健康ブログ

【事業者様向け】サイトマップだけはジムの経営者が作るべき

からだプラン編集部

①はじめに

こんにちは。ウェブデザイナーの中田波美です。とある芸術大学を卒業したのち、様々な業種のホームページのデザインを作ってきました。ある程度のコーディングも学んでいます。今回は、ホームページを作る際に重要な「サイトマップ」のお話をしたいと思います。

 

 

②エピソード

いつも通り、エピソードからお話したいと思います。私が経営者Kさんとお話した時の内容です。

 

 

経営者Kさん 

「中田さん、よろしくお願いします。ホームページのリニューアルを丸投げでお願いします。」

 

中田 

「丸投げは困っちゃいます。」

 

経営者Kさん

「え、どうしてですか?」

 

中田

「丸投げでは、いいものが作れないからです。」

 

経営者Kさん 

「了解です。そうしましたら、いいホームページを作って頂くために、私たちは何をしたらいいでしょうか?」

 

中田 

「ありがとうございます。そうしましたら、サイトマップ作りを、是非お手伝い頂きたいと思います。」

 

経営者Kさん 

「サイトマップとは?」

 

中田

「はい。どこをクリックするとどこのページに行き、最終的にはどこのページを見てもらって、問い合わせてほしい、と言うようなものです。サイトの地図という意味で、サイトマップと言われています。」

 

経営者Kさん 

「なんだか難しそうですね。」

 

中田 

「ある程度の知識があれば難しい事ではありませんし、サイトマップを複雑にしたら、お客さんも読みにくくなってしまいます。コンテンツは多くても、分かりやすくなければなりません。」

 

経営者Kさん 

「分かりました。」

 

 

③サイトマップとは

まずは、サイトマップというものについてお話しします。早速ですが、上の図がサイトマップの一例です。ある程度決まったパターンはありますが、ホームページによって違います。

 

詳しく説明しますが、名前の通り、サイトマップとはホームページ(サイト)のマップ(地図)です。お客さんがホームページの中で迷わないように、ホームページ中での動きを考え、道を作ってあげる作業になります。

 

つまりは、どこのページで何を誰に伝えるのか、そしてどのような流れでどこをクリックしてもらうか、最後にどこのページを見てもらうか、です。このことを考えられたページができるかどうかで、ほぼ勝敗が決まると言っても過言ではないでしょう。

 

ホームページには、ある程度決められたサイトマップの在り方なるものが存在しますので、このコラムでは、基本を教えたいと思います。サイトマップを構成するために必要な、ホームページの構成要素について説明したいと思います。イメージとしては、次の画像になります。

 

 

④ヘッダーとは

ホームページの最上部にある固まりが、ヘッダーといいます。語源はヘッド(頭)ですね。どのページにも上部に表示される、共通のものです。ヘッダーのメリットは、閲覧者が現在地を把握しやすくなるのが大きなメリットです。

 

ホームページを作る側のメリットとしては、一番初めにお客さんの目に入る部分になりますので、見てほしい、あるいは常時表示させたいページを厳選して、ヘッダーに盛り込むと良いでしょう。

 

よくある内容としては、以下のものになります。

 

・サイト名とロゴ 「〇〇〇〇〇〇」

・ホームページの説明 「このサイトについて」

・商品 「商品一覧/コース」

・料金  「料金」

・Q&A 「よくある質問」

 

最近は、スマホなどの小さい画面で、どのように表示されるかも考えなければならないので、とても大切な部分になります。

 

 

⑤メインコンテンツとは

その下にあるのがメインコンテンツで、それぞれのページの核になる部分です。先程挙げたページ達の、内容の部分になります。例えば、「ホームページの説明」というページであれば、どのような情報を、何の目的で発信するのか、上から下までストーリーになって説明されている構成が望ましかったりします。

 

ポイントは、どのページで何を伝えたいのかをはっきりさせることです。ページ数が多すぎてしまうと、閲覧するお客さんは迷子になってしまいます。どのページに誘導したいのか、常に念頭に置いて、サイトマップを作ってください。

 

 

⑥サイドバー・フッターとは

また、パソコン表示だと左右に表示されるサイドバーというものや、画面の一番下にあって、どこのページに行っても表示されるフッターというものもあります。サイドバーについては、そこから何度も見てほしいページへのリンクを表示しておくとよいでしょう。一方、フッターも、最近は見る人が増えてきました。運営会社やプライバシーポリシーが載っていることが多く、信用に大きく関わってきます。気を抜かないように気を付けましょう。

 

今日お話したものを組み合わせて、オリジナルのサイトマップを作ってみてくださいね(#^.^#)

 

 

⑦まとめ

いかがでしたでしょうか。サイトマップを自分で考えることは、ホームページ制作業者にお願いするときにも非常に重要になってきます。ホームページのことだけでなく、集客についても何かお困りのことがありましたら、いつでもからだプランにご相談ください。

 

無料相談はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません