健康ブログ

【事業者様向け】ジムのブランディングには、実は裏技がある

からだプラン編集部

①はじめに

お世話になっております。からだプランのマーケティング部部長の平野是須(これひさ)と申します。経歴としては、アメリカの経営学部を卒業した後、日本の中小企業から大企業まで様々なジャンルのマーケティング経験があります。22年間の集客ノウハウを活かし、今回は「知っているだけで得をする、裏技的なジムのブランディング方法」というタイトルでコラムを書きたいと思います。

 

 

②エピソード

当からだプランは無料相談を通して、ジムの集客に特化したな様々なノウハウを築き上げてきました。そこで今回は、ジムの経営者に必要なマーケティングの考え方について、とあるジムの経営者Hさんのエピソードをご紹介して、説明したいと思います。

 

経営者Hさん 

「先生、こんにちは。今回はブランディングについてご相談したく思います。」

 

平野  

「素晴らしいです。長期的な集客には、ブランディングが最適だと私は思っています。」

 

経営者Hさん 

「良かったです。しかし先生、うちは特に大きな施設でもなければ、駅から極端に近いわけでもない。ブランド作りは難しいのではないかと思っております。」

 

平野   

「なるほど。」

 

経営者Hさん 

「スタッフの教育に一段と力を入れて、今来てくれているお客さんを大切にするので精一杯です。」

 

平野 

「それは大変すばらしい事ですね。経営者の鏡だと思います。まさしく王道ですね。」

 

経営者Hさん 

「王道ということは、そうではない方法もあるという事ですか?」

 

平野  

「はい。王道を走った上で、さらに王道を行く方法があります。」

 

経営者Hさん 

「どんな裏技ですか?」

 

平野 

「それは、医師と手を組む、ということです。」

 

経営者Hさん 

「といいますと?」

 

平野  

「日本では、インターネットや口コミや紹介が集客の命と言われています。そして医者思考も完全に根付いています。つまり、それらの事実を組み合わせて、医師と手を組んだジムになれば、それは最高のブランドとなります。安全配慮に力を入れるという事は、まさしく王道の中の王道です。」

 

経営者Hさん 

「なるほど!」

 

 

③インターネット・口コミ・紹介の強さ

まずは、日本のフィットネスクラブ市場の概況を見てみましょう。子供のスポーツ教室を含めなければ、市場としては牛丼チェーンと同じくらいで、ジムの数は10年前と比べて5%ほど増えました。また、ジムの会員数も年々増えています。

 

そして、経済産業省特定サービス産業動態統計調査によると、インターネット・口コミ・紹介が、スポーツ施設やジムに入会するきっかけの70~80%を占めているとあります。

 

 

つまり、お客さんは増えているが、情報も増えているので、選ばれる理由が必要になってきているという事を意味します。

 

 

④日本で根付いている「医者思考」

また、日本でスポーツ施設やジムを経営する際に、もう留意したい事実があります。それは、日本に古くから根付いている「医者思考」です。

 

最近では、会員様の中には高齢者の方が増えてきました。そして、それに合わせて、フィットネスクラブ全体に「健康増進」というキーワードが重視されるようにもなりました。

 

ところで、「健康」に関する専門家は、と聞かれたら、医師を挙げる人は多いと思います。健康といえばお医者さん、という風潮は、もはや日本に根付いてしまっているのです。

 

実は、医師の職務を規定する医師法にも「医療と保健指導をつかさどることで、公衆衛生の向上と増進に寄与し、国民の健康的な生活を確保する」と規定されています(医師法第一条)。つまり、法律的にも、医師は健康に関する専門家である、と言えるのです。

 

 

⑤医師と関わりのあるスポーツ施設・ジム

それでは、裏技的なブランディング方法のご紹介です。ただいま説明しました、この③と④の事実を組み合わせ、「医師と関わり合いがあり、きちんと安全を配慮しているスポーツ施設やジム」を創る事が出来れば、他社と最高の差別化であり、お客さんに選ばれるブランディングになります。

 

例えば、医師と共同でデータを集め、それを公表しているジムと、それをしていないジムとでは、当然前者のほうが信用されます。もし、ジムの拡大成長を目指すのであれば、しっかりとしたブランド構築が重要になります。興味があれば、当社にご相談ください。

 

 

⑥まとめ

いかがでしたでしょうか。からだプランでは、長期にわたって効果的な集客を出来るサポートをしています。様々な方法をご紹介できますが、まずは集客に関して、無料相談をして頂くのが良いと思います。お気軽にお問合わせください。

 

無料相談はこちら

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません