病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

腎盂炎の再発を予防したい!どうしたらいい?

腎盂炎の症状は、腰や背中の痛み、全身の倦怠感、高熱などを伴い、とてもつらいものです。過去に一度でも経験された方は、もう二度と腎盂炎にはなりたくありませんよね。腎盂炎は再発を繰り返すと腎臓の働きが低下し、命に関わることもあります。

 

腎盂炎と診断されたら適切な治療を受け、完全に治すことが肝心ですが、完全に治したと思っても再発してしまうことがあるかもしれません。

 

腎盂炎を予防するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

■腎盂炎を予防するために気を付けたい4つのこと!

 

腎盂炎の発症、再発は、日常生活の中でも予防することができます。以下に挙げる4つのことに気を付けて腎盂炎を予防しましょう。

 

○水分を十分にとる

腎盂炎は尿道から細菌が入り込み、腎臓の中の腎盂で炎症が起こる病気です。尿道から入ってきた菌を洗い流すためには、十分な量の尿が必要です。

 

尿の元になるのは水ですから、普段からたっぷりの水分をとりましょう。腎盂炎の予防のためには、1日2リットル程度の常温の水を飲むことをおすすめします。コップ1杯くらいの水をこまめに飲むのがいいでしょう。

 

○トイレを我慢しない

せっかく水をたくさん飲んでも、トイレを我慢していては何にもなりません。尿道で細菌が繁殖し腎臓に達する前にトイレに流してしまいましょう。

 

細菌がなくなれば、腎盂炎は予防できます。特に就寝前にはトイレに必ず行くようにしてくださいね。

 

○体を清潔に保つ

細菌を膀胱内に入れないように、体を清潔に保ちましょう。入浴やシャワーで体をきれいに洗いましょう。

 

女性は尿道が短いため、細菌に感染しやすく、腎盂炎にかかりやすい傾向があります。

 

例えば、生理用ナプキンはこまめに取り替える必要がありますし、排便後にトイレットペーパーでふき取る時も注意してください。衛生面に気を配ることで、腎盂炎は予防できます。

 

○疲労・ストレスをためない

過労やストレスはさまざまな病気の原因になります。そして、疲労やストレスによって抵抗力が低下すると、その人の身体の弱い部分があらわになります。

 

腎盂炎に限らず、同じ病気を繰り返し発症する傾向のある方は、疲労やストレスの管理が健康に関わってきます。ストレスを完全になくすことは難しいですが、うまく付き合う方法を探してみてはいかがでしょうか。

 

自分なりのストレス解消法を見つけて、腎盂炎を予防しましょう。

 

■まとめ

 

腎盂炎の発症や再発を予防するために、日常生活の中でできる予防方法を4つご紹介しました。

 

特に、きちんとトイレに行くということはとても大切です。腎盂炎や膀胱炎の原因のほとんどは、トイレを我慢しすぎることから起こる細菌の感染です。トイレさえ我慢せずに行っていたら、予防できたケースが多々ありますから、トイレは我慢せずに行きましょう。

 

水分もしっかり摂ってくださいね。

 

万が一、腎盂炎になってしまったときには、医師の指示通りに薬を飲み、完全に治すようにしましょう。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。