病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

医師直筆┃キリキリした胃痛や胃荒れの原因は?病院に行く?

 

☆はじめに

この度は、からだプランにお越しいただき、ありがとうございます。

 

代表の内科医師の橋本将吉(まさよし)と申します。どうぞよろしくお願い致します。

 

内科外来には、沢山の胃の痛みに悩んだ患者さんがいらっしゃいます。

 

しかし、ドタバタしている内科外来では、あまり時間をかけてお話する事ができません。

 

そこでからだプランの出番です♪

 

からだプランでは、私が話したくて仕方がない健康情報を、ブログにして、「楽しく分かりやすく正しく」をモットーに発信しています。

 

さて、今回のテーマは胃痛について解説いたします。

 

気楽に読み進めてくださいね。(*´▽`*)

 

 

☆胃について

まずは、胃というものがどういう臓器なのか、と言うお話をしたいと思います。

 

「すでに胃が痛くて仕方がないから、病院に行くべきかどうかだけ教えてくれ!」という方もいると思いますが、少しでも余裕のある方は読んでくださいませ。

 

ご存知かもしれませんが、胃はみぞおちのぶぶんにあります。

 

解剖学的には「心窩部(しんかぶ)」と呼ばれます。

 

口から食べたご飯は、食道と言う部分を通って、胃に入ります。

 

そこで、胃から出た胃酸が、ご飯と混ざり合い、分解される仕組みになっています。

 

この時、胃酸とご飯を混ぜ合わせる為、胃は凄い力で、グネグネ動いて収縮します。

 

そのため、胃は、「胃酸を出す」組織でもあり、「グネグネ動く」筋肉から出来た組織でもあるわけです。

 

さらに、ちょっと専門的な話になりますが、胃酸を出すためにも、筋肉が動くためにも、迷走神経と言う自律神経が働いています。

 

これが、胃痛や胃荒れ等の症状や、胃炎などの病気に、ストレスや体調が関係している理由なわけですね。

 

ちなみにちょっと蛇足ですが、医学用語で、胃の痛みは「心窩部痛」と言います(昔の先生は、胃痛って言うと怒ります 笑)。

 

 

☆胃痛や胃荒れで考えられる原因は?

さて、胃が痛い時に考えられる原因はなんでしょうか。

 

これは「診断学」や「症候学」という医学の分野になります。

 

さて、この胃痛(心窩部痛)という症状から、どんな原因や病気を考えますか、という内科医の十八番ですね。

 

結論から言うと、大きく分けて、「胃が原因の場合」と、「胃が原因ではない場合」に分かれます。

 

①胃が原因の場合の主な疾患

 

急性胃炎(胃荒れ)

胃に炎症が起きたものを、まとめて急性胃炎と言います。

 

どうして胃に炎症が起きてしまうかと言うと、やっぱり薬が原因になっている事が多い気がします。

 

あ、アルコールやコーヒー(カフェイン)なども、薬のようなものですよ。

 

また、細菌やウイルスが入り込んで炎症を起こしてしまう事もありますし、ストレスが原因になって胃炎につながってしまう事もあります。

 

症状は、「キリキリした痛み」や「胸やけ」や「胃もたれ」などの軽症状から、「吐き気」や「嘔吐」につながる事もあります。

 

胃炎が起きているかは、病院に行って、胃カメラ(上部消化管内視鏡)をすることで、判断できます。

 

ちなみに、「胃荒れ」と言う言葉は医学用語ではありませんが、胃が荒れている状態を示しているのであれば、この急性胃炎が該当します。

 

 

胃びらん

胃にびらんが出来る事を言います。

 

胃びらんは医学用語で、組織学的に「粘膜筋板を超えない浅い粘膜の組織欠損」を意味しますが、要は「胃の粘膜がえぐれている」という事になります。

 

どうして胃の粘膜がえぐれてしまうのかと言う原因についてですが、先程の胃炎と同じように、胃に炎症が起きて、粘膜が傷づいてしまうと、びらんになってしまいます。

 

症状は、「キリキリした痛み」や「胸やけ」ぐらいで落ち着く事もあれば、「胃がかなり痛い」という感じです。吐き気や嘔吐につながる事も当然あります。

 

やはりこれも、病院に行って、胃カメラ(上部消化管内視鏡)で診断されます。

 

 

胃潰瘍(いかいよう)

胃に潰瘍ができてしまう事を言います。

 

胃潰瘍も、胃の粘膜がえぐれてしまっている状態を言いますが、胃びらんよりもひどいイメージです。

 

症状としても、胃炎や胃びらんの胃痛とはちょっと違って、「強烈にさしこむような痛み」と表現される事が多い印象です。

 

胃炎や胃びらんのように、吐き気や嘔吐につながることもありますし、吐血や下血(タール便、便に黒くなった血がついている事)を引き起こす事もあります。

 

やはりこれも、病院に行って、胃カメラ(上部消化管内視鏡)をする必要があります。

 

その際に出血があれば、クリップで止血しなければならないので、病院に行かなければなりません。

 

 

慢性胃炎

急性胃炎は、「急に」がポイントの胃炎でした。

 

慢性胃炎は「継続的に胃に炎症が起きてしまう」と言うのがポイントになります。

 

つまり原因としては、ピロリ菌や、慢性的に飲む薬、ストレスなどが原因です。

 

症状は「キリキリした痛み」や「胸やけ」や「胃もたれ」などの胃痛が多いです。

 

こちらも、病院での数度の胃カメラ(上部消化管内視鏡)で診断がつきます。

 

 

 

②胃が原因ではない場合の主な疾患

胃が原因でない場合も、かなり沢山あります。

 

そうです、我々内科医は、こういうのを頭の中で全力で考えながら診察しているんです。(*´▽`*)

 

ちなみにこれを「疾患の鑑別(かんべつ)」と言います。

 

そこで今回は、鑑別をする時の医者の考え方を、からだプラン流にアレンジして、わたくし橋本から直接伝授したいと思います!

 

我々、内科医師は「緊急度(重要度)」と「頻度」を中心に考えています。

 

緊急度の高い病気とは、急いで病院に行かなければならない病気のことです。

 

そして頻度とは、その疾患が日本人に多いかどうかという、一般的な数の事です。

 

医師としての経験や勉強量が多ければ多いほど、この緊急度(重要度)と頻度を直感的に見極める事が出来るようになります。

 

そして今回は、その両方ともがある程度高い疾患をご紹介したいと思います。

 

十二指腸:十二指腸潰瘍

胆のう:胆嚢炎、総胆管結石

心臓:狭心症、心筋梗塞、心膜炎

大動脈:大動脈解離

膵臓:急性膵炎、慢性膵炎

肺:肺炎、肺塞栓

腎臓:尿路結石、腎盂腎炎

その他:虫垂炎、憩室炎

 

キリキリした胃の痛みには、こういう疾患の場合もありえるんだな、という事も頭に入れておいてくださいね。

 

 

☆病院にいくべきかどうか

さて、ここで本題の「胃の痛みで病院に行くべきかどうか」という話をしたいと思います。

 

ここまでしっかり読み進めてくれた方にはお分かりかもしれませんが、痛みの症状も様々ですし、原因も様々ですので、一概に「胃が痛ければ病院に行くべきだよ」とは言い切れません。

 

ただ、次のような症状が出現した場合には、迷わずに病院に行った方がいいと思います。

 

チェックしてみてください。

 

①「急に」今までに感じたことのない強い痛みが出た!(急性)

②吐血や下血(血便)がある!(胃潰瘍や十二指腸潰瘍の可能性)

③お腹がカチンコチンに力が入ってしまう!(筋性防御、腹膜刺激症状)

④やっと寝ても痛みで起きてしまう!(気のせいではない!という事)

⑤今まで一度も胃カメラをやったことが無い(原因が分かるかも)

⑥首や肩にも痛みがある!(放散痛)

⑦強い痛みが、ずっと続いてしまっている!(治っていない)

⑧痛すぎて何もできない!眠れない!吐いてしまう!

 

もしチェックしてみて、これらの一つ以上が当てはまっていれば、病院に行っても怒られる事は無いと思います。

 

これらは、内科医が疾患の鑑別の為に、問診で質問する事だからです。(*´▽`*)

 

 

☆終わりに

いかがでしたでしょうか。

 

一言で胃の痛みや胃荒れと言っても、結構考える事が多いんだな、と感じてもらったかと思います。

 

結論としては、先程のチェックリストを使ってもらって、病院に行くかどうかを判断してもらえればいいかなと思います。

 

からだプランでは、誰でも分かるように、このように健康情報の発信を行っています。

 

医学や医療の考え方は、知っておくだけでとても便利です。

 

是非からだプランをブックマークしておいて、いつでも調べられるようにしておいてくださいね。

 

以上からだプランでした。

 

からだプラン 代表医師 橋本将吉