病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

ラクトンとは10代、20代の若い女性特有の甘い香り成分?

ラクトンとは環内にエステル基-COO-を持つ、複素環式化合物の総称で、その環の大きさにより様々に分類、多方面に応用されています。また、ロート製薬の発表によると、ラクトンは女性の体臭にも関わっているのだそうです。

 

「体臭」と聞くと、なんだか敏感に反応してしまいますが、一体、ラクトンとはどんなものなのでしょうか。

 

■ラクトンって一体どんなもの?

 

環12以上の大きなラクトンは、マクロライドと総称されており強い抗菌作用があると言われています。

 

特に、腸内細菌科の細菌が生産するヘキサノイルホモセリンラクトンは、大腸菌O157の付着性を低下させる作用があることから、O157を予防することができるという点で注目を集めています。

 

また、ラクトンは、利尿作用や高血圧の治療薬、抗生物質や抗がん剤、ホルモンバランスを調整する効果を利用したニキビ改善の薬など、様々な薬にも用いられています。

 

ラクトンは、花や果物などに含まれ、例えば「ごぼう」には、抗がん作用のあるモッコラクトン、「ごま」や「小麦」、「えんどう豆」などには、更年期障害や生理不順などの緩和に効果が期待できる、女性ホルモンに似た働きをするレソルシル酸ラクトン類が含まれています。

 

さらには、アンズや桃、イチゴやマンゴーなどの果物、ヨーグルト、バターやチーズなどの乳製品、ジャスミンやじゃ香などにも含まれています。

 

そして、これらのものからラクトンを抽出し、食品や香水などの香料としても用いられているのです。

 

〇ラクトンは女性の体臭にも関わっている!

芳香をもつラクトンは、女性の体臭にも関わっていることが分かっています。

 

ロート製薬株式会社は、女性の若い頃の甘い匂いSWEET臭は、ラクトンC10・11が関わっていると発表しました。

 

ロート製薬の「女性の加齢による体臭の変化」の検証によると、10代・20代と比べて30代以降でSWEET臭が減少しており、年齢と共にさらに減少…35歳あたりにSWEET臭の曲がり角があるとのことです。

 

また、「このラクトンを身にまとうことで、女性の見た目の印象をアップさせる」という結果も出ており、ラクトンが含まれる香水やボディミルクなども多く市販されています。

 

ラクトンは年齢を重ねるとともに減少してしまうものですが、若い頃から脂っこい食事を控える、運動する、十分な睡眠をとるなど体の酸化を防ぐことで、その減少のスピードを緩やかにすることができるようです。

 

つまり、生活習慣を改善して、若さを保つことが加齢臭を予防することも繋がっていくということです。

 

■まとめ

 

ラクトンには、様々な作用があり、大腸菌O157を予防する効果が期待出来たり、抗がん剤や香料に用いられるなどしています。

 

また、若い女性特有の甘い香りもこのラクトンが関わっているそうです。

 

ですから、気になる加齢臭のニオイを発しない、甘い香りが漂う若々しさを保ちたい!という人は、ラクトンの酸化を防ぐこと、つまり、食生活や生活習慣を見直すと良いそうですよ。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。