健康ブログ

《医師直筆》冷え性で体温が低い?平熱を上げる方法を伝授!

からだプラン編集部

こんにちは。からだプラン代表医師の橋本です。

 

普段は総合診療医として働いています。

 

先日あった外来での会話をご紹介したいと思います。

 

 

橋本
「こんにちは。今日はいつものお薬だね。」

 

患者さん
「いや、それもなんだけど、今日はちょっと微熱もあってさ。36.6度なんだわ。」

 

橋本
「へ、それ微熱なの?」

 

患者さん
「うん。私、普段平熱35度だもん。マジ調子悪い。」

 

橋本
「それね、医者からすると突っ込みどころ満載なのよ。」

 

患者さん
「はいきたー。いいからいいから。いつもの薬と解熱剤ちょうだい。」

 

橋本
「それも突っ込みどころ満載。てか医者だと思ってねえな。」

 

患者さん
「シャッチョサンでしょ?」

 

橋本
「きええええええ(゚д゚)」

 

 

という事で、今日は平熱について書いてみたいと思います。



☆そもそも体温って何?

そもそも体温とは何でしょうか。

 

なじみの深い言葉ですが、実はあまり知られていないことかもしれません。

 

我々医療の世界では、体温は「バイタルサイン」の一つです。

 

身体に異常があると変化がある、一つの大切な「指標」なのです。

 

例えば、熱が上がっていたら「どこかで炎症を起こしているかもしれないな」と言った具合です。

 

次に、体温は何の温度なのか考えてみたいと思います。

 

当たり前かもしれませんが、体温は皮膚の温度です。

 

それはつまり、その皮膚の下を流れている血液の温度でもあります。

 

そうなんです。体温は、その人の血流そのものを表しているんです。

 

ちなみに、本当に健康な人の平熱は36.8度前後と言われています。

 

イメージをわかせるために、例を挙げたいと思います。

 

ラグビーをやっている男性の身体と、ガリガリの細いお姉さんの身体、触るとどちらが暖かそうでしょうか。

 

それは当然、前の人ですね。

 

男性はそもそも筋肉量が多いのです。

 

筋肉という組織は、とても血流が豊富なので、暖かいのです。



☆平熱が低いと?

では平熱が低いと、どのような害があるのでしょうか。

 

まずはイメージがわきやすい軽症のものから挙げていきたいと思います。

 

一つは冷え性です。

 

平熱が低いという事は、血流の悪さを現わしているので、手足の指先の温度が低い場合が少く、冷え性に悩んでいる方が多いです。

 

他にも、お腹の中の血流が悪く、便秘の原因になっている場合もあります。

 

「便秘の場合はお腹を温めると良い」という格言は、体温も大きく関係しています。

 

また、イメージがわきにくいかもしれませんが、平熱が低い人は風邪をひきやすい事が分かっています。

 

少し難しい話ですが、平熱が高いと、免疫細胞の活動が盛んになり、免疫力が上がります。

 

直感的には、先程のラグビー選手と痩せた女性のどちらが風邪をひきやすいか、考えてみて頂くと分かりやすいかもしれません。



☆平熱が高いと?

先程の反対で、平熱が高い場合のメリットを挙げてみたいと思います。

 

つまり、血流が良い人のメリットです。

 

平熱が高ければ、冷え性や便秘などの症状が出にくいのは当然メリットの一つです。

 

また、平熱が高い人は筋肉量が多い場合が多いので、脂肪も燃えやすく、太りにくい綺麗な身体を維持する事が出来ます。

 

また、「温熱療法」というものをご存知でしょうか。

 

癌治療の一つなのですが、温度を上げる事が癌治療に対しても有効であるという報告が多くあります。

 

このように、平熱が高い人は無意識にも様々なメリットがあるのです。



☆平熱を上げるためには?

さて、そんなメリットの多い平熱を上げる事についてですが、具体的にはどのようにすればいいのでしょうか。

 

いくつか挙げてみたいと思います。

 

①食事について

食事という行為は、身体の中で熱を発生させ、体温を上昇させます。

 

一日三回きちんと食事をとる事で、体温を上げる事が期待できます。

 

食事の内容としては、アミノ酸やたんぱく質をしっかり摂取する事も重要です。

 

朝は暖かいお味噌汁付きのお魚定食が素敵です。

 

また、普段から飲む飲料水は、少し温めの白湯などがいいでしょう。

 

飲むだけで身体が温まりますね。

 

②運動について

普段から運動の習慣がある人は、心臓の動きが良く、また手足の血管が柔らかくので、身体中に血液が回りやすいです。

 

運動の内容としては、やはり無酸素運動がお勧めです。

 

具体的には筋肉をつける運動、筋トレなどですね。

 

筋肉は血流が豊富な組織なので、筋肉がある人は普段からあたたかいです。

 

③睡眠について

寝不足の朝は寒くありませんか。

 

それは、体温が自律神経やホルモンによって調整されているからです。

 

良質な睡眠は筋肉を回復させて身体を温めるだけでなく、自律神経のバランスも整え、体温を上昇させます。

 

是非睡眠にもこだわってみてください。

 

④そのほかの方法について

その他の方法についてもお話しておきたいと思います。

 

寒い職場で働いている人や、肩やお腹が出る洋服が好きな方は、上着を羽織るようにすると、体温が低下するのを減らすことが出来ます。

 

また、シャワー派の人は、お風呂に入る習慣があるといいでしょう。

 

温泉療法と言って、昔からある医療としても使われているのです。



他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません