健康ブログ

《医師直筆》熱中症は汗と吐き気が出る!熱中症になったら?

からだプラン編集部

こんにちは。

 

からだプランの橋本です。

 

普段は総合診療医として働いています。

 

今回は、これからの時期に多い、熱中症についてのコラムを書いてみたいと思います。

 

熱中症を予防する方法は下の方にまとめてありますが、途中の方には、医学を楽しんでもらえるように、その理屈がずらずらと書いてあります。

 

へ~と楽しんで読んでみてくださいね。

☆熱中症についての動画を作りました

以下、説明が長くなるので、解説動画を撮影しました♪

熱中症について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。

ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪

 




熱とは

さて、熱中症の話をする前に熱について話をしてみたいと思います。

 

人間は生命活動をしていく上で多くの熱を生み出します。

 

食事を摂ったり運動をすると体が熱くなる事をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

また、熱は筋肉が動くだけでも熱は生成されます。

 

そして、人間は生きている限り心臓や肺が動き続けています。

 

つまり、人間は生きていれば誰でも必ず熱を常に生成していることになります。

 

熱が低いと

人間は体温が低くなりすぎると低体温症になります。

 

低体温症を発症すると不整脈になったり、意識がなくなるなどの症状が見られます。

 

また、最悪の場合には命に危険が生じる事態になります。

 

熱が高いと

低体温症とは逆に熱が高すぎてもよくありません。

 

体温が高くなりすぎることで細胞が破壊されて生じる障害を熱中症と呼びます。

 

熱中症も命に危険が生じる事態に発展する事があります。




☆体温が高くなると

人体は体温が高くなるとそれを下げようと様々な反応を起こします。

 

その中のいくつかをご紹介しましょう。

 

呼吸が浅くなり増える

体温が高くなると冷たい空気を吸ったり、身体の中の熱い空気を排出することで、体温を下げようとします。

 

ハアハアと呼吸が浅くなる数が増える状況をイメージするといいかもしれません。

 

汗をかく

汗をかくことで体温を下げようとします。

 

汗は蒸発する時に皮膚の熱を奪い体温を下げる作用があります。

 

夏の熱い日に汗をかくのはこの為です。

 

また肥満の人は体脂肪で熱が逃げにくいので、汗をかきやすい傾向があります。

 

体が赤くなる

体温が高くなると身体が赤くなる反応が見られます。

 

体が赤くなると書きましたが、正確には身体の表面の血管を広げている為に血流が増え赤く見えます。

 

体の表面近くの血管を広げる事で外に熱を逃がそうとする為にこの反応は起こります。




これでも熱が逃げない場合

これでも熱が逃がし切れない場合に熱中症になります。

 

熱中症を引き起こすと様々な症状が見られます。

 

ここではそのいくつかをご紹介します。

 

めまい

熱中症になるとめまいや立ちくらみを感じる事があります。

 

また、一時的に意識が遠のくこともあります。

 

筋肉の痙攣

熱中症では大量に汗をかくことにより、血液中の塩分が足りなくなります。

 

その結果、筋肉の痙攣や手足がつる症状が見られます。

 

吐き気

熱中症を発症すると、吐き気が生じます、また吐き気だけでなく嘔吐することもあります。

 

また、同時に頭痛や体に力が入らなくなるなどの症状も見られる事があります。

 

汗の異常

熱中症になると、汗が拭いても拭いても止まらなかったり、逆に、暑さを感じているのに汗が出なくなったりと、汗のかき方に異常が出ます。

 

意識障害

重度の熱中症の場合では、

 

呼びかけに応答しない、的外れな応答をするなどの、意識障害が見られます。

 

この状態になると同時にまっすく歩けない歩行障害や、ひきつけを起こす事があります。すぐに病院に行かなくてはいけません。




熱中症になりやすい状況とは

熱中症は環境によって引き起こされる事がほとんどです。

 

ここでは熱中症を引き起こしやすい環境をご紹介します。

 

気温が高い

当然ですが気温が高い時には、身体から熱が逃げにくいです。

 

何故なら熱は熱い所から寒い所に行くからです。

 

真夏など気温が高くなる事がわかっている時は熱中症対策をする必要があります。

 

湿度が高い

湿度が高い事で汗が蒸発する事ができず、身体から熱が逃げ辛くなります。

 

イメージとしては、雨の日は洗濯物が乾かない事を想像すれば分かりやすいと思います。

 

地面が熱い

熱が来るのは太陽からだけではありません。

 

夏にはコンクリートからの熱も相当な量になります。

 

日が照っていないからと油断してはいけません。




☆熱中症予防

こまめな水分補給

熱い日は汗を大量にかき水分が不足してしまいます。

 

水分をこまめにとり水分を補給しましょう。

 

また、スポーツ飲料などは塩分なども含まれており、汗で失った塩分も補給できます。

 

睡眠環境を整える

熱中症は日没であっても関係なく発症します。

 

寝ている時に熱中症にかかってしまうと対応が遅れてしまい、重篤な症状に発展するケースも多くあります。

 

また、睡眠環境を整える事で十分な睡眠がとれ、翌日の熱中症予防にも繋がります。よく眠るようにしましょうね♪




☆熱中症になったら

熱中症になったら、全力で熱を逃がすしかありません。まずは涼しい場所へ移動し、水分を補給しましょう。

 

また、熱中症は命に関わる事態へ発展する場合があるため、すぐに病院へ行きましょう、場合によっては救急車を呼ぶ必要もあります。

☆熱中症についての動画を作りました

熱中症について、からだプランメンバーで色々語り合った動画を作ってみました。

ブログではニュアンスが伝わりにくい話も盛り沢山にしているので、是非覗いてみてくださいね♪

 




他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません