健康ブログ

《医師直筆》長引く咳は咳喘息?喘息の原因や治し方について

からだプラン編集部

こんにちは。

 

からだプランの橋本です。

 

普段は内科医として働いています。

 

今回は、気管支喘息についてのお話です。

 

先日、喘息の患者さんとの会話を(盛り付けて)ご紹介したいと思います。

 

 

患者さん
「先生はじめまして。いつももらっている喘息の薬ください。」

 

橋本
「はいはい。あれ、かかりつけの呼吸器科はないんですか?」

 

患者さん
「んーいつも内科でもらってます。」

 

橋本
「あ、そうですか。ちなみに発作は落ち着いていますか?」

 

患者さん
「時々やばい時あります。最近は回数もちょっと多いかもしれません。」

 

橋本
「え、それってコントロールの薬が足りてなかったりするんじゃない?」

 

患者さん
「コントロール?なんのことでしょう?」

 

橋本
「コントローラーとか長期管理薬とか聞いたことありません?」

 

患者さん
「昔聞いたことがあるような、、、。」

 

橋本
「では、これを機にちょっと喘息治療を見直してみましょう!」

 

ということで、今日は喘息治療についてのお話をしたいと思います。




☆そもそも喘息ってどういう病気?

まずは、喘息がどういう病気なのかという事について説明したいと思います。

 

呼吸の仕組みから

まずは呼吸の仕組みについてお話したいと思います。

 

人は息を吸って、息を吐いて、吸って、吐いて、という動作を繰り返して、空気中から必要な酸素を取り入れ、不必要な二酸化炭素を体の外に捨てます。

 

それを呼吸と言います。

 

もし呼吸が出来なくなってしまうと、身体は酸素が足りない状態になってしまいますし、また二酸化炭素がたまってしまいます。

 

そうすると、身体中の細胞が死んでしまいます。

 

もし喘息になると

今度は喘息の状態について知りましょう。

 

喘息では、「息を吐くときの」途中にある「気管」という部分が狭くなってしまいます。

 

すると、この「息を吐く」事が出来なくなってしまいます。

 

イメージが湧きづらいと思いますので、ちょっとやってみましょう。

 

息を吸ってーーー、はい、吐かないでーーー、はい、息を吸ってーーー、はい、吐かないでーーー

 

どうですか?かなりつらいと思います。

 

息を吸えない怖さと、息を吐けない怖さ、どちらも大変なのが分かってもらえたかと思います。

 

つまり、喘息はとても辛い状態を引き起こすだけでなく、そのまま酸素が入ってこなければ、命が危険になる場合もある、とても危ない病気です。




☆喘息の原因

喘息は、気管が狭くなってしまう病気であるとご説明しました。

 

炎症を起こした場所はむくんで膨らんでしまうので、気管に炎症が起きると、気管が狭くなり喘息発作が起きてしまいやすくなります。

 

その炎症の原因をいくつかご紹介したいと思います。

 

アレルギー物質

喘息の約9割がこのアレルギー物質によるものと言われています。

 

喘息を引き起こすアレルギー物質としては、

 

○ハウスダスト

○花粉

○卵

○動物の毛

 

などが挙げられます。

 

結構身近にあるものが多いですよね。

 

 

有害物質

また喘息を引き起こすとして様々な有害物質が知られています。例えば、

 

○ホルムアルデヒド

○殺虫剤

○排気ガス

○タバコの煙

 

などが挙げられます。

 

最近はPM2.5による可能性も有名になってきました。

 

ちなみに、これらは一般的に、喘息だけでなく様々な悪い影響を引き起こす可能性があります。




☆喘息(ぜんそく)についての動画を作りました

文字が多いので、ここで動画の気分転換です♪

喘息(ぜんそく)について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。

 

ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪




☆喘息の症状

うまく呼吸できない

喘息といえば息を吐くときに『ゼーゼー』という音を出すイメージが強いと思います。

 

この症状は、喘息の代表的な症状で、狭い気管を空気が通るために音が出ます。

 

口笛を吹くようなイメージですね。

 

喘息では激しい咳を伴う事が多いです。咳は炎症をさらにひどくしてしまい、より喘息発作を強めてしまいます。

 

苦しいのは良く分かるのですが、強い咳は逆効果です。

 

不眠

喘息は夜間から朝方にかけて症状が出やすい傾向があります。

 

理由は、人間は夜になると副交感神経が優位になる為、気管が狭くなり、出入りする空気がぶつかりやすくなるからかもしれません。

 

そのため、発作が誇ると、睡眠が十分に取る事ができず、不眠の原因になる事があります。




☆咳喘息についても

さて、ここまで喘息についてお話してきましたので、最近やっと有名になってきた咳喘息についてもお話したいと思います。

 

咳喘息と喘息の違い

結論からお話しますと、咳喘息は「喘息の前の段階」と言われています。

 

よくあるエピソードとしては、次のようなものです。

 

①喉や気管にばい菌が入る(風邪をひく)

②咳をするようになる

③咳を強くしすぎてしまい、どんどん気管が傷ついてしまう

④気管が修復されるが、固くなったり狭くなったりして、出入りする空気がぶつかりやすくなる

反射でもっと咳をしてしまう

⑥咳が治りづらくなる

⑦一か月以上経過して、慢性的になってくる

⑧徐々に喘息に移行していく

 

こうならないためにも、咳が治りづらくなってきたな、と思ったら、是非我慢をせず、内科や呼吸器科を受診してください。

 

咳を止める薬や、気管を広げて呼吸をしやすくなるお薬など、処方してもらう事が出来ます。




☆喘息の治療

喘息の治療方法は、会話にもあったように、二段階に分かれます。

 

長期管理

その一つが、普段から発作が起きにくいようにしておく「長期管理(コントロール)」です。

 

出来るだけ喘息の原因となるアレルギー物質などを避けることで発症を予防します。

 

そのためには、自分がどのような原因で喘息を起こしやすいかを、突き止めておく必要があります。

 

しかし、自分で原因をみつけるのは大変難しいので、呼吸器内科のかかりつけの先生を持つことをお勧めします。

 

急性発作時の治療

ぜんそく治療のもう一つが、発作が起きた時に抑える「急性発作時の治療(リリーブ)」です。

 

そしてその発作を和らげる薬をリリーバーと言います。

 

発作が起きたら、さらにひどくなる前に、出来るだけ早く使用することをおすすめします。

 

そのためには、普段から薬がなくならないように、きちんと呼吸器内科のかかりつけの先生がいる事が大切ですね。




☆喘息の予防

禁煙

喘息の予防を考えると禁煙は非常に重要です。

 

タバコ自体が有害物を含んでいるだけでなく、咳の症状がタバコによりものか喘息によるものか、分からなくなる事も挙げられます。

 

原因物質からの避難

アレルギー物質や有害物質が喘息の原因になる事をお話ししました。

 

よって、これらの原因の物質から非難する事が重要です。

 

ほこりやハウスダストやダニなど、部屋をよく掃除しておく、というのも重要になりますし、押し入れから出したばかりの毛布を使わない、なども重要です。

 

呼吸器内科のかかりつけを持つ

必ず呼吸器内科のかかりつけの先生を持ちましょう。

 

喘息の治療には2種類あるとお話ししました。

 

それらの薬を普段からきちんと手元に持って置き、必要な分を内服し続ける事は、一生を左右する事です。

 

危ない時には窒息で無くなってしまう事もある病気です。




☆喘息(ぜんそく)についての動画を作りました

喘息(ぜんそく)について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。

 

ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪




他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません