病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》夏に自律神経が乱れることを夏バテと言う!?

日本の夏は気温が高い日が何日も続き、体に大きな負担がかかる季節です。そして、その負担で自律神経が乱れ、夏バテしてしまう人も少なくありません。

 

でも、夏の暑さはどうして自律神経を乱してしまうのでしょうか?

 

今回は夏バテと自律神経の関係を解説します。

 

■自律神経は体のバランスを整える仕事をしています

 

自律神経は様々な臓器を調節し、体のバランスが崩れないように整える神経です。

 

例えば、運動して体温が上がれば、体に熱がこもるのを防ぐために汗をかき、筋肉を使えば、筋肉に酸素を届けるために心拍数が早くなります。

 

これらは自律神経の働きかけによるもので、体の状態をより良い方状態にするために起こることです。

 

私たちヒトの体は、このように自律神経が働いていることで、体に負担がかかってもきちんと適応できるようになっています。

 

■どうして夏バテは起こるのか

 

屋外にいるときは気温が暑すぎて汗をたくさんかきますが、コンビニやスーパーなどに一歩入れば急に涼しくなります。汗をかくように働いていた神経は、急に下がった気温に驚き、汗を止めなければなりません。

 

1日に何度もこういったことが起こると、何度も何度も自律神経にストレスをかけてしまうことになります。

 

すると、自律神経が上手く機能しなくなってしまうことがあります。これが自律神経失調の状態、つまりは夏バテです。

 

■自律神経失調症の症状

 

自律神経失調症を起こすと下記のような症状が現れます。

 

・体が疲れやすくだるい

・食欲が低下する

・寝つきが悪く深く眠れない

・寝起きが悪い

・胃が痛い、下痢、便秘、などの消化器症状

・立ちくらみやめまい

 

自律神経が乱れるとこのような症状が現れますが、どの症状も体力を奪うものばかりです。

 

そのため、夏バテをすると夏風邪を引いてしまうなど、体調を崩す人も少なくありません。

 

ですから、体調不良の連鎖反応を防ぐには、夏バテ予防と早めの対応が大切です。

 

■自律神経失調症による夏バテを防ぐには?

 

自律神経失調症の治療は何よりも生活を整えて体を癒すことです。

 

室温は寒く感じない程度(27度くらいが好ましいです)にエアコンを設定し、きちんと入浴をして体を温め、温かいご飯をしっかり食べて体力を付けてください。

 

そして、質の良い睡眠をとり疲れを癒してください。

 

このように、負担をかけてしまいがちな自律神経をいたわってあげることで、夏バテ症状を抑えることができ、暑い夏も元気に過ごすことができるでしょう。

 

■まとめ

 

体調不良の悪循環を起こす夏バテは、自律神経にストレスを与えすぎてしまうことで起こります。

 

エアコンは快適ですが体にかかる負担が大きいことを忘れないように、適切に使ってくださいね。

 

また、夏の暑さに負けないように、生活習慣を見直し、より元気に過ごすことができるように努めましょう。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。