病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》夏バテの原因は一体?原因を知り対策をしよう!

夏になると身体がだるくなったり、食欲がなくなったりする「夏バテ」の症状が出てしまう人が多いと思います。

 

でも、なぜ夏になると夏バテになってしまうのでしょうか。

 

原因を知ることで、夏バテの対策ができると思います。

 

そこで、こちらでは「なぜ夏バテするのか?夏バテの原因」について解説します。

 

■夏バテの原因その1:外気温の急激な変化

 

夏は暑い季節ではありますが、外気温が気候に沿って上がっていくということそのものは、夏バテの原因にはつながりません。

 

夏バテにつながる原因は、冷房の効いた車内や屋内から、暑い屋外に出るなどの「外気温の急激な変化」です。

 

身体は通常、自律神経の働きでこの外気温の変化に対応していますが、あまりにも急激な温度変化にはすぐに対応できず、結果的に体長を崩してしまうことがあります。

 

これが、夏バテの原因の1つです。

 

■夏バテの原因その2:水分不足・水分の過剰摂取

 

夏には気温が上がり、多量の汗をかきますので、適切に水分を摂る必要があるのですが、これが多すぎても少なすぎても好ましくありません。

 

まず水分が不足している場合には、身体が脱水状態になります。すると、全身の倦怠感(だるさ)や食欲の減退が起こり、体調不良に陥ります。

 

しかしながら、水分を限りなくたくさん摂ればよいというものではありません。

 

水分を摂りすぎると、消化器官内の消化液を薄めてしまい、摂取した食べ物の消化不良を起こす危険性があります。

 

その結果、主に消化不良による腹痛や下痢、食欲低下などを引き起こすので、体力の減退、夏バテにつながります。

 

ですから、水分はあくまで適切な摂取量を心がける必要があります。

 

■夏バテの原因その3:栄養失調

 

夏バテの状態に陥ると、食欲の低下が起こります。

 

食欲が低下することによって、夏場に食べやすいもの、つまり冷や麦であったり、かき氷やアイス、より悪ければ飲み物だけで食事を摂らないようになってしまったというケースも考えられます。

 

このような状態に陥ってしまうと、ただでさえ夏場という体力が必要な時期に、必要な栄養を摂取できず、栄養失調状態になってしまう危険性があるということです。

 

夏バテによって身体が必要とする栄養素には、ビタミン類、特にビタミンB1や無機質といったものがあります。

 

これらの栄養素は日常生活の中でさえ不足しがちなものなのですが、夏場で偏った食事をとっているとさらに不足する危険性があります。

 

夏バテ対策のためにも、メニューは偏りなく、栄養を充分にとれる食事内容とすることが重要です。

 

■まとめ

 

夏バテの原因は、単に水分不足と誤解されることがありますが、厳密には「水分不足」と「水分の過剰摂取」に分けることができます。

 

また、「外気温の急激な変化」や「栄養失調」も夏バテの原因となります。

 

夏バテに悩んでいる方は、これらの原因に注意して対策を万全にしてくださいね。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。