病気の原因や治療、健康ダイエット法を知ろう!

《医師直筆》免疫って何?仕組みを簡単に分かりやすく解説!

 

☆はじめに

こんにちは!からだプラン代表医師の橋本将吉(まさよし)と申します!

 

からだプランでは、「楽しく正しく」をモットーに、誰でも分かりやすいように、簡単な健康情報を発信しています。

 

ブログの対象は、一般の方でも大丈夫ですし、医療従事者の方の復習や、医学生や看護学生などの医療系学生でも読めるように書いています。

 

医学は難しい事も多いですが、分かってくると、とても楽しいものだったりします(私、橋本は医師であり、医学マニアです)。

 

出来るだけわかりやすく解説していきますので、気軽に読み進めてくださいね。

 

ちなみに私は、普段は現役の内科医として働いていますが、病院に誘導するようなブログは作っていませんので、ご安心くださいませ。

 

このブログを元に、自分に合った、自分の健康の作り方について、考えを深めてもらいたいなと思っています。

 

さて、今回は「免疫とは何か、簡単に分かりやすく」というテーマでお話していきます。

 

最近は「はたらく細胞」という漫画が有名になりましたし、免疫力についてはニュースの特集や、書籍でも話題になったりして、色んな人が「免疫」という言葉を使うようになりました。

 

 

内科医としては、みんなが医学について考えてくれるようになって、嬉しいのであります。(*´▽`*)

 

さてそれでは早速、免疫や免疫力の仕組みについて話をしていきたいと思います!

 

 

☆免疫や免疫力とは何か?

まず、免疫とは何かについて、分かりやすく説明したいと思います。

 

免疫とは、「自分の身体の中に入って来たばい菌と戦う事」でございます。

 

医学的には「体内に侵入した病原体や毒素などの異物に対しての抵抗」と定義されます(からだプランでは、時々かっこつけます)。

 

 

絵が上手だと思いましたか?下書きまでしたのです。丁寧な橋本を褒めてくださいませ。(*^▽^*)

 

そしてその話の流れで、免疫力とは何かと言いますと、「自分の身体の中に侵入してきた、ばい菌と戦う力」という事になります。

 

ちなみにばい菌とは、ここでは詳しくは触れませんが、細菌や真菌(カビ)、ウイルスや寄生虫などの事を指します。

 

全てのばい菌が悪いわけではありませんが、毒素を出したり、人間の身体に悪さをするばい菌は存在しますので、それらと戦う力を持っていないといけない、それが免疫力だ、という仕組みなわけですね。

 

 

☆免疫の仕組み

 

さて、免疫力が抵抗力だ、という事は理解できたと思います。

 

今度は、その免疫の仕組みについて、簡単に分かりやすくお話したいと思います。

 

ちなみに皆さん、血液の中には何があるか知っていますか?

 

はい、酸素を運ぶ赤血球は一つの答えですね!正解です。他には思い浮かびますか?

 

血を止める血小板も一つの答えになりますね。

 

 

漫画のはたらく細胞だと、こんなかわいい姿をしています。

 

そしてもう一つ大事なのは、白血球ですね!

 

白血球は、人間の身体に侵入してきた異物(病原体や毒素)と戦ってくれる役割を持ちます。

 

ちなみに、漫画の「はたらく細胞」では、イケメン達が登場しました。

 

 

そうは言っても、白血球のイメージと言うのは、医学生や看護学生にも分かりにくいものなので、ここではイメージを膨らませるために、ちょっと掘り下げたいと思います(さすがからだプラン)。

 

実は、白血球というのは、色々な種類の細胞達をまとめて呼んだものです。

 

例えば、コーヒーと言っても、ブレンドコーヒーだったり、アメリカンコーヒーだったり、色々な種類がありますよね。

 

同じように、白血球にも色々な種類があります

 

そこで今回のブログでは、白血球の中でも重要なものを、いくつか簡単に紹介したいと思います。

 

ちょっと医学の専門的な話も出てくるので、白血球にも色々な種類があるんだなーぐらいに読み進めてくれると良いと思います。

 

 

○好中球

好中球は、体の中にばい菌が入ってきたときに、一番初めに向かって戦いに行く役割を持っています。

 

からだプラン流に言うと、いわば「切り込み隊長」のイメージです。

 

実際の例を上げてみたいと思います。

 

例えば、スポーツをしていて転んでけがをしたとします。

 

その時に、皮膚に傷がついて、地面のばい菌が、体の中に侵入します。

 

ここで、好中球の出番です!

 

血液中にいる好中球は、普段から血管の中にいて、全身を回っているので、ばい菌が入ってきた場所に、即座に駆け付けることができます。

 

これを医学的には「遊走」と言います。(ちょっとかっこいい)

 

侵入してきたばい菌を、いち早く発見し、好中球はばい菌を食べます。

 

これを医学的には「貪食(どんしょく)」と言いましたね。(さらにかっこつける橋本)

 

これが、白血球の一つ「好中球」の役割です。

 

ちょっと好きになりますよね。(≧▽≦)

 

 

○マクロファージ(単球)

次はマクロファージについてです。

 

マクロファージは、血液中の中にいる時には単球と呼ばれるので、小見出しは「マクロファージ(単球)」としています。

 

ばい菌の侵入した所にたどり着くと、血管の中から出て来て、マクロファージと呼ばれます(ちょっと専門的な解説)。

 

先程お話した好中球と少し似ていますが、単球(マクロファージ)は、細菌の他にも、異物やウイルス感染細胞、癌細胞など様々な敵をやっつけてくれます。

 

ありがたいですね。

 

 

○抗体

抗体とは、人間の身体の中で作られる、タンパク質の一つです。

 

以前、自分の身体の中に入って来たことのある敵に対して、即座に襲い掛かり、やっつけてくれます。

 

ちなみに、この抗体を作ってくれている細胞は、形質細胞(メモリー細胞、記憶細胞)と言って、Bリンパ球という白血球のうちの一つだったりします。

 

なので、丁寧に言うと、抗体そのものは白血球から作られるものなので、白血球ではありません(からだプランの橋本は、小さい事にもこだわります)。

 

 

☆からだプランでは動画でも解説しています

さて、ちょっと文字ばっかりで疲れて来たと思いますので、youtubeでも見てみましょう。

 

からだプランでは、顔出し全開の医者ユーチューバーである橋本将吉(この記事書いてる張本人の私)が、動画でも分かりやすく、そして簡単に医学を解説しています。

 

どうぞ楽しくご覧くださいませ。

 

この時はちょっとはげてますね。髪の毛は自分で切るべきではありません。

 

免疫の仕組みが、ちょっとでも勉強になりましたか?笑

 

チャンネル登録は、お金のかからない応援だと思ってくださいませ(押し売り)。

 

 

☆免疫の種類

さて、気分転換も出来た所で、徐々に専門的な話になってきます。

 

ちょっと自己紹介をしますと、私は内科医である傍ら、実は医学生や医療系学生を教える講師業もしております。

 

その時によく聞かれる話を、一般の方にも分かりやすいように、出来る限り簡単に解説しようというものです。

 

それでは、免疫の種類についてお話したいと思います。

 

免疫には2種類あります。

 

一つは自然免疫という仕組みです。

 

自然免疫

自然免疫はその名の通り、「自然に備わっている免疫」の事で、ばい菌(細菌や真菌などの事でしたね)が入って来た時に、いち早くそれを感知して、排除に向かう免疫システムです。

 

その自然免疫を担当しているのは、好中球マクロファージ、樹状細胞などの細胞です。

 

ちなみに彼らは、ばい菌を、まるで「食べる」ように動くので、食細胞と呼ばれたり、貪食細胞と呼ばれたりします(貪り食う、とまで言われてしまう医学の世界に、橋本は笑う)。

 

からだプラン流に簡単に分かりやすくまとめると、人間の防御機能(免疫機能)の最前線で活躍している免疫力で、人が簡単に風邪をひかない仕組みと言えるでしょう。

 

なんか絵が描きたくなってしまったので、橋本将吉直筆イラストをお楽しみくださいませ。

 

 

獲得免疫(細胞性免疫と液性免疫)

次に、獲得免疫の仕組みについて説明したいと思います。

 

獲得免疫とは、やはりその名の通り「獲得した免疫」のことを言います。

 

ちょっと簡単に分かりやすく説明すると、人間は生まれてから、沢山のばい菌に侵入されます(想像したくもない)。

 

そして、身体の中で沢山のばい菌と戦います(免疫反応、生体防御反応)。

 

これは宿命です。

 

しかし、何度も何度も同じばい菌が入ってくるので、その度に初めて入って来たかのように戦っていると、エネルギーが無駄で非効率です。

 

そこで、人間は同じばい菌が入って来た時には、もっと効果的に排除する仕組みを手に入れました。

 

それが獲得免疫です。

 

つまり、からだプラン流に簡単にまとめると、獲得免疫とは「生まれてから成長するにつれて獲得していく免疫」なのです。

 

ちなみに、獲得免疫を担当しているのはT細胞やB細胞と呼ばれるリンパ球や、B細胞(形質細胞)に作られる抗体となります。

 

さて、どんどん難しくなってきたので、ここら辺で橋本将吉直筆の素晴らしい芸術的な図で、免疫の種類をまとめたいと思います。

 

 

図を見ると分かると思いますが、自然免疫と獲得免疫、細胞性免疫と液性免疫は、図のような関係になっています。

 

違いが分かれば、試験も難しくありませんね。(*´▽`*)

 

 

☆免疫力の測り方

さて、外来をやっていると、時々面白い質問をもらいます。

 

ちょっとご紹介します。

 

患者さん 「先生、ちょっと昨日ニュース見たんだけど聞いてくれない?」

 

橋本   「俺は主婦仲間かっ。( `ー´)ノ」

 

患者さん 「先生、私の免疫力、どれくらいか計ってくれない?」

 

橋本   「へ?どういうこと?」

 

患者さん 「なんか、免疫力が高いか低いか、簡単に検査してほしいの。」

 

橋本   「ドラゴンボールのスカウターみたいな?グラサンでピッ、みたいな。」

 

患者さん 「何を言ってるか分からないんだけど、とりあえず血液検査して頂戴な。」

 

橋本   「私の戦闘力は53万です。」

 

さて、最後はドラゴンボールを知らない人には、何の事だか分からないと思いますが、みなさん、免疫力を簡単に測ることは出来ると思いますか?

 

ここまでしっかり読んでくれた人には、それがいかに困難な事か、分かると思います。

 

血液検査で、色々な白血球の数を測る事は出来るかもしれませんが、風邪をひいた時には、それらの数は増えているので、指標にはなりません。

 

また、白血球を作っているのは、骨髄と呼ばれる骨の中です。

 

もし、血液の中以外の白血球の数を調べようと思ったら、骨髄検査(マルク)が必要です。すぐに出来る検査ではなく、とても侵襲的な検査です。

 

しかし、数を調べたからと言って、それが免疫力なのかと言われれば、そうではありません。

 

勉強して頂いた通り、免疫には色々な種類があり、色々な仕組みがあるのです。

 

はっきり言うと、免疫力とは抵抗力の事なので、病気になっていない時の抵抗力を調べるのは、意味がなく、不可能で御座います。

 

ただ、普段から自分の身体の事を知っておこう、という考え方は、とてもとても素晴らしい、大切な事だと思います。(*^▽^*)

 

体温計で自分の平熱を知っておく事や、普段から血圧計で血圧を測る癖をつけて、塩分を控える食事の意識を高める事など、色々出来る事があると思います。

 

どちらにしても、熱が出てから買いに行くのは大変ですので、体温計血圧計を持っていない人は、この機会に持っておいてくださいね。

 

 

☆終わりに

いかがでしたでしょうか。

 

からだプランでは、みんなが楽しく分かりやすく、そして出来る限り簡単に医学を学べるよう、健康情報ブログを発信しています。

 

他にも、免疫力の上げ方や他のブログを読んでみたい人は、こちらを見てくださいね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

からだプラン代表 内科医師 橋本将吉