健康ブログ

【事業者様向け】ジムの集客では、何をブランドにすべきか

からだプラン編集部

①はじめに

お世話になっております。からだプランのマーケティング部部長の平野是須(これひさ)と申します。経歴としては、アメリカの経営学部を卒業した後、日本の中小企業から大企業まで様々なジャンルのマーケティング経験があります。22年間の集客ノウハウを活かし、今回は「ジムの集客で何をブランドにするか 4つの可能性を挙げる」というタイトルでコラムを書きたいと思います。

 

 

②エピソード

当からだプランは無料相談を通して、ジムの集客に特化したな様々なノウハウを築き上げてきました。そこで今回は、ジムの経営に必要なマーケティングの考え方について、とあるジムの経営者Hさんのエピソードをご紹介して、説明したいと思います。

 

 

経営者Hさん 

「先生、こんにちは。今回、事業拡大をすることになり、広告でアドバイスを頂きたくて参りました。」

 

平野

「ご相談頂きありがとうございます。」

 

経営者Hさん 

「具体的には、新しい店舗のウリを何にしようか考えているのです。」

 

平野 

「いわゆるブランディングについてですね。」

 

経営者Hさん 

「はい、その通りです。ただ、新店舗は駅から特別近いわけでもなく、どこに力を入れていけばいいのかという感じなんです。」

 

平野 

「なるほど。それでは、今日は4つの具体的なブランディングの方法についてお話ししましょう。」

 

経営者Hさん 

「よろしくお願いします。」

 

 

③ブランディングの重要性

ここで、日本のフィットネスクラブ市場の概況を見てみましょう。市場としては牛丼チェーンと同じくらいで、ジムの数は10年前と比べて5%ほど増えました。また、ジムの会員数も年々増えています。ジムの数が増えているということは、その中で生き残っていけるようにする必要があります。

 

ここで必要になるのがブランディングです。ジムに入会する人を直接増やすマーケティングよりも実感がわきにくいですが、ブランディングもマーケティングと同じくらい重要なのです。

 

 

④個人というブランド

それでは、ジムのブランディングについて、具体的な話に移っていきます。結論から言うと、ブランドとは強みのことです。器具や立地といった部分はほかのジムでも似たような条件のものがありますが、同じ人はいません。ですから、スタッフさんの強みを打ち出していく事がブランディングの一つの方法になります。

 

実は、様々なジムの口コミを調べてみると、スタッフの態度についてのコメントが非常に多いです。ジムのスタッフの特色が、ブランドに直接関わっていることを、改めて認識しましょう。

 

 

⑤ホームページというブランド

集客のためにインターネットを利用しているスポーツジムは多いと思います。インターネットは、自分がチラシを配っていない間でもずっと集客してくれるので、集客の効率が最もいいと言えるでしょう。

 

そして、自社のホームページで、ジムの強み、特色を発信していく事が、同時にブランディングにもつながっていきます。自信のある分野があれば、コラムで専門性をアピールするのもいいですし、ブログでジムに親しみを持ってもらうのも一つの手です。

 

きちんと発信することが出来れば、ホームページ自体がブランドとなるでしょう。

 

 

⑥つながりというブランド

インターネットが発達し、ジムの入会を決める際に重要な要素の一つになっているのが、この「つながり」というブランドです。

例えば、有名な人が出入りするジムにはやはり人気がありますし、医師や栄養士などの専門家がいるジムには、やはり人が集まります。

 

盲点となりやすいですが、女性は本当に気にしている要素の一つです。

 

 

⑦安全性というブランド

最後に、安全性というブランドについてご紹介します。

 

最近、多くのスポーツ施設やジムが乱立するようになり、この安全性が一つのブランドになっています。この安全性にきちんと目を向けると、とにかく大変な事ばかりという印象を持つかもしれませんが、もし武器にすることが出来れば、大きなブランドとなるでしょう。やはりお客さんは、本当に大丈夫かどうか、常に心の底で求めているのです。

 

 

⑧まとめ

いかがでしたでしょうか。からだプランでは、長期にわたって効果的な集客を出来るサポートをしています。様々な方法をご紹介できますが、まずは集客に関して、無料相談をして頂くのが良いと思います。お気軽にお問合わせください。

 

無料相談はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません