健康ブログ

《医師直筆》ボルダリングの消費カロリーとダイエット効果!

からだプラン編集部

☆ボルダリング

ボルダリングをご存知でしょうか?

元々はロッククライミング内のフリークライミングという競技の練習として誕生しました。

最近はテレビなどの取り上げられる事も多く、

壁に埋め込まれたカラフルな石を登っている映像など見た事があるのではないでしょうか?

近年、男女関係なく人気があります。

 

 

☆ボルダリングが人気な理由

達成感

ボルダリングは初心者から上級者まで幅広く取り組むことができます。

少し見ただけではわかりませんが難易度別のコースが存在するためです。

コース攻略の戦略を立て、課題をクリアする事で非日常の達成感を得ることができます。

 

ダイエット効果

ボルダリングには高いダイエット効果が期待できます。

ボルダリングの女性人気の秘密はこの効果のためでしょう。

最近では女性専用ボルダリングジムが開かれるなど、その人気が伺えます。

ちなみに消費カロリーについてですが、ボルダリングをしっかり2時間行うと、平均して500kcalを超えるということです。結構しっかり効果がありそうですね。

 

 

☆ボルダリングとダイエット

負荷が高い

ボルダリングは他の運動と比べ負荷が高く時間あたりの消費カロリーが高い事が特徴です。

しかし、その負荷の高さより長時間続ける事が困難な面もあります。

休憩時間を考慮した場合、ジョギングや水泳などの方が効率が高くなる傾向があります。

 

全身運動

ボルダリングは特定の筋肉を使う運動とは異なり全身の筋肉を使う運動です。

日常生活ではあまり使わない筋肉に刺激を与え、

効率的に全身の筋肉量を増やす事ができるため、基礎代謝の向上に期待が持てます。

 

天候

ボルダリングは室内で行うため、天候に関係なく行えます。

また、壁を登るため、広いスペースを必要としません。

 

 

☆ボルダリングを始めよう

ボルダリングを始めるには専用の施設が行くことが必要です。

ですが、最近はボルダリング専用の施設が増えてきており、

容易に始める事ができるようになっています。

 

 

☆ボルダリングダイエットの注意点

間延びさせない

ボルダリングダイエットでは普段使わ合い筋肉を刺激し、

基礎代謝を高める事が重要となります。

そのために長い期間を開けてしまうと効率的に筋肉を増やす事ができません。

週に1回程度は行うことをオススメします。

 

ケガ

ボルダリングは普段行わない動きをするため、

関節などに高い負荷がかかったり、

落下からの受け身がうまくとれなかった時はケガをするリスクもあります。

 

 

☆ボルダリングダイエットを成功させるには

ボルダリングダイエットを成功させるには大きなポイントがあります。

それはボルダリングを楽しむことです。

ボルダリング人気のためにボルダリング可能な施設はどんどん増えています。

また、ボルダリングの体験イベントなども多く開催されています。

まずは気軽に試してみて自分にあっているか知る事をオススメします。

もしご興味をお持ちの方は、からだプランのボルダリング体験を活用してみてくださいね!

 

 

☆最後に

お楽しみ頂けましたか。からだプランは、沢山の人に「医学を楽しんでもらう」ためのホームページです。「からだプラン」というのは、人それぞれに合った、理想の「からだ」を「プラン」するという意味です。なんて可愛いネーミングなんでしょう(*´▽`*)笑 ですので、いつもこんな感じでコラムを書いています。

 

「医学って面白いじゃん!」
「美容や健康で、手軽に役立つ情報はないかな?」
「お医者さんや医療従事者の観点で医学を楽しみたいな♪」
「困っている人に教えてあげる知識を身に着けたいな!」

 

こんな方に喜んでもらえるように、からだプランはこれからもコラムを書いていきます。興味があれば、他のコラムも読んでみてくださいませ(^◇^)

→ 健康コラム一覧はこちら

 

また、コラムを読むだけじゃなくて、「実際に身体を動かして理想の身体を目指したい!」という方に向けて、プラン(体験)も予約できるようになっています。初心者でも楽しめる体験や、お子さんと一緒に参加できる体験など、様々なプラン(体験)を集めています。興味があれば、そちらも覗いてみてくださいませ(*´▽`*)

→ プラン(体験)一覧はこちら

 

以上、医学を楽しむホームページ「からだプラン」でした!最後まで読んで頂き、有難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いします(^_^)

 

からだプランでは、プラン(体験)の掲載希望の事業者様を募集しております。「掲載希望の方へ」から、お気軽にお問い合わせください。個人事業の方でも構いません。どしどし、お待ちしております。

 

講演、執筆、取材、事業に関してのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」からお願い致します。