです。なぜ間違っているとされているのか?正しい対処法は?これらの疑問についてお答えします。

 

■以前は…過呼吸にビニール袋が良いとされていた!

 

以前は、過呼吸が起きるとビニール袋で呼吸する、あるいは呼吸させる方法が良いと言われていました。実際、ビニール袋で対処した経験があるという方もいるかもしれません。

 

これは、ペーパーバッグ法と呼ばれるもので、ビニール袋や大きめの紙袋などを口に当てて呼吸するものです。

 

過呼吸が起きると、過剰に身体の中の二酸化炭素を吐き出しすぎてしまい、血管の収縮が起こります。そこで、二酸化炭素を補うために、一度袋の中に吐いた自分の息をもう一度吸うという方法が生まれたのです。これは、再呼吸法とも呼ばれています。

 

■現在は…過呼吸にビニール袋はダメ!

 

現在は、過呼吸が起きたときビニール袋を使った対処法はダメと言われています。

 

今まで推奨されてきたのに、現在ではなぜ間違った対処法だと言われているのでしょうか。

 

〇酸素が取り込みにくくなる

確かに二酸化炭素を体内に取り込むことができますが、逆に酸素を取り込みにくくなってしまうという大きなデメリットがあります。中には、窒息して死亡してしまったケースもあります。

 

袋に穴を空ける方法もありますが、万全ではありません。

 

〇過呼吸の原因が病気の場合は非常に危険!

過呼吸は過換気症候群ばかりではありません。例えば心筋梗塞や脳出血、糖尿病や腎臓病などの症状で過呼吸になることもあります。

 

この時、口にビニール袋をあててしまうと大変危険です。

 

〇余計にパニックになる場合がある

ビニール袋をあてることによって落ち着く人ももちろんいますが、余計に圧迫感を感じる人もいます。すると、さらなる恐怖や不安、混乱がストレスとなり、症状が悪化してしまう可能性があるのです。

 

上記のような理由で、現在は過呼吸にビニール袋はダメ!と言われているのです。

 

■過呼吸になった時の正しい対処方法は?

 

現在の正しい対処法は、とにかく気持ちを落ち着けること、落ち着かせることです。

 

音楽を聴いてリラックスしたり、隣の人と会話をしたりして、不安や緊張から意識をそらすのが有効です。

 

また、呼吸が浅くならないよう、腹式呼吸を意識するのも良いです。しっかりとおなかから息を吐き切るようにしましょう。

 

■まとめ

 

過呼吸と言えばビニール袋をあてて…という対処法は、昔の対処法で、現在では正しい対処法とされていません。

 

自身が過呼吸の心配があったり、周りの人が過呼吸になったりした場合は、まず気持ちを落ち着けるように、落ち着かせるように心がけましょう。

 

また、一度過呼吸になると、またなるのでは?と不安になり、それがストレスになる人もいます。そのような場合は悩まず、専門医を受診するのがおすすめですよ。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。