病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》五月病の原因は、環境の変化によるストレス!

五月病は、やる気が起こらなくなったり食欲不振やめまいといった症状が出たりと、心身の不調をきたす病気の一種です。

 

でもなぜ5月になるとこのような症状が出るのでしょうか。

 

原因が分かれば対策法も見出せそうですよね。

 

そこで、五月病(6月病)の原因について紹介します。

 

■主な原因は環境の変化によるストレス

入学や就職、転勤など、4月は新しい環境に身を置く人が増える時期です。

 

普段ストレスを感じない人も、環境の変化に対応するために、知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまいます。

 

そして、この環境の変化によるストレスが原因で、うつ病の症状に似た五月病を発症してしまというわけです。

 

5月に発症する人が多いため五月病と呼ばれていますが、社会人の場合、業務が落ち着いた6月頃に不調を訴える人が多くなることから、最近は6月病と呼ばれることもあります。

 

■環境の変化以外の原因

五月病になるのは、新入生や新入社員といった新たな環境に身を置く人が多いとされていますが、こういった環境の変化がある人以外にも五月病にはなります。

 

例えば、今までと同じ職場であっても、責任のあるポジションに昇進した人や新しいプロジェクトを任された人などです。

 

また、学生や社会人だけでなく、子供の受験や卒業、入学などでプライベートが慌ただしかった親、冬から春頃にかけて家族や自身の病気やケガで日常のリズムが乱れていた人など、プライベートが原因で五月病になる人もいます。

 

■五月病の原因の病気は適応障害

私たちがよく耳にする五月病は、正式な病名ではありません。

 

医学的には以下の病気が該当します。

 

・適応障害

・うつ病

・パーソナリティ―障害

・発達障害(アスペルガー症候群など)

・パニック障害

・不眠症

 

これらの病気の中でも特に五月病の原因として多いのが「適応障害」です。

 

気分が優れない、体調不良、うつ症状といった症状がみられる場合は、適応障害が原因の五月病だと言えます。

 

■まとめ

五月病の主な原因は環境の変化です。特に春は、進学や就職などで環境が変化しやすい時期のため、新しい環境に慣れようとすることで、ストレスが溜まりやすくなっています。

 

また、環境の変化だけでなく、プライベートで負担があったことから解放された人など、大きな変化を経験した人も五月病(6月病)になる可能性があります。

 

疲労やストレスをため込まないようにすること、生活のリズムを整えることで五月病(6月病)の発症を防ぐことができるでしょう。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。