病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

子供も夏バテに要注意!夏バテと熱中症の違いわかりますか?

汗がじわじわ滲む季節になってきました。

 

日本の夏特有のじめっとした暑さで、体の不調を感じてはいませんか?それは、夏バテかもしれません。

 

夏バテというと大人がよくなる印象ですが、実は子供こそ注意しなければいけません。

 

そこで今回は、子供の夏バテの症状や熱中症との違い、原因、有効な対策について解説します。

 

■子供の夏バテと熱中症の違いは?

 

夏バテは、高温多湿の夏に体が対応できなくなり、体にだるさを感じたり、食欲不振になったりするなどの、夏に起こる体の不調のことを指します。

 

子供が、だるそうにしていたり、食欲がない状態が続いていたら夏バテかもしれません。

 

夏に体調を崩す原因の1つに「熱中症」があります。

 

熱中症は、体の水分が失われたり、電解質バランスが崩れたりすることで、吐き気や頭痛、意識障害を引き起こし、命の危険にさらされる症状を指します。

 

夏バテには、このような症状は含まれません。

 

どちらかというと、夏バテの症状に急な対応は要しませんが、熱中症は急な対応を要する症状と区別することができます。

 

子供は水分を摂ることを忘れて遊んでしまい、突然熱中症の症状が出てしまうというようなこともあるので要注意。暑さが厳しい時は、大人が水分補給を促してあげてくださいね。

 

■大人も子供も夏バテ対策をしましょう!

 

先ほどもご紹介しましたが、夏バテになってしまったとき、急な対応は要しません。

 

ですが、せっかくの楽しい夏を、夏バテの状態で過ごすことは避けたいですよね。

 

ですから、夏バテにならないようにしっかり対策をしましょう。

 

〇気温差に気を付ける

日本の夏は、エアコンなしで過ごすことが困難なほど高温多湿な環境ですが、ついついエアコンの温度を下げすぎたり、快適な室内で長時間過ごしたりすることが増えています。

 

子どもは特に、スマホやゲームの普及のより、屋外で遊ぶよりも室内で遊ぶことが増えています。

 

そのため、急に屋外に出た際の温度差に体が適応できず、夏バテを引き起こしてしまいます。

 

エアコンの効いた部屋で過ごすのも良いですが、屋外との気温差が大きくならないような温度設定にしましょう。

 

また、子供は元気に遊んで体力をつけるべき。朝や夕方には、外に出て遊ぶようにしたほうが良いでしょう。

 

〇汗のかきすぎによる水分不足に気を付ける

子供は、大人よりも体の水分量が多いため、大量の汗をかきます。

 

そのため、体の中の水分が少なくなり、汗になる水分も不足した状態になってしまいます。結果、汗をかくことで調節できていた体温調節ができなくなり、身体に熱がこもった状態に…。

 

すると、夏バテになってしまいます。

 

〇睡眠をしっかりとる

暑さのあまり寝つきが悪くなったり、夜遅くまでスマホやゲーム、テレビなど見たりしていると、睡眠不足になってしまいます。

 

睡眠が十分にとれていないとエネルギーが不足し、夏バテを引き起こします。

 

大人の生活リズムに合わせているため睡眠時間が足りず、夏バテになってしまう子供がいますから、大人が気を付けてあげるようにしましょう。

 

■まとめ

 

昔の子供は、夏バテ知らず…、夏バテは大人がなるもの…といわれていましたが、最近は夏バテを起こす子供が増えています。

 

水分をしっかりとる、朝や夕方の涼しい時間に外に出て元気に遊ぶ、バランスよく食べる、そして睡眠を十分にとるという生活習慣によって夏バテは予防できます。

 

ですが、子供の夏バテ対策をするためには、私たち大人も同じような生活習慣で過ごすことが必要ですよ。

 

夏バテ対策を万全にして、楽しい夏を過ごしましょうね。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:徳洲会病院内科外来

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。