健康ブログ

《医師直筆》痩せすぎも太りすぎも大変!妊婦の体重管理の話

からだプラン編集部

 

こんにちは!

 

からだプラン代表で医師の橋本です。

 

今回は、妊婦さんの体重のお話です。

 

できるだけ分かりやすく書いたつもりなので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。




☆妊娠中は体重が増えるもの

先ほど書きましたが、妊娠期間は、体の中の赤ちゃんの分まで栄養を摂らなくてはいけません。

 

それに、赤ちゃんの体だけでなく、羊水の分もあるので、体重は普通の人でもおよそ10kg程度増加する、とされています。

 

体重増加が少ないときのリスク

それでは、実際にその体重増加が不十分だった人は、どうなるのでしょうか。

 

「低出生体重児」や「子宮内胎児発育遅延」という状態になることがあり、近年のダイエット志向の上昇とともに、増加傾向にあるとされています。

 

☆それでも太りすぎは禁物

もう一度繰り返します。

 

妊娠中は、もともとある程度体重は増えます

 

ですが、もちろん、太りすぎてしまうことも問題になります。

 

それでは、妊娠時に太りすぎた場合、以下のもののリスクが上昇します。

 

妊娠高血圧

妊娠中に血圧が上がり、腎臓が壊れて蛋白尿が出ることがあります。

 

最悪の場合は、妊娠の継続が困難になります。

 

糖代謝異常合併妊娠

何らかの理由で、妊娠中に血糖値が上がるものです。

 

すでに糖尿病の既往がある場合、糖尿病合併妊娠といい、そうでない場合で診断条件を満たすと、妊娠糖尿病と診断されます。

 

また、妊娠糖尿病になった女性は、将来本当の糖尿病になるリスクが高いことが知られています。

 

微弱陣痛

陣痛が弱くなりすぎて、子宮が収縮しなくなる状態です。

 

そうすると、分娩が進行しないので、吸引分娩や帝王切開といった対処が行われます。




☆妊娠中に太る原因

太りすぎると、出産にもリスクがあることは書きました。

 

それでは、そもそもなぜ妊娠の時に太ってしまうのでしょうか。

 

以下でその主な原因を書いていきたいと思います。

 

食欲が増す時期

先ほど書きましたが、妊娠期間は、体の中の赤ちゃんの分まで栄養を摂らなくてはいけません。

 

特に、つわりが治まった時期あたりから、赤ちゃんの成長スピードが上がります。

 

そうすると、当然ですが食欲も増します。

 

食欲が増したからと言って、その分食べすぎてしまうと、当然太ってしまう原因になります。

 

生活の変化

そして、里帰り出産などの生活の変化も、太る原因になることがあります。

 

というのも、里帰りして実家で生活すると、散歩に行っても知り合いがいなかったり、親がご飯を作ってくれたりなど、動く機会が少なくなるケースがあるからです。

 

その分消費も減るので、太りやすくなってしまいます。




☆妊娠中の食生活

それでは、妊娠中に太りすぎないような、食生活について見ていきましょう。

 

時期ごとに分けてみますね。

 

ちなみに、妊娠していない女性が一日に必要なエネルギーは、およそ2000kCalとされています。

 

少し覚えておいてくださいね。

 

初期(15週まで)

妊娠初期の段階では、妊娠していない女性とほぼ同じ量の食事で大丈夫です。

 

普通の健康的な食生活を送りましょう。

 

ですが、特につわりが酷くて食欲をなくす人がいます。

 

そんな人も、甘いものを食べたり、また脱水の対策のために水分補給はしっかりしてください。

 

中期(27週まで)

妊娠していない女性と比べて、およそ一日250kCal(ご飯茶碗一杯程度)多くとる必要があります。

 

つわりが終わった時期から、急に食欲が増した、という人も結構います。

 

この時に太りすぎないよう気を付けましょう。

 

スナック菓子の代わりに野菜をたくさん食べる、ということも非常に有効になります。

 

この時期は、胎児の成長が加速する時期です。

 

そのため、たんぱく質やビタミン、ミネラルを気を付けて摂るようにするといいでしょう。

 

例えば、葉酸が不足すると、胎児の成長が十分でなくなる恐れがあります。

 

ですが、ビタミンAの取りすぎには注意してくださいね。

 

不足も問題ですが、過剰に摂ると催奇形性があると言われています。

 

ちなみに、ビタミンAは、レバーに多く含まれているとされます。

 

末期

さらに胎児の成長が加速します。

 

普通の食事と比べても500kCal程度多くとる必要があります。

 

この時期は、様々な栄養をバランスよく取ってください。

 

バランスのいい食事とは?

ここでも何度か、バランスの良い食事という言葉が出てきました。

 

具体的に何を食べればいいのでしょうか。

 

からだプランとしては、和風の定食が一番覚えやすいと思っています。

 

和風の定食は、ご飯とお魚、サラダに漬物、ひじきに冷ややっこに納豆と味噌汁、と言ったとおり、栄養の観点から見てもバランスが整っています。

 

→ バランスの良い食事について、もう少し細かく解説しています。




☆妊娠中の運動

妊娠中でも、あまり運動しないのは肥満のもとになってしまいます。

 

激しい運動は、流産のもとになることがあるので、控えたほうがいいでしょう。

 

妊娠中でもできる運動としては、以下のものが挙げられます。

 

・ウォーキング

・スイミング

・ヨガ

 

ただし、注意点があります。

 

特にスイミングとヨガは、安定期に入るまでは少し危険です。

 

そして、運動前に一度お医者さんに相談することと、自己流ではなく適切な指導者に習うこと、この二点だけは守ってほしいと思います。




☆まとめ

妊娠中にある程度体重が増えるのは、自然現象です。

 

ですが、あまり増えてしまうと、それはそれで分娩が難しくなったり、最悪中絶のリスクもあります。

 

ですので、食生活を整えて、運動もして、適切な体重の範囲になるよう気を付ける必要があります。




他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません