病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》夏風邪を予防するためのポイントを紹介します!

夏風邪と聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?

 

通常は風邪というと寒い季節の印象ですが、夏風邪は暑い季節特有の病気です。

 

冬の風邪ウイルスが乾燥と低温で増殖するのに対し、夏風邪ウイルスは高温多湿を好みます。また、夏風邪は長引きやすいという特徴もあります。

 

今回は夏風邪予防のポイントについてまとめました。

 

■夏風邪ウイルスの特徴と予防法

 

夏風邪は冬場の風邪に比べて長引くことが特徴で、その症状も様々。喉の痛み、咳、高熱、嘔吐、腹痛、下痢、発疹などがあります。

 

主な感染経路は接触感染と飛沫感染で、夏風邪ウイルスは気温と湿度が上がると増殖し始めます。

 

冬の風ウイルスと異なり、高温で湿気のある環境を好むため、毎年5月中旬から8月末頃までが活動期間となります。

 

夏風邪を予防するには、気温と湿度が高い時期にはきちんと手洗いうがいを行うことが大切です。ウイルスを体に侵入させなければ症状が出ることもありません。

 

■夏風邪の原因と予防法

 

夏風邪を引く原因は、夏の暑さが大きく関係しています。

 

夏の暑さは睡眠不足と食欲不振に繋がります。しかし、睡眠と食事は、体の免疫を保つためには欠かせないものです。それが十分に確保出来ていないと、ウイルスに対抗する力がどんどん落ちていき、夏風邪の症状が出て来ます。

 

また、夏の暑さは夏風邪が長引く原因にもなります。

 

風邪のウイルスはお腹で増殖します。健康な状態ならウイルスは身体の外へ排出されますが、免疫力が低下しているとウイルスをなかなか排出できなくなります。

 

結果、ウイルスがいつまでも体内にあることになり、症状が長引くのです。

 

夏風邪を引くのは、体の免疫が弱くなっている証拠。夜更かしや偏った食事はやめ、睡眠時間はしっかり確保し、栄養のある食事を摂ってください。

 

■夏風邪予防のポイント

 

夏風邪は冬風邪と違ってウイルスに抗生物質が効きません。

 

そのため、普段から自分自身の免疫力を高めておく必要があります。免疫が高まっていれば、ウイルスに感染しても発症することはありません。

 

また、もし発症してもすぐに治すことが可能です。

 

手洗いとうがいでウイルス自体を避けることも大切ですが、人と接する機会がある以上、完全に遮断することは難しいですよね。手洗いうがいと同時に体の免疫力を上げておけばより安心です。

 

■まとめ

 

夏風邪の予防で大切なのは、手洗いうがい、睡眠、食事です。

 

夏は食欲がなくなり、食事も好きなものや口当たりの良い冷たいものばかり食べてしまいがちですが、栄養バランスの取れた食事を心掛けましょう。

 

また、夏は連日熱帯夜で睡眠不足に陥りやすいです。暑い夜はエアコンで寝室を快適な温度にして、しっかり睡眠出来る環境を作りましょう。

【 著者プロフィール 】

image-of-doctor-hashimoto

  名前:橋本将吉(まさよし)

  専門:医学教育・内科医師

 勤務地:東京むさしのクリニック

生年月日:1986年7月28日

出身大学:杏林大学医学部医学科


難しいけど大切な医学知識を、いかに分かりやすく知ってもらえるかをモットーに日々奮闘中。


youtube動画twitter にて、医学や医療系のトピックを中心に発信しています。


登録は下記のボタンから、よろしくお願い致します。