病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

心理的圧迫から解放される方法について解説します!

心理的圧迫に悩んだ経験がある人も多いのではないでしょうか。日常生活や社会生活の中で、心理的な圧迫を感じ、ストレスを感じている人も多いと思います。

 

人とコミュニケーションをとる上で、心理的圧迫は身近な問題であるため、悩んだり苦しんだりする人もいます。つらい心理的圧迫からは、解放されたいですよね。

 

今回は心理的圧迫について詳しく、また、心理的圧迫から解放されるにはどうしたらよいかについて解説します。

 

■心理的圧迫とは?

 

まず、心理的圧迫について詳しく解説します。

 

心理的圧迫とは、周りの重圧や雰囲気からくる圧迫感であり、精神的に圧力がかけられた状態のことを言います。

 

コミュニケーションを取るときにお互いが受け取るのは、言葉だけではありません。相手の表情、声のトーン、会話の間、視線、手の動きなど視覚でも聴覚でも受け取るものは多いです。

 

心理的圧迫を与えるつもりがなくても結果として圧力をかけていることもあります。例えば、相手よりも優位に立ちたい、打ち負かしたいといった思いがある場合、相手に対して心理的圧迫をかけてしまうことがあります。

 

〇心理的圧迫の例

心理的圧迫の例を紹介します。

 

▲面接で心理的圧迫をする会社

社会に出ていない学生や転職者、就活者に対して、会社が面接の時に、言葉や雰囲気で圧力をかけるというのも心理的圧迫のひとつです。

 

例えば、就活生の話に興味を示さない、無表情で相槌を打たないという態度を面接官がとることがあります。このような態度は就活生にとって心理的圧迫になります。

 

▲心理的圧迫で束縛しようとするパートナーや親

パートナーという身近な存在からも心理的圧迫を受けることがあります。恋人、妻、夫、親などが相手を自分の思い通りにしようとしたり、束縛したりするときに心理的圧迫の状況になります。

 

デートDVやパートナー間のモラハラも心理的圧迫のひとつと言えるでしょう。

 

〇心理的圧迫を受けるとどうなるのか?

心理的圧迫を受けると、精神的に追い込まれた状態に陥ります。心理的圧迫を与える相手から離れることができればいいのですが、パートナーや家族の場合はそう簡単に離れることはできないかもしれません。

 

束縛する人は、無意識のうちに心理的圧迫を与えていることが多いです。そのため、自分の言動で相手を傷つけていることに気づきにくいと言えます。

 

精神的に追い込まれ、逃げ場がない状態が続くと人との関りが怖くなったり、自分を責めたりするようになります。抑うつ状態や、PTSDといった状態になる恐れもあるのです。

 

そういった場合は、専門家に相談してみましょう。

 

■心理的圧迫から解放されるには

 

心理的圧迫から解放されるようにするためには、まず、自分自身を責めないようにしてください。そして心理的圧迫を与える人と距離を置くのがいいでしょう。一緒にいて圧迫感があるということは、同じ空間にいても居心地が悪いということです。

 

つらい経験から気分がふさぎ込んでしまう、眠れない、食欲がなくなるという不調があるのならカウンセリングを受けるという方法もあります。第3者でもある専門家に話を聞いてもらうことで出口が見えることもあるでしょう。

 

■まとめ

 

心理的圧迫はコミュニケーションの中で起こり、精神的に追い込まれてしまうものです。心理的に追い込まれる状態が続くと、抑うつ状態やPTSDなどの状態を引き起こします。

 

気分が落ち込む、眠れない、食欲がないなどの症状があれば要注意です。1人で悩まずカウンセリングを受けるのも心理的圧迫から解放されるひとつの方法です。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。