病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》「良い香り」のもとのラクトンが加齢で減少する?

ラクトンは、女性の「良い香り」のもとで、10代~20代の若い女性が多く持つ成分として知られています。良い香りには女性の魅力をアップさせる効果もあり、最近注目されているんですよ。

 

しかしそんなラクトンも、加齢とともに減少してしまうのです。それまで出ていた良いニオイがなくなってしまうなんて、女性にはショックですよね。

 

なぜラクトンは加齢とともに減少してしまうのでしょうか?

 

■ラクトンの減少と加齢

 

ラクトンは若い女性に特有の体臭成分で、フルーツのような甘い独特の香りは、脂肪酸に由来すると考えられています。

 

しかし、ラクトンは30代に差し掛かると急速に減少。そして今度は加齢臭のもととなる物質が増加してきます。

 

なぜラクトンが30代で減少していくのかというと、身体の老化が進んだことが原因です。30代なんて現代ではまだまだ若い方ですが、身体の老化は少しずつ始まっているのですね。

 

■加齢による酸化でラクトンが減少

 

加齢でラクトンが減少するのは、身体の酸化が関係しています。

 

私達の身体は些細なことでも酸性に傾いてしまうのですが、その原因には、ストレスや脂っこい食事、睡眠不足、運動不足といった生活習慣が大きく関わっています。

 

つまり、身体が酸化しやすい生活を長く続けていれば、若くてもラクトンは減ってしまうのです。

 

反対に、若い頃から食事内容、運動、睡眠などの生活習慣に気を付けていれば、ラクトンの急激な減少を抑えられます。

 

■加齢によるラクトンの減少を予防するには?

 

加齢により、ラクトンは若い頃と比べると確実に減ってしまうので、ラクトンの減少自体を止めることは難しいです。

 

しかし、ラクトンの減り方を緩やかにしたり、体臭を予防したりすることは可能です。

 

そのためには、まず生活習慣を見直すことが第一。

 

ラクトンは身体の酸化によって減少するため、酸化を防ぐ生活を送るよう心掛けましょう。

 

具体的には、脂っこい食事を控えること、適度に運動すること、しっかり睡眠時間を取ることが大切です。また、ヨーグルトやあんず、桃といったラクトンを多く含む食品を食べることもポイントです。

 

他には、ラクトンを含む香水を使うのも良いでしょう。自分で放出できなくなっても、今ではラクトンを含む香水やボディミルクがあります。

 

これらを上手に使うことでも、若々しさを演出できます。

 

■まとめ

 

ラクトンの加齢に伴う減少は自然なことなので仕方がないのですが、女性にとって、良い香りは自分の魅力の1つでもあります。

 

年齢とともになくなっていくなんてちょっと悲しいですよね。ですが、生活習慣の改善でラクトンは減少を緩やかにしたり、補ったりすることが出来ます。

 

ラクトンを意識することは、体臭はもちろん、見た目の印象や健康状態も良くすることに繋がります。体臭が気になり始めたら、まずは自分の生活習慣を見直してみましょう。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。