病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》傷はすぐに消毒しなさいっ!?昔の医学を疑う勇気(←_←)

 

こんにちは!からだプラン代表医師の橋本です。

 

数年前は訪問診療で、よく外科的な創傷治療を行っていました。

 

現在は総合診療医として働いています。

 

先日、「登山に関する医学的な注意点」という市の講演で、けがをした時の治療について話をしたところ、次のようにとてもびっくりされました。

 

え、怪我して傷が出来たら消毒じゃないんですか!?

 

そこで、これはきちんとコラムに書かなければ!と思い、分かりやすいようにコラムを書きました。

 

けがをした時のためにも、医学を楽しむためにも、是非ご一読をと思います。

☆まずは皮膚のお話し

まずは、皮膚とはそもそも何者なのか、というお話をしたいと思います。

 

皮膚を見たり、つまんだりしながら読んでくださいね。

 

皮膚は、意外と硬いものです。それは、人間の身体の中を守るものだからです。

 

もし皮膚がボロボロで、ばい菌が入り放題になってしまうと、人間はのようなもので、ドンドンばい菌が入ってきてしまいます。

 

また、皮膚は沢山の「」から作られています。

 

表面から「表皮、真皮、皮下組織」となっています。

 

これからも、外敵から身を守る「バリアー」になっている事が分かります。

 

皮膚は人間を守ってくれています。

☆皮膚には沢山の菌がいる

もう一つ前提として、皮膚には沢山の菌がいます。

 

これは、当たり前にいるもので、何かしらの利益を与えてくれていたりするので、共生と言ったりします。

 

気持ち悪いと考える人もいるかもしれませんが、口の中にも腸の中にも沢山の菌がいます。

 

同様に、皮膚の上にも菌がいるだけの話です。

 

彼らのおかげで、人は生きる事が出来るのです。

 

 

そして、皮膚に傷がつくと、ばい菌が入ってきます。

 

ばい菌にとって、人間は栄養の塊なので、大喜びです。

 

そこで、「それなら消毒でばい菌を殺せばいいではないか」という発想が出てきます。

 

これが大きな間違いなのです。

☆消毒でばい菌を殺せる?

皮膚に傷が出来たら、消毒でばい菌をやっつける事が出来れば、化膿しなくて済むのではないか、と考える人が多いと思います。

 

かく言う私も、医学生の時はそう思っていました。

 

しかし、皮膚には尋常ではない数の菌がいます。

 

消毒したところで、完全に殺しきる事は出来ませんし、すぐに元に戻ってしまいます

 

また、一時的に菌を減らすことが出来たとしても、傷の治りは早まるどころか遅くなってしまうのです。

 

それはなぜでしょうか。

 

答えは、「人間の細胞も生き物なので、消毒で殺されてしまうから」です。

 

とてもシンプルだと思いませんか?

 

ばい菌も人間の細胞も生き物なので、消毒でまとめてやられてしまう、という事です。

 

さらに言えば、ばい菌は人間の細胞よりも強いです。

 

「バイオフィルム」なんてものを作って、自分たちのことを守ったり(朝起きた時の歯についたヌメヌメ)、色々な防御方法を持っています。ですので、消毒して痛いのは人間の細胞です。

 

治りが遅くなってしまうのです。

☆傷(ケガ)の治し方についての動画を作りました

文字が多いので、ここで動画の気分転換です♪

傷(ケガ)の治し方について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。

 

ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪

 

☆良くある質問タイム

ですが、本当に消毒に意味は無いのでしょうか…?

 

はい、ありません。菌を殺して治りが早くなったという、医学的エビデンスが無いのです。

 

では、もっと強い消毒なら…?

 

もっと人間の細胞が死んでしまいます。治りが悪くなります。

 

採血の時に消毒してるじゃん…?

 

慣習的にやっているだけです。患者さんが「消毒もしないで採血された!」って言わなくなれば、誰もやりません(・ω・)

☆消毒をしないから化膿しないのではありません

消毒をしないから化膿してしまうのではありません。

 

嫌でも傷から菌は入ってしまいます。

 

しかし、すぐに化膿したりはしません。

 

化膿するのは、そこに「菌が守られたり、増える環境が整った場合」なんです。

 

例えば、木の破片が分かりやすいと思います。

 

傷口から菌が入ると、人間の中の白血球が菌を食べに行きます。

 

しかし、白血球にも大きさがあるので、もぐりこめない場所もあるのです。

 

木の破片の隙間です。

 

そこで菌が増殖してしまうと、化膿してしまうのです。

 

それでは、治療はどうすればいいでしょうか。

 

そうですね、それらの隠れ家を取ってしまう事です。

 

それを、医学的に「感染源の除去」と言います。

 

感染源(木片)があれば取り除けばいいのです。

 

取り除くためには、まずは水で洗い流すことです。

 

とにかく、水で洗い流してあげてください。

 

難しくなってきてしまったので、すごく簡単に、格好良くまとめたいと思います。

 

結論として、「けがをしたら、消毒液を使わず、良く洗う(感染源の除去)」というのを覚えておいてください。

 

☆傷(ケガ)の治し方についての動画を作りました

傷(ケガ)の治し方について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪

 

※参考文献
創傷治療の常識非常識{消毒とガーゼ}撲滅宣言(三輪出版)