病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》これって夏バテ?夏バテはどんな症状が出るの?

気温が高い日が続いてくると、体がだるくなったり食欲が出なかったり、体調の変化を感じることがあります。

 

その症状はもしかすると夏バテかもしれません。

 

でも、ほかの病気かも?単なる夏バテなのか、病気を疑ったほうが良いのか…気になりますよね。

 

そこで今回は、どのような症状なら夏バテなのか、夏バテにはどのような症状が出るのかといったことについてご紹介します。

 

■夏バテの代表的な症状をチェック

 

夏バテになった場合、一体どんな症状が出るのでしょうか。

 

夏バテの代表的な症状は以下の通りです。

 

・カラダが重く、だるい

・全身の倦怠感

・ヤル気が出ない、無気力感

・食欲がなくなる

・下痢

・便秘

・イライラする

・カラダが熱っぽい、のぼせやすい

・めまいや立ちくらみがする

・むくみ

 

どの症状も夏バテの症状です。

 

そして、1つでもチェックが入れば夏バテの可能性があります。

 

夏バテ対策やこれ以上悪化しないように夏バテの予防をしていくようにしましょう。

 

ただ、夏バテ以外にもこういった症状が出てしまう病気はいろいろあります。

 

しっかり休んでも症状が改善しないというようなことがあれば、一度病院を受診し、医師に相談してみてくださいね。

 

〇他にもある!夏バテ症状をチェック

上記でご紹介した代表的な夏バテの症状以外にも、以下のような症状にチェックが入れば夏バテの可能性大です。

 

・疲れやすい

・睡眠不足

・胃もたれや消化不良

・体重減少

・頭痛

・発熱

 

特に頭痛や発熱は風邪症状と間違いやすいのですが、汗をかくことで脱水状態に陥り発熱や頭痛が起きることがあります。

 

また、睡眠不足は抵抗力低下の原因にもなります。抵抗力が低下すると夏バテに加えて夏風邪もひきやすくなるので、これらの症状も要注意としてチェックしてください。

 

■夏バテの次は秋バテも!秋バテ症状をチェック

 

夏が終わったのに夏の疲れが原因なのか、体の不調を訴える人が増加傾向にあります。夏バテだけでなく、秋バテの症状もチェックして夏バテと秋バテを予防しましょう。

 

秋バテの症状は以下の通りです。

 

・体がだるく重い、ちょっとしたことで疲れやすい

・朝スッキリ起きられない

・1日中眠気が襲う

・食欲がない

・胸やけや胃もたれなどの消化器症状

・肩こりや頭痛

・めまいや立ちくらみ

・やる気が起こらない

・顔色がくすむ

・舌に舌苔(白いコケ状のもの)がつく

 

このように夏バテと秋バテとでは違う症状もあります。3個以上にチェックが入れば秋バテの可能性があるので注意してください。

 

■まとめ

 

夏バテになるとどのような症状が出るのか…さまざまな夏バテの症状を紹介しました。

 

夏バテかな?と思ったら、まず、今回紹介したる症状をチェックしてみてください。

 

チェックが多いほど夏バテの重症度もアップするので、夏バテ対策を実施しましょう。

 

また、夏の暑さが落ちついた9月頃にも夏バテの症状に似た症状が出ます。こちらは秋バテと呼ばれています。

 

夏バテ対策とともに、夏が終わっても体調が崩れないように気を付けてくださいね。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。