健康ブログ

【事業者様向け】ジム経営で重要な「安全性」について考える

からだプラン編集部

①はじめに

お世話になっております。からだプランのマーケティング部部長の平野是須(これひさ)と申します。経歴としては、アメリカの経営学部を卒業した後、日本の中小企業から大企業まで様々なジャンルのマーケティング経験があります。22年間の集客ノウハウを活かし、今回は「ジムの経営にとって重要な安全性について考えるコラム」というタイトルでコラムを書きたいと思います。

 

②エピソード

当からだプランは無料相談を通して、ジムの集客に特化したな様々なノウハウを築き上げてきました。そこで今回は、ジムの経営に必要なマーケティングの考え方について、とあるジムの経営者Dさんのエピソードをご紹介して、説明したいと思います。

 

 

経営者Dさん 

「お時間頂きありがとうございます。今回のご相談なのですが、当社のホームページで、健康コラムを書いて集客をすることになったのですが、ちょっと気になる事がありまして。」

 

平野  

「何でしょうか。」

 

経営者Dさん 

「はい。うちのスタッフがトレーニングについてコラムを書いているのですが、大丈夫なのかどうか心配になりました。」

 

平野  

「といいますと?」

 

経営者Dさん 

「トレーニングは身体に負荷をかけることなので、ある意味、素人の書いたコラムでケガをされたら、責任とかどうなってしまうのかなと心配で、、、。」

 

平野 

「そういう事もあるかもしれませんね。」

 

経営者Dさん

「やはりそうですよね、、、。しかし、お医者さんを雇うわけにはいかないので、どうしたらいいのかと。」

 

平野   

「安全性について、ちょっと一緒に考えてみましょうか。」

 

経営者Dさん 

「はい。」

 

 

③インターネットで何を発信するべきか

まずは、日本のフィットネスクラブ市場の概況を見てみましょう。市場としては牛丼チェーンと同じくらいで、ジムの数は10年前と比べて5%ほど増えました。また、ジムの会員数も年々増えています。ジムの数が増えているということは、その中であなたのジムが生き残っていけるようにする必要があります。

 

ここで経済産業省特定サービス産業動態統計調査によると、ジムに通った人の多くは、インターネット上の口コミを利用してそのジムを決めているということです。

 

 

これらの事実から、インターネット上で何を発信するべきかを考える事が重要になります。

 

 

④ネット上で安全性をアピールする

 

次に、ジムの集客にとって、盲点となりがちではあるが、とても大事なものをご紹介します。それは安全性です。

 

私たちは医師を中心としたチームで活動しています。様々な広告を読みますが、我々専門家から見ると、情報元やソースがはっきりしていないにもかかわらず、身体や健康について語られている危険なものが、かなり多く見受けられます(ウェルク問題は有名ですね)。

 

客観的に示されたデータ、さらに質のいいデータを基にした広告は、信頼性がとても高いです。専門家でなかったとしても、お客さんの見る目は大分厳しくなっていますので、きちんとした広告でなければ見透かされてしまいます。

 

 

⑤安全性は誰がどうやって学んでいるのか

では、その安全性ですが、誰がどのように学んでいるのでしょうか。結論から言うと、それは医師の専売特許と言えます。

 

人体にまつわる「安全性」を本格的に学ぼうと思ったら、医学部に入学して、医師になって、さらに二年の初期臨床研修を終える必要があります。医学部に入るための勉強の時間も入れると、十年以上はかかるのです。しかも、そこまでしてようやく、健康や人体の安全性といった分野の専門家としての入り口なのです。つまり、「安全」という単語は、簡単なようで実は非常に奥が深いのです。

 

医師と一緒に仕事をするようになると、嫌になるぐらい細かい指摘を受けます。それだけ、健康に関する広告は難しいのです。自社で健康コラムなどを発信する場合には、気を付けるようにしてください。無料ですので、一度当社にご相談頂ければと思います。

 

 

⑥まとめ

いかがでしたでしょうか。からだプランでは、長期にわたって効果的な集客を出来るサポートをしています。様々な方法をご紹介できますが、まずは集客に関して、無料相談をして頂くのが良いと思います。お気軽にお問合わせください。

 

無料相談はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません