病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

ノロウイルスは消毒できる?ノロウイルス対策のための正しい消毒方法

ウイルスの感染を予防するためには「消毒」が必要不可欠です。

 

しかし、誤った知識・方法で消毒を実践しても十分な効果が得られるとは限りません。

 

そこで、ノロウイルスの消毒方法について解説します。

 

■ノロウイルスにアルコール消毒は効かない?

ニュース等のメディアにおいて、ノロウイルスには「アルコール消毒が効かない」という話を目や耳にしたことがあるかもしれません。

 

確かにアルコール消毒はノロウイルスに対して絶対的な有効打とはならないかもしれませんが、全く効果がないというわけではありません。

 

ただし、A型肝炎ウイルスなどと並んでノロウイルスは「アルコール耐性が強い」ウイルスであることは事実です。

 

そのため、簡易的なアルコール消毒ではノロウイルスを十分に消毒できない可能性があります。

 

■ノロウイルスの正しい消毒方法

前述のとおり、アルコール消毒ではノロウイルスの消毒には効果が薄い可能性があります。

 

そのため、ノロウイルス対策として以下の塩素系消毒剤の使用が推奨されています。

・ハイター

・ミルトン

・イソジン

・強酸性水

・二酸化塩素

 

消毒方法については、加熱や煮沸できるものは85℃以上で1分以上加熱して殺菌消毒してください。

 

固定物や大きなものなど煮沸できないものに関しては熱湯をかけるのも良いですが、熱湯を少しかけてそれで終わりでは完全な消毒にはなりません。

 

消毒剤で浸すように、ペーパータオル等で拭いて消毒します。

 

このとき、できるだけ2度拭きすることを心がけてください。

 

できるだけ頻繁に消毒作業をすることも、感染を防ぐために重要なことです。

 

■嘔吐物などの廃棄方法

嘔吐物や便などの廃棄は、ノロウイルスが飛散しないようにペーパータオル等で静かに拭き取って、ビニール袋に密閉して廃棄します。

 

このとき、できればビニール袋に廃棄物が十分に浸る量の消毒剤を入れておくと良いでしょう。

 

汚染された場所については消毒剤で浸すようにペーパータオルで拭きとり、その後水拭きしてください。

 

■手指消毒にはアルコールを使用

ノロウイルスは手からの感染経路を遮断することも重要であり、そのためには「手指消毒」が重要なポイントです。

 

しかし、ノロウイルス消毒用の消毒剤は塩素系であるため、手指には使用できません。

 

手指消毒は石鹸でよく手洗いし、アルコール消毒を行いましょう。

 

■物によっては廃棄することも視野に入れる

ノロウイルス感染症の患者さんが使用した物など、消毒ではなく「廃棄」することも視野に入れておきましょう。

 

特に患者さんが使用した下着類やリネンなどは、廃棄することが望ましいとされています。