健康ブログ

【事業者様向け】お客さんが集まっているジムの魅力を調べる

からだプラン編集部

①はじめに

お世話になっております。からだプランのマーケティング部部長の平野是須(これひさ)と申します。経歴としては、アメリカの経営学部を卒業した後、日本の中小企業から大企業まで様々なジャンルのマーケティング経験があります。22年間の集客ノウハウを活かし、今回は「お客さんが惹かれるジムの魅力とは」というタイトルでコラムを書きたいと思います。

 

 

②エピソード

当からだプランは無料相談を通して、ジムの集客に特化したな様々なノウハウを築き上げてきました。そこで今回は、ジムの経営に必要なマーケティングの考え方について、とあるジムの経営者Dさんのエピソードをご紹介して、説明したいと思います。

 

経営者Dさん

「先生、ご無沙汰しております。先生のお陰様で、お客さんが増え、今や店舗拡大を考えています。」

 

平野 

「それは良かったです。久々でしたので、少々心配しておりました。ところで今日はどういったご相談で?」

 

経営者Dさん 

「はい。確かに事業が軌道にのったので店舗拡大をするのですが、一方で、競合他社に負けないために、ブランド作りといった意味で店舗拡大をするという側面もあります。」

 

平野   

「なるほど、それでなんとなく引っかかっていると。」

 

経営者Dさん 

「そうなんです。先生、ブランドって何なんでしょうか。店舗が沢山ある事がブランドなんでしょうか。」

 

平野   

「すごくいい質問ですね。ブランド作りには、確かにそういった面もあると思いますが、私はそれらも含めて四つの視点でブランドについて教えています。」

 

経営者Dさん 

「4つの視点ですか?」

 

平野   

「はい。ブランドとは、親密性・信用性・柔軟性・専門性の四つだと思います。店舗拡大は信用性というブランドになります。」

 

経営者Dさん 

「是非、他のも詳しく教えてください!」

 

 

③親密性

親密性というのは、お客さんとスタッフの「親しみやすさ」の事を言います。

 

ジムの集客について、まず思い返してほしいのが、お客さんがなぜジムを探すのか、ということです。ジムに通うことで美容効果や健康増進を期待しています。ですから、お客さん側も、「ここなら長く続けられそうだな」と思ったジムを選びます。

 

長く続けられるジムというのは、つまりお客さんを大切にしてくれるジムのことです。例えば、スタッフの説明が丁寧だったり、名前を憶えてくれていたり、優しかったりする事です。お客さんとスタッフの距離が近いジムは、客離れが減ります。

 

ですから、ジム側も、お客さんとの距離を縮めるために、顔を合わせる回数を増やしたり、お客さんの誕生日や記念日にちょっとしたプレゼントをしたり、イベントを出来るだけ頻回に企画したりといったことが重要になってきます。

 

親密性というのは、「親しみやすい」というブランドなのです。

 

 

④信用性

次に、信用性というブランドについて説明したいと思います。

 

と言っても、信用という言葉は誰もが知っている通り、「期待したことが返ってくるかどうか」という事です。ここでは、信用を創る方法についてお話したいと思います。

 

信用は、約束をどれだか守ってくれたか、ということですが、同時に、ジム側が「約束を投げかける」ことも大切になります。例えば、「また次の金曜日にお待ちしています」と、一言だけですが、スタッフとお客さんとで約束をしたとします。そして次の金曜日にお客さんが来た時に、そのスタッフが「こんにちは、お待ちしておりました」と声をかけます。そうやって信用を少しずつ増やしていくのです。

 

信用性は、このようにスタッフの教育も重要になってきますが、「期待したことが返ってくるかどうか」という重要なブランドの一つなのです。

 

 

⑤柔軟性

今日お話しする中で、一番忘れがちなブランドの一つが、この「柔軟性」です。柔軟性とは、お客さんの意見を聞き入れ、柔軟に対応するということです。簡単そうに聞こえるのでが、実はとても難しいのです。

 

インストラクターやスタッフは、お客さんにとっては先生なので、どうしても口調が「偉そう」になってしまう事があります。しかし、年齢的には年下である事も少なくないので、「なんだか感じが悪い」と思われてしまう事もあります。

 

つまり、スポーツ施設では、仕事の特性上、非常に難しいことでもあります。しかし、相手の意見を尊重したうえで「ではこんなのはどうでしょう」といったように、その意見を踏まえたものを提示できるようになると、それは一つの強みになります。

 

柔軟性は、「お客さんに合わせて意見を変えてくれる」というブランドの一つなのです。

 

 

⑥専門性

最後に、イメージがわきやすい「専門性」のお話をしたいと思います。専門性とは、プロフェッショナルであるという事です。

 

例えば、ジムやスポーツ施設のインストラクターは、運動についてだけでなく、食事管理についても詳しいことがアピールできれば、それが強みになります。当然、間違った知識にならないように、しっかり自身で勉強しなければなりません。同様に、栄養の知識がある人は、運動の知識や、医学の知識を持っていると強みになります。

 

また、信用のある媒体を利用することも一つの手です。SNSで怪しい情報を発信するより、よっぽど専門性のアピールがしっかりできます。当社は、医師直筆の専門コラムを発信しているので、もしよろしければそちらものぞいてみてください。

 

まとめると、専門性というのは「最先端のプロフェッショナルで、他の人には真似できない」というブランドなのです。

 

 

⑦まとめ

いかがでしたでしょうか。からだプランでは、長期にわたって効果的な集客を出来るサポートをしています。様々な方法をご紹介できますが、まずは集客に関して、無料相談をして頂くのが良いと思います。お気軽にお問合わせください。

 

無料相談はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません