病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》顔が痛い!三叉神経痛の原因やストレスとの関係


こんにちは。からだプラン代表医師の橋本です!普段は内科医として働いています。

 

この度は、からだプランにお越し頂き、ありがとうございます!

 

皆さんもご存知の通り、病院にはたくさんの患者さんが来院します。

 

その中には、ゆっくり時間をかけてお話しすることが出来たら、きっと良くなるだろうな、と思う患者さんも沢山います。

 

そこで、からだプランの出番です!

 

からだプランでは、たくさんの方に医学に触れてもらえるよう、健康ブログを書いています。

 

今回は、三叉神経の原因や、ストレスとの関係、治し方などについて、書いてみたいと思います。

 

分かりやすく書いていますので、是非気楽に読んでみてくださいね。(*´▽`*)

 

まずはいつも通り、外来でよくある会話を(冗談交じりで)ご紹介したいと思います。




患者さん
「先生、時々ずっきーんって顔の片側に痛みが走ることがあるんだけど、これって何かな?」

 

橋本
「はい出た、俺の苦手な神経内科の範囲だ。紹介状を書きます。」

 

患者さん
「このヤブ医者~~!ちゃんと見てよ!」

 

橋本
「はい、すみません。(/ω\)まあこのままじゃ紹介状も書けないからね。それで、どうやって痛いのさ?」

 

患者さん
「痛い時は、例えば顔洗ったりとか、何かした時に、いきなり電気が走るみたいに痛くなるの。しかも片側だけ。」

 

橋本
「んー、ぶつぶつとか出た?」

 

患者さん
「いや、何もできてないのよ。」

 

橋本
「したら、それ三叉神経痛かもしれないね。」

 

患者さん
「やっぱりそうかなあ。インターネットで片側だけ顔が痛いって調べると、三叉神経痛って出てきたから、そうかもしれないなって思ってた。」

 

橋本
「ヨッシャ、サンシャ(三叉)のショウカイジョウだ!」

 

患者さん
「今回のダジャレは、本当に何も思いつかなかったんだね。(-ω-)」

 

 

ということで、今回は「三叉神経痛」についてブログを書いていきたいと思います。




☆感覚を感じる仕組みは?

三叉神経痛は顔が痛くなりますね。

 

では、痛い!と感覚を感じる仕組みから、お話したいと思います。下の図をご覧ください。

私が直筆の絵です。結構うまく描けたので、褒めてください。笑

 

感覚を感じるためには、まず皮膚が刺激を受け、そこから神経がビリビリっと電気を伝えて、脳に「痛いものがぶつかったぞ、痛いぞ」と伝える必要があります。

 

イメージとしては「脳にムチを打つ」ようなイメージです。手足も含め、身体中の感覚がこの仕組みで動いています。

 

さて、なんでこんな話をしたのかと言いますと、顔も同じ仕組みで感覚を感じているからです。

 

イラストにすると次のような感じになります。

上の図のように、顔にある神経(三叉神経)がビリビリっと電気を脳に伝え、顔の痛みを感じるのです。

 

ちなみに、三叉神経は、脳から出ている神経の一つで、名前の通りに三本に枝分かれしています。

 

これらの神経三本とも、顔の感覚(痛みなど)を脳に伝える役目をしています。

 

ちなみに医学生は、耳の前に指三本を立てた拳をおいて「三叉神経の走行はこうだっ」と、解剖学で暗記します。

 

 

☆三叉神経痛の症状は?

次に、三叉神経痛の症状についてお話したいと思います。

 

三叉神経痛では、顔に「ずっきーん」という電気が走るような鋭い痛みが走ります。

 

顔を洗った時や水を飲んだ時、髭剃りをしている時など、その顔の痛みは突然やってきます。

 

痛みは数秒で、一分以上続いたりすることはありません。色々な動きがきっかけとなります。

 

痛みが起こる場所を「顔」と表現しましたが、詳しくは「三叉神経がある場所」と考えて頂ければと言います。

 

医学的には、「三叉神経の支配領域」なんてかっこいい表現をします。

 

三叉神経は顔の右と左にそれぞれあるので、一般的には、顔の右半分や顔の左半分の片側だけ痛くなります。

 

では、次の項目で、三叉神経痛の原因についてお話したいと思います。

 

先ほどの三叉神経の解剖学や、痛みに関しての生理学の知識が関係してきます。




☆三叉神経痛の原因は何?

さて、そんな顔の痛みが急に起こる三叉神経痛ですが、その原因は何でしょう。次のイラストをご覧ください。

 

三叉神経痛がある人は、三叉神経のすぐ近くに血管がある場合があります。血管は広がったり縮まったりするものなので、それが神経に強く触れてしまうと、刺激になってしまいます。

 

それがビリビリっとした電気が発っしたような顔の痛みの原因です!

 

そもそも三叉神経というのは、皮膚から感じた刺激を、脳に「痛みを感じたよ!」と伝える神経です。

 

しかし、血管によって刺激されてしまった場合にも、誤って「痛みを感じたみたいだよ!」と脳に伝えてしまうのです。これが三叉神経痛の原因です。

 

簡単に言うと「脳の伝達ミスから起きる顔の痛みだったという事です。

 

血管がダメになってしまう病気としては、動脈硬化が有名です。糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)などが原因で、血管が硬くなってしまう事です。

 

これは三叉神経痛の一つの大きな原因になります。

 

同じ理屈で、血管の奇形がある場合にも、血管が三叉神経を刺激してしまって、三叉神経痛の症状になる場合があります。

 

また、三叉神経を刺激するものは、血管だけではありません。

 

怖い事に、頭の中に腫瘍が出来た場合にも、三叉神経が圧迫されてしまって、三叉神経痛につながってしまう場合があります。

 

このように、三叉神経痛はとても様々な原因が考えられますので、治りにくい三叉神経痛に悩んでいる方は、神経内科や脳神経外科の受診をお勧めします(と言って逃げる内科医)。

 

 

☆三叉神経痛の原因はストレス!

さて、今回のブログの目玉の話になります。三叉神経痛の原因にストレスは関係あるのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、三叉神経痛とストレスは大いに関係があります。( ;∀;)

 

前提として医学的には、ストレスとは、「人間が生きていく上で邪魔なもの」という意味です。

 

難しい言葉で説明すると「恒常性の維持を阻害するもの」と定義されています。

 

そして、人間にストレスがかかると、神経細胞はビリビリ興奮します。これがいわゆるストレス応答というものになります。

 

そのストレス応答で、下痢や便秘になってしまう人もいれば(過敏性腸症候群)、うつ(鬱病)になってしまう人もいます。

 

つまり、日常生活や仕事など、精神的なストレスによる神経の過敏は、十分に三叉神経痛の原因になると言えます。

 




☆三叉神経痛の治し方は?

では、三叉神経痛の治療はどのようにしたらよいのでしょうか?

 

もし、血管の奇形や腫瘍による圧迫が原因で三叉神経痛を引き起こしているのであれば、手術が必要になります。

 

そうでないのであれば、病院にもよりますが、いきなり手術で血管を遠ざけよう、という事にはならず、まずは抗けいれん薬などので治療を開始することが多いです。

 

抗けいれん薬というのは、三叉神経が刺激を受けてしまって痛みを感じているので、三叉神経が刺激を感じづらくする、つまり鈍くするというものです。

 

しかし、三叉神経だけでなく、神経という神経全部の動きを鈍くしてしまうので、眠くなってしまったり、ふらついてしまったりという副作用が出ることが多くあります。

 

やはり、根本的な治療は、血管を三叉神経から遠ざける手術になります。

 




☆三叉神経痛の予防方法

では三叉神経痛の予防についてです。ここまで読んでくれた方には納得がいくかもしれませんが、残念ながら「これをすれば絶対に防げるぞ」というものは有りません。

 

それでも原因として、高血圧や糖尿病、脂質異常症やそれらに伴う動脈硬化がありますので、生活習慣の改善で防げる部分もあります。

 

それらは予防しないと、心筋梗塞や脳梗塞などの生活習慣病のリスクも上げてしまいますので、どちらにしても気を付けなければなりません。ポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

 

 

①食事

生活習慣の一つ目は食事です。食事は「医食同源」とも言うように、病気になるかならないかを決める事にもなります。

 

食事に関しては他のコラムでもまとめていますが、大切なのはバランスです。

 

是非楽しく身体に良い食事を意識してみてくださいませ(*´▽`*)

 

 

②運動でストレスを解消

運動が身体に良いのはイメージが湧きやすいと思います。

 

身体を動かすことで、身体にとりこみすぎてしまったエネルギーを使う事が出来、肥満の改善やストレスの軽減につながります。

 

運動が苦手な人も多いと思いますが、一度始めたら意外と面白いかもしれません。(^^♪

 

しかし、運動するのが良いというのは、誰もが知っていますが、行動にうつせる人はごくわずかだと思います。(苦笑)

 

そこで、私が患者さんに説明しているのは、何かを目標にするといいよ、というお話です。

 

例えば体重が重い人は、普段から体重を気にするようになる体重計や体組成計を購入して、風呂場に置いておくといいと思います。

 

おススメは、安いものを買わない事です。使わなくなります。(笑)

 

意識は大事ですよね。(*´ω`*)

 

また、体重が原因で血圧が高めの方も、同じような原理で、血圧計を購入するといいと思います。

 

運動をして血圧が下がってきたら、運動が楽しくなるかもしれません。

 

そして、運動は動脈硬化の予防になります。運動は根本から健康になれるんです!頑張りましょう!

 

 

③ストレスの除去

メンタル的なストレスが原因で、神経が過敏になってしまうというお話をしました(上の図で、神経がビリビリしやすくなってしまう)。

 

メンタルや疲れのストレスが原因で三叉神経痛につながってしまっている場合には、日常生活を見直して、ストレスを軽減する方法が有効になります。

 

ちなみに私の印象ですが、厳格な家庭で育った人ほど、自分に厳しいために、三叉神経痛になってしまっている例を見かけます。((+_+))

 

意識的に体を動かしたり、運動をしたりすることは、日常のストレスを解消する大切な予防になります。

 




 

④睡眠でもストレス解消

さて、睡眠についてです。

 

エビデンスはありませんが、私の外来に来る三叉神経痛の患者さんは、なぜか睡眠不足の人が多いと感じています。

 

きっとストレスに関係があると思いますが、出来るだけ簡単な対策があればしたいですよね。

 

まず、いつもおススメしている方法は、「寝る前に細かく切ったネギを味噌汁に入れて飲む」という方法です。

 

ネギには催眠作用があるらしく、確かに切ると涙が出るぐらいなので、催眠作用もありそうな気がします(詳しくは栄養士さんに聞いてみてください)。

 

おススメした患者さんは、みんなぐっすり眠れるようになった、というのでお勧めです。

 

他には、睡眠グッズもお勧めです。

 

私はマクラを変えてから、大分疲れが取れるようになったので、おススメです。

 

 

☆まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

からだプランでは、このように、病気の症状や原因、治療法や治し方について分かりやすく解説しています。

 

読んで頂きありがとうございました。(^^♪