健康ブログ

《医師直筆》インフルエンザ検査と病院のタイミングはいつ?

からだプラン編集部

こんにちは。からだプラン代表医師の橋本です。普段は総合診療医として働いています。

最近は時期的にインフルエンザに関してのニュースが増えていますが、間違った知識も多いと感じたので、このコラムを書きました。題して「インフルエンザはタイミングが重要!?」というものです。是非楽しく読んでみてください(^◇^)

 

 

☆インフルの怖さ

インフルの怖さ、と題しましたが、殆どの健康な人であれば治療しなくても治ります

ですが、高齢者乳幼児、そうでなくても呼吸器や循環器の基礎疾患を持ってる人がかかると、恐ろしい事になります(かっこいい言葉でリスクと言います)。

と言うのも、肺炎を合併して死亡することがあるからです。冬の高齢者の肺炎による死亡の原因の一部を占めています。

しかも、ご存知の通りインフルエンザは感染力が高いです。そのため、高齢者や幼児が多数いる場所、つまりは老人ホームや保育園、幼稚園で集団発生する、といったことが起こりうるので、要注意なんです。ちなみに近くの病院もパニックです(‘ω’)ノ

 

 

☆診断はタイミングが重要!

インフルエンザの検査には、鼻の奥をグリグリする迅速診断キットが主に使われます。テレビやCMでは、感染したと思ったらすぐに病院!なんて言っていますが、感染してすぐの頃に検査すると、診断キットでも「本当は感染しているのに陰性」と出たりします。発症してから時間が経過してから検査をすれば、こういったことは起こりにくいです。12時間から24時間という文献もありますが、私の経験上は、発症してから24時間が目安だと思っています。

 

 

☆治療もタイミングが重要!

インフルエンザはウイルスの感染によって起こります。そのため、抗生剤は効果がありません。抗インフル薬(オセルタミビルなど)を投与して治療します。薬は、病院で医師に処方してもらってくださいね。

実は、この薬ですが、発症してから48時間以内に飲まないと意味がありません。上の見出しとまとめると、「24時間後に検査し、48時間以内に治療を開始する」のが必要、という事になります。タイミングが大事なんですね。

 

 

☆予防する方法!

インフルエンザにかからないようにするには、大きく分けて二つの方法があります。

ワクチンの接種

ある意味一番おなじみかもしれませんね。私も毎年受けています。他にも、抗インフル薬を飲んでおくことも、限定的ですが効果があると言われています。

ウイルスが体の中で増えないようにする

そして、免疫力をアップすることも大切です。免疫力が上がると、入ってしまったウイルスが増える前にやっつける事が出てきます。

そのためには、普段から食事や運動、睡眠に気を付けて、規則正しい生活を送ることが一番です。からだプランでは、生活習慣を整えるノウハウが全て詰まっています。是非楽しく活用してくださいね(^^♪

 

 

☆最後に

お楽しみ頂けましたか。からだプランは、沢山の人に「医学を楽しんでもらう」ためのホームページです。「からだプラン」というのは、人それぞれに合った、理想の「からだ」を「プラン」するという意味です。なんて可愛いネーミングなんでしょう(*´▽`*)笑 ですので、いつもこんな感じでコラムを書いています。

 

「医学って面白いじゃん!」
「美容や健康で、手軽に役立つ情報はないかな?」
「お医者さんや医療従事者の観点で医学を楽しみたいな♪」
「困っている人に教えてあげる知識を身に着けたいな!」

 

こんな方に喜んでもらえるように、からだプランはこれからもコラムを書いていきます。興味があれば、他のコラムも読んでみてくださいませ(^◇^)

→ 健康コラム一覧はこちら

 

また、コラムを読むだけじゃなくて、「実際に身体を動かして理想の身体を目指したい!」という方に向けて、プラン(体験)も予約できるようになっています。初心者でも楽しめる体験や、お子さんと一緒に参加できる体験など、様々なプラン(体験)を集めています。興味があれば、そちらも覗いてみてくださいませ(*´▽`*)

→ プラン(体験)一覧はこちら

 

以上、医学を楽しむホームページ「からだプラン」でした!最後まで読んで頂き、有難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いします(^_^)

 

からだプランでは、プラン(体験)の掲載希望の事業者様を募集しております。「掲載希望の方へ」から、お気軽にお問い合わせください。個人事業の方でも構いません。どしどし、お待ちしております。

 

講演、執筆、取材、事業に関してのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

 

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません