病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

その悪寒、ひょっとしたらインフルエンザが原因かも?

インフルエンザを発症するとさまざまな症状が現れます。

 

症状の種類や程度は個人差がありますが、インフルエンザの症状の中には「悪寒」と呼ばれるものが含まれています。そこで、インフルエンザと悪寒について解説します。

 

■悪寒とは?

「悪寒(おかん)」とは、熱の出始めにおいて体がゾクゾクする症状のことをいいます。

 

気温が低いわけでもないのにガクガクした震えを感じることがあり、その後に発熱するパターンが多いです。

 

また、悪寒は関節の痛みを伴うことがあります。その他にも、排尿時に痛みを感じて、その後に悪寒が生じるというケースもあります。

 

■悪寒が起こりやすい病気

悪寒は、主に「高熱を伴う病気」の症状として現れることが多いです。

 

インフルエンザもその一つであり、その点において風邪と異なる特徴を有することになります(風邪の場合は37℃前後の微熱が多く、インフルエンザは38℃以上の高熱になることが多い)。

 

ただし、風邪の場合でも悪寒が生じることがありますので注意してください。

 

インフルエンザや風邪の他には、以下の病気において生じる可能性があります。

・肺炎

・虫垂炎

・腎盂腎炎

・扁桃炎

・胆石胆嚢炎

・急性膵炎

・敗血症

 

このように、内臓に炎症が起こる病気で悪寒が生じやすいことがわかります。

 

■悪寒を感じたら早めに医療機関を受診しよう!

悪寒が必ずしもインフルエンザの症状であるとは限りませんが、悪寒を感じたら何らかの病気を発症している可能性があります。

 

早めに医療機関を受診することをオススメします。

 

インフルエンザの場合、既に全身症状が現れている段階なので、できるだけ早めに治療を開始する必要があります。

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスの増殖がピークを迎える前の段階で抗インフルエンザウイルス薬を服用しなければ、治療薬としての効果が薄いです。

 

インフルエンザは、予防接種を受けていても感染リスクを0%にすることは不可能です。

 

そのため、予防接種を受けている人でも悪寒や以下の症状が見られれば、早めに医療機関を受診することをオススメします。

 

仮に本人に重い症状が見られなかったとしても、近しい人に感染するリスクがあることを忘れてはいけません。

・高熱(38℃以上が多い)

・咳

・鼻水

・喉の痛み

・全身の倦怠感

・食欲の低下

・関節痛

・筋肉痛

・頭痛

 

なお、インフルエンザウイルスの潜伏期間は1~2日と病気全体から見ても極めて短いです。

 

インフルエンザが流行しやすい12月~3月において、感染したことに心当たりがあるようなアクションを起こした後などは、できる限り自身の体調に注目しておきましょう。