健康ブログ

《医師直筆》ドライアイが治らない?原因や治し方について!

からだプラン編集部

こんにちは。総合診療医の橋本です。からだプランにお越し頂き、ありがとうございます。

 

皆さんもご存知の通り、病院にはたくさんの患者さんが来院します。

 

その中には、ゆっくり時間をかけてお話しすることが出来たら、きっと良くなるだろうな、と思う患者さんも沢山います。

 

そこで、からだプランの出番です!

 

からだプランでは「医学をもっと楽しもう!」をモットーに、医学をたくさんの方に楽しんでもらえるよう、健康コラムを書いています。

 

そしてお察しの通り、収益は全く無い状態で書いておりますので、楽しく読んでもらえると嬉しいです。

 

今回は「ドライアイの人に知っておいて欲しい注意点(★ω★)/」というタイトルでコラムを書いてみたいと思います。

 

分かりやすく書いていますので、是非楽しく読んでみてくださいね(*´▽`*)

 

まずはいつも通り、外来でよくある会話を(冗談交じりで)ご紹介したいと思います。

 





患者さん
「先生、ドライアイって体質?」

 

橋本
「まあそういう部分もあるね。」

 

患者さん
「え、じゃあ違う部分もあるの?」

 

橋本
「その人がどういう生活をしているのかが、大きく関係するのだ。」

 

患者さん
「例えばパソコン仕事の人とか?」

 

橋本
「そうそう。オフィスワーカーの3人に1人はドライアイだって言われているんだよ。」

 

患者さん
「なるほど~。どうしたらいいんだろう?仕事変えるわけにはいかないし。」

 

橋本
「仕事変えなくてもやれること沢山あるよ。」

 

患者さん
「先生、今回のギャグは?」

 

橋本
「20分以上考えたけど、マジで思いつかない。こんなの初めてだ((((oノ´3`)ノ」

 

 

という事で、今回はドライアイについてお話したいと思います。




☆まずは涙の仕組みと原因

そもそも、涙はどこから来るのでしょうか。

 

まずは下の素晴らしいイラストをご覧ください。

ガンをとばしているように見えるって?

 

はっはっは、鏡を見ながら書いたので、私の素の顔ですよ( ˘ω˘ )笑

 

涙を作る場所は「涙腺」という所です。

 

ここで作られた涙が、「導管」という場所を通って、目の表面にたどりつきます。

 

そして、まばたきをすることで、涙を目の表面に行き渡らせています。

 

それでは、涙が少なくなったり、涙が表面にいきわたらないと、どうなるのでしょうか。

 

そうですね、この状態が、「ドライアイ」という状態なのです。




☆「ドライアイ」になると、どうなるの?

「ドライアイ」がどのようにして起こるかは、分かって頂けたと思います。

 

では、次に、「ドライアイ」になるとどうなるのかを考えていきたいと思います。

 

また、素敵なイラストをご覧ください。

沢山イラストを描いていると、ちょっとずつ上手くなってきたような錯覚を起こします。

 

この図は眼の断面です。左側が目の外で、右側が目の奥の方になります。

 

ドライアイの状態は、目の表面に涙が少ない状態なので、「角膜」という部分に、細かい傷がつきやすくなってしまいます。

 

痛みが出たり、ひどいときには目に入ってきた光が散乱したりしてしまうことで、疲れ目といった症状が起きるのです。




☆ドライアイの改善と予防法、治し方について

目の表面の角膜は、傷がついても再生しますが、少し時間がかかります。

 

また、傷が深いと、そこからバイ菌が繁殖して危ないこともあります。

 

そのため、ドライアイの改善には生活習慣の見直しや予防が重要です。

 

いくつか方法を挙げてみたいと思います。

 

例えば、ビタミンAの不足目の使い過ぎに気を付ける、長時間モニターを見続けないなど、普段の心がけが大切です( AωA ) ← ビタミンAの顔文字

 

ビタミンAはニンジンなどに多く含まれます。

 

また、パソコン作業などで、モニターを見続ける仕事をする時は、適度に休憩をとる事が一番の予防法です。

 

休み時間をとれる時は、スマホを見るのではなく、目を休めるようにしましょう。

 

また、コンタクトのつけすぎは、目を乾燥させる原因の一つです。普段からコンタクトをつける週間がある人は、時々メガネの日を入れて、目を休ませてあげるといいでしょう。

→ コンタクトと眼の関係に関するコラムはこちらです( ゚Д゚)




☆症状が治らない場合は

症状が治らない場合には、眼科の受診が必要です。

 

本当にドライアイなのか、涙が出ない病気ではないか、など調べなければならないこともあるからです。

 

医学をきちんと自分で勉強する意識はとても重要ですが、病院受診を我慢をする必要はありません(^0_0^)



他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません