病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》自律神経が心配になったら、読んでほしいコラム

こんにちは。からだプランの橋本です。普段は内科医として働いています。

 

先日私の外来に受診された、「違う病院での話も聞いてみたい」という患者さんとの会話をご紹介したいと思います。

 

 

患者さん
「先生、初めまして。色々な病院で異常がないと言われて、ここに来ました。」

 

橋本
「なるほど、ちょっと詳しく教えてもらえますか?」

 

患者さん
「疲れてくると、胸が強くドキドキしたり、胃が痛くなったり、息苦しくなったりしてしまいます」

 

橋本
「なるほど。今まで、心電図やCT、人間ドックまでやって、何も異常が無かったみたいですね。」

 

患者さん
「そうなんです。そんなわけないと思うんですが、これって気のせいなんですか?とっても辛いですよ」

 

橋本
「難しい言葉ですが、器質的疾患を認めず、自律神経に関する症状がある時、自律神経失調症と言ったりします。」

 

患者さん
「なるほど、それ前の先生にも言われました。私どうしたらいいんでしょう。」

 

橋本
「もし自律神経失調症の場合、性格や価値観なども大きく関係してきますので、長い治療になる事もあります。きちんとお話をしましょう。」

 

患者さん
「よろしくお願いします。」

 

 

いつもは冗談ばかりの外来なのですが、自律神経失調症の診断をされている患者さんは、かなり本気で悩まれている方も多いので、私も信頼関係が出来るまでは真面目にやっています(・ω・)ノ

 

今日は自律神経失調症について書いてみたいと思います。



☆自律神経って何?

人間は神経によって、身体の動きを調整されています。

 

例えば、手足は意識的に動かして、物を手に取ったり、歩いたりすることが出来ますね。

 

これは神経のおかげです。

 

他にも、内臓を動かしたりする神経があります。

 

例えば心臓を動かしたり、腸を動かしたりする神経です。

 

これは意識的に動かすことが出来ないため、自立して動いている神経という意味で「自律神経」と呼ばれています。

 

自律神経には二種類あり、「動かすぞ~~」と頑張る神経と、「動くな~~」と頑張る神経があります。

 

これを、交感神経副交感神経と呼びます。

 

例えば、人は心臓を動かす時に、早く動かしたい時は交感神経が、ゆっくり動かしたい時には副交感神経が頑張る事で、丁度いいペースを保っています。

 

主な役割は以下の通りです。

 

精神の調整

感情からカラダを動かすための制御もしています。

 

悲しいときに泣いたり、驚いた時に鼓動を速くしたりします。

 

体温の調整

同様に、も自律神経によって高くなったり低くなったりします。

 

消化器系の調整

例えば、胃酸の分泌や、腸の運動といった、食べ物の消化にかかわることに関与しています。

 

内分泌の調整

例えば、睡眠に大きくかかわるホルモンである「メラトニン」の合成や分泌にもかかわっています。

 

免疫の調整

免疫の調整も同様に行なっています。

 

他にも様々な機能を調節していますが、一つ一つを細かく解説するだけで本が書けてしまうので、ここまでにしておきますね。

 

それでは次が本題です。

 

実際にその自律神経のバランスが崩れる、「自律神経失調症」のお話です。



☆自律神経失調症とは

そんな自律神経のバランスが崩れた場合はどうなるでしょうか。

 

つまり、交感神経が働き過ぎてしまったり、副交感神経が働き過ぎてしまったりするという事です。

 

例えば、心臓の場合はどうなるでしょうか。

 

交感神経が頑張り過ぎてしまった場合には、「ドキドキしてしまう」という動悸の症状になります。

 

他には、肺や呼吸の場合はどうなるでしょうか。

 

交感神経が頑張り過ぎてしまった場合には、ハアハアしたり、息苦しくなってしまう症状として現れてきます。

 

 

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の様々な症状を見ていきましょう。

 

全身に症状が出るので、場所ごとに紹介していきますね。

 

全体として

体全体として、何となくだるい、疲れが取れない、眠い、食欲が出ない、といった症状が出てきます。

 

体全体に作用する自律神経ですので、「どこどこがおかしい」というものでない、「体全体」「なんとなく」という感じの症状が起きるのです。

 

また、冒頭の会話にも出てきましたが、「一通りの検査をしても、悪いところが見つからない」というのも、特徴の一つです。

 

ですから、あくまで、自律神経失調症の診断は、「これ!」と決めるというよりは、「他の病気が考えにくいから、消去法でこれか」といった決め方をします。

 

それを、難しく言うと、「器質的疾患を認めず(特に悪いところが見つからず)、自律神経に関する症状がある」と表現しています。

 

漢字が多くて途端にわかりにくくなりました。(´・ω・`)

 

それでは、どこの部分にどんな症状が現れることがあるか、見ていきましょう。

 

自律神経失調症、と診断された人でも、多く見られるのが頭痛です。

 

実は、肩から首にかけての筋肉は、自律神経(の中の副交感神経系)が支配しているものがあります。

 

その筋肉の緊張が続くことで、「筋緊張型頭痛」というタイプの頭痛を起こします。

 

このタイプの頭痛は、「頭が締め付けられるような」、もしくは「頭が重たい感じ」と表現する患者さんが多いです。

 

呼吸は、ある程度自分でも調節できますが、無意識でも息が出来ないと死んでしまいますね。

 

つまり、自律神経が、呼吸に関わっています。

 

ですから、自律神経が乱れると、息切れや呼吸が苦しくなるなどという症状が出ることがあります。

 

心臓

先ほども書いたとおり、心臓の動きを自律神経が調節しています。

 

そのバランスがくずれると、ドキドキ(動悸)する、立ちくらみ不整脈などの症状が出るのは、わかりやすいと思います。

 

消化器

自律神経のバランスが崩れると、腸の動きが悪くなります。

 

ですから、吐き気を催したり、腸の動きが適切でなくなるために起こる、下痢、便秘が起きやすくなります。



膀胱

排尿もまた、自律神経がかかわっています。

 

そのため、頻尿、残尿感などが出ることがあります。

 

生殖器

生殖器系も、自律神経の調節を受けています。

 

さらに言えば、性ホルモンを出す臓器(様々あるので割愛します)も、自律神経の調節を受けています。

 

ですから、バランスが乱れると、ホルモンが不安定となり、月経不順、月経痛が起こります。

 

精神面

疲れているときほど、なんとなくイライラしやすくなる、というのは、想像に難くありませんね。

 

これと同じように、自律神経が乱れると、不安感、イライラ、緊張といった、精神面での症状も出てきます。

 

その他

ほかの理由でも起こりますが、冷え症、震え、耳鳴り肩こり、腰痛、目の疲れ、渇き感といったことも、実は自律神経の乱れの影響で起こっていることがあります。




☆自律神経失調症の治療

自律神経のバランスが崩れる理由は、その人の性格や価値観、生活環境など、様々な要因が重なりあって出来ています。

 

しかし、価値観や性格を変える事は、しばしば困難です。

 

そのため、からだプランでお勧めしている方法は、生活習慣の改善です!

 

習慣を変えてみることで、周りの環境も変わってくると思います。環境が変われば、自然と価値観も変わっていくでしょう。

 

自律神経のバランスにかかわる様々な要因の元になるのが、生活習慣だと思っています。

 

それでは、具体的な「生活習慣の改善」の方法を書いていきます。

 

食事を考える

脂っぽい食べ物を控えたり、野菜から食べるようにしたり、噛む回数を増やすようにする、などの対策が非常に重要です。

 

食事については他のコラムでもたくさん書いているので、楽しく読んでくださいね。

 

自分に合った方法を見つけるようにしましょう。

 

運動をする

運動をして、身体の余分な脂の量を減らします。

 

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせるといいでしょう。

 

きちんと睡眠をとる

きちんと睡眠をとるようにすると、昼間の気分が変わったり、おかげで運動量が増えたりします。

 

そうなると、昼間の動きで疲れて、夜に良く眠れるようになるという、素敵な生活習慣が出来るようになります。

 

他の方法

自律神経失調症は、性格や価値観が大きく関係していると言いました。

 

他のコラムで自律神経失調症を改善するための、メンタル面でのアプローチについて書いておりますので、興味がありましたら読んでみてくださいね(*´▽`*)