健康ブログ

【事業者様向け】マーケティングはブランディングと区別せよ

からだプラン編集部

①はじめに

お世話になっております。からだプランのマーケティング部部長の平野是須(これひさ)と申します。経歴としては、アメリカの経営学部を卒業した後、日本の中小企業から大企業まで様々なジャンルのマーケティング経験があります。22年間の集客ノウハウを活かし、今回は「ジムの広告で、マーケティングとブランディングを区別しなければならない理由」というタイトルでコラムを書きたいと思います。

 

 

②エピソード

当からだプランは無料相談を通して、ジムの集客に特化したな様々なノウハウを築き上げてきました。そこで今回は、ジムの経営に必要なマーケティングの考え方について、とあるジムの経営者Iさんのエピソードをご紹介して、説明したいと思います。

 

経営者Iさん 

「先生、初めまして。本日ご相談させて頂きたいのは、今後の集客の方法についてです。」

 

平野  

「お任せください。」

 

経営者Iさん 

「現在、大手のジム紹介サイトに掲載しているのですが、値段が高いだけで、中々成果が上がらなくて。」

 

平野 

「なるほど。」

 

経営者Iさん

「ですが、それを辞めてしまうと、競合にお客さんを取られてしまうので、辞める事が出来ないといった状況です。」

 

平野 

「皮肉のようですが、まるで宣伝広告業にお金を払うために働いているようですね。」

 

経営者Iさん 

「本当にその通りなんです!先生、一体どうしたら良いのでしょうか。」

 

平野 

「それはつまり、ブランディングという概念を持つ必要がありますね。」

 

経営者Iさん 

「ブランディングですか?」

 

平野  

「そうです。目の前のお客さんを集める方法がマーケティングだとしたら、将来のお客さんを手に入れる方法がブランディングです。」

 

経営者Iさん

「具体的に言いますと、、、?」

 

平野

「他社との違いをはっきりアピールして、お客さんが自動的に入ってくる仕組みを作ることが出来れば、毎月の集客にお金をかける必要がなくなるという事です。」

 

経営者Iさん 

「ぜひ詳しく教えてください!」

 

 

③マーケティングとブランディングの違い

まずは、マーケティングとブランディングの違いを書いていきたいと思います。

 

この2つには様々な考え方がありますが、ここでは、マーケティングは目の前のお客さんを捕まえる方法で、ブランディングは将来にわたってお客さんを獲得する方法、とまとめた考え方をご紹介します。

 

マーケティングはイメージがつかみやすいかと思います。あなたのジムを知ってもらうための行動です。「認知」と表現することもあります。すでにあるマーケットに対して声をかけるのがマーケティングなのです。

 

しかし、マーケティングで出来るのは、この「認知」だけです。実は、入会の決め手になっている理由は別にあります。それがブランドです。

 

ブランドとは、インターネット上の口コミや、リアルな紹介の事を言います。つまり、いい口コミや紹介を獲得できれば、継続した集客が可能になるのです。これが、ブランディングという方法が、「将来のお客さん」を獲得する方法になります。

 

 

④生き残るのはブランド力

 

 

さて、ここで日本のフィットネスクラブ市場の概況を見てみましょう。市場としては牛丼チェーンと同じくらいで、ジムの数は10年前と比べて5%ほど増えました。また、ジムの会員数も年々増えています。

 

ジムの数が増えているということは、市場が拡大していく反面、その中で生き残るための施策を考える必要があります。目の前の集客だけに目を向けていては、生き残る事は困難です。

 

ここで必要になるのが、先ほど述べたブランドという概念になります。そしてブランドを作る事をブランディングといいます。マーケティング業界では、他社との違いという意味で「差別化」という表現を使う事もあります。どちらにしても、ブランドがないジムは、他社にお客さんをとられてしまうだけでなく、スタッフが移ってしまったりするので、広告費以外にも人材募集や人件費など、余計にコストがかかってしまいます。

 

また、上の画像にもあるように、お客さんの見る目はどんどん厳しくなっています。

 

「記事は誰が書いているのか」

「信用に値する口コミなのかどうか」

「根拠がある内容なのかどうか」

 

他社とはどう違うのか、というブランドについてしっかりと考え発信していくという事は、いずれにしても必要になるのです。

 

 

⑤ブランディングを意識した媒体を使う

フィットネス業界の盛り上がりに合わせて、ジムの紹介サイトというものも増えて参りました。お客さんも、ジムの紹介サイトを見て、初回体験につながり、入会するというパターンも少なくありません。

 

つまり、ライバルのジムの経営者さんも、そこに載せている可能性が高いのです。もちろん、載せなければ知られるチャンスそのものもなくなってしまいますので、載せること自体の意味は大いにあります。

 

ですが、差別化して生き残りをかける、という視点で見れば、それだけでは不十分な面があります。継続的な集客のためには、ブランディングにも意識を向けた媒体を利用した方が、長期的に見てもコストパフォーマンスが高いと思います。当からだプランでは、医師が紹介するという形でブランディングをサポートしています。興味があればお問い合わせください。

 

 

⑥まとめ

いかがでしたでしょうか。決して、マーケティングそのものが悪いのではありません。あくまでここのコラムで言いたいのは、ブランディングという新しい視点も必要である、ということだけです。からだプランでは、長期にわたって効果的な集客を出来るサポートをしています。様々な方法をご紹介できますが、まずは集客に関して、無料相談をして頂くのが良いと思います。お気軽にお問合わせください。

 

無料相談はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません