病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》痛い?痛くない?いぼ痔の原因治し方について!

こんにちは。からだプラン代表医師の橋本将吉です。

 

皆さんご存知の通り、病院には毎日沢山の人が来院します。

 

その中には、じっくり時間をかけてお話しすることが出来たら、良くなるだろうなという患者さんもいらっしゃいます。

 

そこでからだプランの出番です!

 

からだプランでは、医学をもっと身近に学んでもらえるよう、健康ブログを発信しています。

 

今回はいぼ痔について解説します(*^^*)

 

分かりやすく書いているので、是非参考にしてくださいね♪

 

☆いぼ痔とは?

いぼ痔は、2種類あり、内痔核、外痔核があります。

 

内痔核

内痔核とは、肛門の内部の血管の流れが悪くなり、こぶのように腫れた状態のことを言います。

 

表面が皮膚ではなく、直腸粘膜となっています。

 

内痔核の発症に男女の差はないとされています。

 

内痔核の重症度は以下の4つに分けられます。

 

1度:出血があるけれど、肛門の内側に留まっている

2度:腫れが強くなり、排便時などいきんだときに肛門から外へ出るが、元に戻る

3度:排便時に飛び出すと、指で押し戻さないと戻らない

4度:外に飛び出したままで押し戻すことが出来ない

 

しかし、これらの症状が出ても、痛みはほとんどありません。

 

外痔核

一方で、外痔核は、肛門周囲に出来た腫れものです。

 

肛門の周りの血管に血栓と呼ばれる血のかたまりが詰まり、血流が悪くなることが主な原因とされています。

 

肛門の外側に血まめができた状態のことを言います。

 

内痔核と違い、外痔核は女性に多いと言われています。

 

また、激しく痛むことが多く、血便が出たり、血液が下着に付着することもあります。

 

☆いぼ痔の原因

それでは、いぼ痔の原因とは何なのでしょうか?

 

内痔核の原因

内痔核は、便秘や排便時のいきみが強いことが主な原因です。

 

また、それだけでなく、長時間同じ姿勢をとったり、ずっと座ったままの状態も原因と言われています。

 

肛門部に負担がかかってしまうことが原因として挙げられます。

 

外痔核の原因

一方で、外痔核の原因は、冷えや重いものを持つこと、アルコールの取り過ぎが挙げられます。

 

内痔核の原因と同じものでは、便秘、立ちっぱなしや座りっぱなしといった長時間同じ姿勢だということが原因と言われています。

 

☆いぼ痔の対策

それでは、いぼ痔の対策はどのようにしたら良いのでしょうか?

 

対策1 いきみすぎない

まず、いぼ痔の対策として大切なのは、いきみ過ぎないこと!

 

いきみすぎることにより、症状の悪化に繋がります。

 

「とにかく便を出したい」と思うあまり、長時間いきみ続けると、強い腹圧が肛門への負担になります。

 

無理して排便をしないようにしましょう。

 

また、トイレではウォシュレットを使うことも効果的です!

 

トイレットペーパーを使うと、刺激で出血や痛みを伴う場合があるからです。

 

また、長時間同じ姿勢で座らないようにすることも大切です!

 

なるべく体位を変更しましょう(*^^*)

 

内痔核の場合は、無理に押し込み続けると、さらに炎症を起こす危険性があり、腫れや痛みもひどくなるので、無理に触ったり押し込んだりしないことが重要です。

 

対策2 入浴

いぼ痔はとにかく患部を温めることが大切です。

 

それは、温めることで血行が良くなるからです(*^^*)

 

ですので、なるべく湯船につかり、血行を良くしましょう。

 

オススメは、38度~40度くらいの熱すぎない温度設定です。

 

また、入浴することで、痛みの軽減にも繋がります!

 

なるべく毎日湯船につかることを心掛けてください(*^^*)

 

対策3 生活習慣の改善

いぼ痔の原因には、便秘、下痢があります。

 

その便秘や下痢の症状を抑えるためにも生活習慣の改善が大切です。

 

まずは食事について。

 

和定食のようなバランスの取れた食事を心がけましょう。

 

また、野菜を沢山食べる事が大切です。

 

いぼ痔の対策には食物繊維が効果的であると言われています。

 

食物繊維は、キャベツなどに含まれています。

 

いぼ痔が気になる方は、是非意識して摂取して欲しいと思います。

 

そして、運動です。

 

運動をする事で腸の動きが活性化されます。

 

また、運動をする事で意識的に水分をとるようになります。

 

水分は便秘改善に役立ちます。

 

是非意識して水を飲み、運動で腸の動きを活性化してください(*^^*)

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はいぼ痔について解説させて頂きました。

 

いぼ痔は悪化した際、手術が行われることもあります。

 

手術にならない為にも、普段からの姿勢や生活習慣の改善を心がけましょう(*^^*)

 

最後までお読みいただき有難うございました!

 

からだプラン 代表医師 橋本将吉