病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《歯科衛生士直筆》虫歯になりやすい?虫歯の原因と予防の話


こんにちは!

 

からだプラン代表医師の橋本です。

 

内科医として働いています。

今回は、虫歯にスポットを当ててみたいと思います。

☆虫歯とは

虫歯とは簡単にいうなれば酸によって歯が溶ける病気です。

 

口内の細菌が糖質によって生成した酸が原因となります。

 

どの世代でも見る事ができる一般的な病気として知られています。

 

歯垢とは

虫歯が発生する流れとしては、まず、ミュータンス菌と呼ばれる細菌が歯に付着した糖質から歯垢を生成します。

 

その歯垢の中で他の様々な菌が酸を作ります。

 

この仕組みにより、歯垢を生成するミュータンス菌は虫歯菌と呼ばれることも多いです。

 

虫歯はエナメル質、象牙質、神経、歯の根っこと進行していきます。

☆原因

感染

前述で虫歯を生じさせる代表的な細菌としてミュータンス菌をご紹介しました。

 

このミュータンス菌は唾液を介して感染する事が知られています。

 

だいたい3歳までにミュータンス菌に感染しなければ感染しにくいと言われています。

 

生活習慣

ミュータンス菌だけが虫歯の原因ではありません。

 

歯磨きを怠る事で歯垢が溜まり虫歯ができます。

 

また、糖質を多く含む食事は口内環境を弱酸性から酸性に変化させる事が知られており、虫歯になりやすい環境を作ります。

 

さらに、食事だけでなく間食で甘いお菓子などを食べると、更に虫歯になりやすいです。

 ☆虫歯の第一段階

不十分なブラッシングなどが原因で、歯の一番外側のエナメル質が酸により溶かされます。

 

特に歯のくぼみは歯ブラシが当たりにくく注意が必要です。

 

症状

この段階の症状としては何もありません。

 

しかし、自覚症状がないが為に自分で気がつく事ができない段階でもあります。

 

定期的に歯医者で検診する事で状態を確認する事で痛みも費用もなく治療ができます。

 

治療

この状態では経過観察を行います。

 

ブラッシング方法や食生活の指導が行われ積極的な治療は行われません。

 

この段階以上に進行させない事が目的となります。

☆虫歯の第二段階

エナメル質の下層の象牙質まで虫歯が進行した状態です。

 

虫歯により凹みが生じている為ブラッシングが困難になります。

 

この段階では歯垢が溜まりやすく進行も早くなります。

 

症状

第二段階初期ではほとんど自覚症状はありません。

 

しかし、虫歯が神経に近づくにつれて痛みが出始めます。

 

また、甘いものや冷たいものがしみる症状も見られ始めます。

 

治療

この段階の治療は虫歯部分を専用機器で取り除きます。

 

また、虫歯によって生じた穴に詰め物を入れて蓋をします。

 

詰め物の種類はいくつかあり、目立たないものや丈夫なものなどがあります。

☆虫歯の第三段階

虫歯が神経に達した段階です。

 

症状

この段階では激しい痛みを感じます。

 

また、鼓動に合わせてズキズキとした痛みが感じられ、場合によっては寝ることも困難な状況になることもあります。

 

治療

この状況になると神経の治療を行います。

 

歯の中に先が細い器具を挿入し掃除を行います。

 

虫歯の状態に応じて1~3回ほどの治療が行われます。

 

早期に治療を始めるほど治療期間は短くなります。

☆虫歯の第四段階

この状態は歯の根っこに虫歯が達している状態です。

 

症状

この状態では、神経細胞が死んでいる為痛みはありません。

 

そして、歯の根っこ部分に膿が溜まります。

 

更に進行することで骨にまで虫歯が達すると骨髄炎になる場合があります。

 

治療

この段階の治療では抜歯が必要となる場合が多いです。

 

抜歯を行った箇所にはインプラントなどで補うことになります。

 

また、抜歯だけでは不十分で、口腔外科で手術を行う状況になっている場合もあります。