病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》o157の感染経路はどのようなパターンがある?

o157は、ニュースなどでも報道されることが多いので、下痢や腹痛を引き起こす怖い感染症だということは、ほとんどの人がご存じだと思います。

 

しかし、どのように予防すればいいの?と聞かれると、困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

そこでこちらでは、まずo157はどのような感染経路で発生するのかといったことについてご紹介します。感染源や感染経路を知ることで、o157の予防につなげることができ、我が身や家族、周りの人たちを守ることができるからです。

 

■o157の感染源は

 

o157は動物(牛・羊・豚など)の腸管内にいる菌で、何かしらの理由で食品に付着し人の口に入り感染します。

 

■o157の感染経路にはどのようなパターンがあるのか

 

o157は潜伏期間が長く、感染力も強いことが分かっています。そして、抵抗力が弱い方には、命に係わる細菌であり、実際に死亡例もあります。

 

例えば、焼き肉店の「ユッケ」や祭りの屋台で販売された「冷やしキュウリ」などが感染源になったという例があります。

 

生肉の場合、そのものが感染源になっている可能性が高いですが、調理されたものから感染したという場合は、二次感染による汚染の可能性があります。

 

o157の感染経路にはどのようなパターンがあるのか…調べてみたことをまとめます。

 

○接触感染

o157に感染した患者に直接触れることで感染します。

 

○飛沫・空気感染

o157に感染した患者が発した咳、くしゃみ、話をする時に飛沫したo157を鼻や口から吸いこむことでo157に感染します。

 

○汚染された食品から感染

o157に汚染された食品を食べることで感染します。生肉(生レバー・ユッケ)からの感染報告が多いですが、他にも井戸水や野菜からの感染報告もあります。

 

■o157の感染が拡大する理由

 

o157は、とても強い感染力があり、上記でご紹介したように飛沫感染や空気感染もします。

 

そして、例えば、食中毒を引き起こすサルモネラ菌は、体内で100万個以上になると発症しますが、o157の場合は100個足らずでも発症するのです。

 

また、o157は発症までの潜伏期間が4~9日と長いため、二次感染の可能性も高くなり、感染が広がりやすいとされています。しかも、感染源の特定が難しくなる可能性も高いです。

 

■もしo157に感染したら…

 

もし、o157に自身が感染したり、周りの人が感染したということが分かれば、二次感染を防ぐことがとても重要です。

 

感染者やその介護者が気を付けることは、排便後の手洗い、調理前の手洗い、食事前の手洗いを徹底すること、トイレが終わった後のタオルだけでなくトイレの後に触る場所、例えば水洗レバー・ドアノブ・便座などもすべて消毒することが必要です。

 

感染者やその介護者が触れた場所から感染する可能性があるほど、感染力が強いので、かなり神経質の感染予防をすることが必要になります。

 

また、便が付いた洋服やタオルはもちろん、患者が使用した衣服や下着、寝具などもすべて消毒が必要です。

 

■まとめ

 

o157は感染力が強く、感染経路が特定しにくいという特徴があります。必要以上に怖がらなくても良いのですが、o157についてよく知り、万が一感染した場合、感染者が周りにいる場合は二次感染を防ぐことが重要です。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。