病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》ニキビができる仕組みや原因!対策や治し方の話


こんにちは。

 

からだプラン代表の橋本です。

 

普段は内科医として働いています。

 

からだプランにお越しいただき、ありがとうございます

 

病院には毎日たくさんの患者さんが来院します。

 

その中には、もっとゆっくり時間をかけてお話しすることが出来たら、きっと力になれるだろうな、と思う患者さんもたくさんいます。

 

そこで、からだプランの出番です!

 

からだプランでは「医学をもっと楽しもう!」をモットーに、医学をたくさんの方に楽しんでもらえるよう、健康コラムを書いています。

 

そこで今回は、ニキビ(尋常性ざ瘡)についての正しい知識と、その原因、そして治療について説明したいと思います。

 

かくいう私もニキビには結構長い間悩まされていたんですが、今はほとんど出来なくなりました。

 

分かりやすく書いていますので、是非楽しく読んでみてくださいね(*´▽`*)

 

まずはいつも通り、外来でよくある会話を(冗談交じりで)ご紹介したいと思います。





患者さん
「先生、ニキビがうざいです」

 

橋本
「ふむ、実に要点が絞られている。素晴らしい!」

 

患者さん
「素晴らしい! じゃなくて、何とかしてくださいよ」

 

橋本
「ニキビを化粧で隠し続けてると、余計悪くなっちゃうよ」

 

患者さん
「え、そうなんですか!?」

 

橋本
「そうそう。あんまりニキビを、ニキビらない(ミクビらない)方がいいよ(*´▽`*)」

 

患者さん
「括弧なしだと伝わらないわ(-ω-)/」




☆そもそも皮膚ってどうなってるの?

ニキビの話をする前に、まずは皮膚の構造を見てみたいと思います。

 

下の図をご覧ください。

 

 

皮膚には元々、サラサラした液体を分泌する「汗腺」という部分があります。

 

汗は蒸発する時に熱を奪っていくので、汗腺は「体温の調節機能」と呼ばれています。

 

また、皮膚には「脂腺」と呼ばれる部分があるのも分かります。

 

この脂腺は、皮膚の上にアブラを分泌して、滑らかさを与えてくれます。

 

天然のオイルと言ったところでしょうか。

 

この汗腺と脂腺には、上の図のように毛が生えていたりするので、一般的には「毛穴」と表現されます。

 

そして今回のニキビ(尋常性ざ瘡)で問題になってくるのは、この脂腺の部分なのです。




☆ニキビの原因は何?

さて、ニキビとは何なのでしょうか?

 

それは、脂腺から分泌された皮脂というアブラが、その部分で詰まったものです。

 

下の図をご覧ください。

 

 

どうして詰まってしまうのかと言うと、いくつかの理由があります。

 

脂腺の増殖

まず一つ目は、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが変わった時に、脂腺がどんどん増殖して、皮脂(アブラ)をどんどん作って出してしまう事が挙げられます。

 

出てくる皮脂(アブラ)の量が多ければ多いほど、当然詰まりやすくなってしまうというわけです。

 

脂腺の入り口の皮膚の増殖

二つ目の原因は、同じように男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが変わった時に、脂腺の入り口の皮膚が増殖して、詰まりやすい構造になってしまう事も挙げられます。

 

1と2を考えると、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが変わる思春期に、ニキビが出来てしまいやすい理由は、簡単に想像がつくと思います。

 

アクネ菌(ざ瘡桿菌)

さらに、誰の皮膚の上にもいるアクネ菌(ざ瘡桿菌)が、脂腺の入り口の皮膚を刺激することで、刺激を受けた皮膚が増殖して、詰まりやすい構造になってしまう事も原因の一つです。

 

ホルモンバランス

遺伝、年齢、睡眠不足などのストレス、生理などが、ホルモンバランスを変化させると、ニキビができやすくなってしまいます。

 

食事の内容

普段からアブラものをよく食べる人は、やはり脂腺から皮脂が多く分泌されやすいので、ニキビの原因となります。

 

食生活は重要です。

 

そして、1~5で脂腺が詰まった後、ただ詰まるだけではなく炎症を起こしてしまうと、赤くなったり、膿が出来てしまったり、硬くなってしまったりしてしまうのです。




☆ニキビの治療と予防

ニキビを治すためには、先程お話した原因を取り除くことが重要です。

 

石鹸による洗顔(やり過ぎない)

やはり詰まった皮脂を取り除く事が有効です。

 

1日2回、朝と夜に石鹸を使って洗顔をしましょう。

 

その時、決して洗いすぎない事が重要です。

 

洗いすぎによって乾燥すると、それが刺激となり、脂腺の入り口の皮膚が増殖して詰まりやすくなってしまったり、刺激が炎症を引き起こしてしまったりします。

 

適度に洗うよう心がけましょう。

 

抗菌薬

また、増えた菌を抗菌薬で殺す事もあります。

 

基本は外用・塗布薬で治療し、数が多かったり、ひどかったりする場合には、内服薬を使用したりします。

 

食事習慣の見直し

食事の内容はとても重要です。

 

脂質を多く含む食事は、脂腺からの皮脂(アブラ)の分泌を増やしてしまい、ニキビ(尋常性ざ瘡)の原因となってしまいます。

 

睡眠習慣の見直し

寝不足や夜更かしなど、睡眠の習慣がバラバラの場合は、ホルモンバランスが崩れやすく、ニキビ(尋常性ざ瘡)の原因になってしまいます。

 

食事と一緒に、生活習慣の見直しを考えてみましょう。