病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

ノロウイルス感染の原因は?ノロウイルスの感染経路について解説

どんなウイルスにも、感染のルート(原因)となる「感染経路」が存在します。

 

基本的にその感染経路に注目することによって、感染の予防につなげることができるのです。

 

そこで、ノロウイルス感染の原因である感染経路について解説します。

 

■二枚貝や水からの感染

まずは「二枚貝」および「水」からの感染について解説します。

 

二枚貝(カキなど)は、海水を取り込んで、その中に存在するプランクトンを食べて生きています。

 

このとき、海水に含まれているノロウイルスも取り込んでしまい、主に中腸腺と呼ばれる部位に溜め込んでいます。

 

これは、汚染された河川の水が流れ込む河口に生息している二枚貝に多く見られる傾向にあります。

 

また、消毒が十分ではない「井戸水」や「簡易水道」の水も、ノロウイルスに汚染されている可能性があります。

 

汚染された水を飲むことで、ノロウイルスに感染してしまうのです。

 

■汚染された調理器具や感染した調理者からの感染

次に「汚染された調理器具」や「調理者」からの感染について解説します。

 

食材からの感染は、十分な加熱調理によって回避することができます。また、二枚貝以外だと、ノロウイルスの感染源となる食材はあまり見かけられません。

 

となると、二枚貝の食べ方にさえ注意していればノロウイルスは怖くないと思われるかもしれませんが、大きな落とし穴があります。

 

例えば、ノロウイルスに汚染された二枚貝を包丁でスライスし、十分に加熱したとします。

 

このとき、加熱調理が十分であれば調理した二枚貝からのノロウイルス感染のリスクは大幅に減らせますが、ノロウイルスに汚染された二枚貝をスライスしたときに使用した包丁やまな板などは、ノロウイルスが付着したままです。

 

これを消毒せずに同じ調理器具で別の食材を調理して十分に加熱しない調理法で提供した場合には、その料理からノロウイルスに感染してしまいます。

 

また、食材や調理器具の殺菌・消毒が十分であったとしても、もう一つの問題があります。

 

それは「ノロウイルスが付着した手指で調理する調理者」です。何らかの経路でノロウイルスが手指に付着したまま消毒せずに調理に臨んだ場合、食材をノロウイルスで汚染してしまいます。

 

■感染者の嘔吐物や排泄物からの感染

最後は感染者の「嘔吐物」や「汚物」などからの感染について解説します。

 

ノロウイルスの感染者は、吐き気などの症状を訴えます。嘔吐や排泄した場合、嘔吐物や排泄物にはノロウイルスが少なからず存在しています。

 

それに触れた、あるいは処理ができずに放置して乾燥した場合は飛沫感染によってノロウイルスに感染してしまいます。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。