病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》咽頭結膜熱で熱なし?熱がない場合は違う病気?

子供の夏風邪の代表である咽頭結膜熱は、ほとんどが高熱が出るという特徴がありますが、熱なしの場合は違う病気が隠されているかもしれません。

 

今回は咽頭結膜熱に似た病気と鑑別方法をご紹介します。

 

■咽頭結膜熱の三大症状

 

咽頭結膜熱はアデノウィルスに感染し、5日〜7日の潜伏期間を経て発病します。

 

主な感染経路は接触感染と飛沫感染ですので、周りに咽頭結膜熱に罹患した人がいるなら十分な注意が必要です。

 

初期症状はインフルエンザと類似しており、急に熱が出ることがほとんどで、38度以上の高熱が数日間続き、やがて喉や目に症状が出てきます。

 

次の症状がない場合や咽頭結膜熱が疑わしいのに熱なしといった場合は、他の病気の可能性を疑ってみましょう。

 

○発熱

前述した通り、咽頭結膜熱の初期症状は高熱が出ます。発熱の多くは5日程度で落ち着いてきますが、熱なしになった時点ですぐに、咽頭結膜熱が完治したということはできません。

 

○喉の症状

発熱とほぼ同時、もしくは少し遅れて喉の症状が出てきます。咽頭が赤く腫れ上がったり、場合によれば白い膿が出る時もあります。痛みで食事が困難になりやすいので、高熱と相まって体が衰弱してしまいます。

 

少しでもいいので、喉に負担のない物を食べて栄養をつけることが大切です。

 

○目の症状

発熱と咽頭炎から遅れて結膜炎の症状が出てきます。目の充血、痒みや痛み、涙や目やにの量が増えていきます。

 

痒みから目をこすった手や、目から出る分泌物を拭いたタオルからも感染するので、手洗いと消毒はこまめに行い、決してタオルの使い回しはしないようにして下さい。

 

また、使用したタオルは罹患していない人とは別に洗うのが望ましいです。

 

■咽頭結膜熱に似た病気【熱なしの場合は疑ってみてください!】

 

咽頭結膜熱とは、50種類以上あるアデノウィルスの1つで、アデノウィルスの三大症状が全て揃ったものが咽頭結膜熱となります。

 

全て揃わない場合でも咽頭結膜熱と診断される場合もあるのですが、基本は3つの症状です。

 

アデノウィルスの中には咽頭結膜熱に似た病気があり、熱なしの場合はそれらの病気である可能性が高いです。

 

○アデノウィルス病

アデノウィルス病とは、その名の通りアデノウィルスに感染した病気です。

 

アデノウィルスとは、風邪の原因となるウィルスの1つで、高熱と喉の症状が出やすいのが特徴です。

 

アデノウィルスの種類は50種類以上あり、その症状は多岐にわたります。

 

胃腸にも症状をきたすケースもあり、重症化すれば肺炎を合併する場合もあります。

 

○流行性角結膜炎

熱なし・喉の症状もないというように、目の症状以外が出ていなければ、流行性角結膜炎の可能性があります。

 

別名「はやり目」とも言われており、症状は咽頭結膜炎の目の症状と似ています。

 

重症化すると黒目に傷が付く場合がありますので、注意が必要です。

 

■咽頭結膜熱の鑑別方法

 

咽頭結膜熱の鑑別方法で有効とされるのが検査です。

 

症状からも鑑別しやすく、発熱・咽頭炎・結膜炎の3つの症状が揃った場合は咽頭結膜熱と判断されます。

 

しかし、必ずしも三つ揃った時のみ咽頭結膜熱と診断される訳ではなく、熱なしの場合も咽頭結膜熱の可能性がゼロではありません。

 

■まとめ

 

素人の判断は危険ですが、各病気の簡単な特徴を知っていると、適切な対応をするためにもある程度病気について分かっていることも大切です。

 

例えば、咽頭結膜熱の症状について知っていれば、目やにが出ている場合、家族に移る可能性があるのでタオルを分けて使うようにしようかな…といった対応ができます。

 

とはいっても、自己判断だけで時を過ごすのは危険ですから、早めに医療機関を受診し、病名を特定してもらい、適切な対処療法を行ってもらってくださいね。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。