健康ブログ

《医師直筆》ピラティスは痩せる?カロリーやダイエット効果

からだプラン編集部


こんにちは。からだプランの橋本です。普段は内科医として働いています

今回は楽しく健康になれるピラティスを紹介します

 

 

☆ピラティスとは

ピラティスというエクササイズをご存知でしょうか?

最近ではテレビなどで取り上げられる事も多くなり、スポーツジムでは頻繁に教室が開かれています。

今回はピラティスについてお話ししたいと思います。

 

歴史

ピラティスは第一次世界大戦で負傷した兵士のリハビリとしてドイツで考案されました。

ヨガを参考にして作られた部分がありよく似ていますが、得られる効果は大きく異なります。

1990年代にアメリカで広がり始め、それ以降世界各地で知られるようになりました。

 

 

☆ピラティスとヨガ

先ほどピラティスはヨガを参考にしている部分がある事をご紹介しました。

動きだけを見ると確かに似ていますが、代表的な違いは下記のようなものがあります。

 

解剖学

ピラティスは解剖学的な観点により作られています。

そのため、精神面を整える効果はヨガより少ないと言えるでしょう。

一方、肉体的な効果はヨガより高いのです。

 

インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルとは体の深層部分の筋肉であり、

一般的な運動ではあまり鍛える事ができないと言われています。

ヨガは様々なポーズを取ることによって、結果的にインナーマッスルが鍛えられます。

一方、ピラティスではインナーマッスルを鍛える為に様々なエクササイズが存在します。

 

呼吸法

後述で詳しくご説明させていただきますが、

ヨガの代表的な呼吸法は『腹式呼吸』と呼ばれるものであり、リラックス効果が特徴です。

ピラティスの呼吸法は『胸式呼吸』と呼ばれるものであり、リフレッシュ効果が特徴です。

 

 

☆ピラティスの効果

ピラティスを行う事で様々な良い効果を得る事ができます。

それらの一部をご紹介します。

 

体の歪みの改善効果

医学的には「体のゆがみ」という単語はないのですが、「悪い姿勢」のことだと解釈しています。

ピラティスを行いインナーマッスルを強化する事で、体の歪みが改善されます。

何故なら、インナーマッスルは体の姿勢やバランスを保つ役割を持っているからです。

インナーマッスルが弱い事で姿勢が崩れてしまう事は、腰痛などの原因になります。

また、インナーマッスルを鍛える事で姿勢がよくなり、見た目も改善されます。

 

ケガの予防効果

ピラティスには体を柔らかくする効果があります。

歳をとるにつれて体の柔軟性は低下する傾向にあります。

柔軟性の低下はケガのリスクを高めるため、

ピラティスによって柔軟性を高める事でケガ予防につながります。

 

リフレッシュ効果

ピラティスの呼吸法は交感神経に作用し活性化させます。

交感神経が活性化することにより、適度な緊張感や頭がスッキリするなどの

リフレッシュ効果を得る事ができます。

 

血流改善効果

ピラティスのエクササイズには、体の末端まで血液を送る効果があります。

定期的にティラピスを行う事で血流が改善され、

冷え性やむくみの予防効果が見込めます。

 

基礎代謝の向上

基礎代謝とは、簡単に説明すると特に運動をしていなくても消費されるエネルギーの事です。

基礎代謝が高くなる事で日々の生活の中でのエネルギー消費量が増えます。

ピラティスは鍛える事が難しいインナーマッスルを鍛える事で、基礎代謝の向上効果が見込めます。

ある文献では、体重や身長などの個人差はありますが、平均的な女性が行った場合の消費カロリーは1時間で130kcal前後という事です。楽しく痩せられるというのは嬉しいですね(*´ω`)

 

 

☆ピラティスダイエット

ピラティスは女性に非常に高い人気があります。

その理由はピラティスのダイエット効果にあると言えるでしょう。

ここではピラティスダイエットの基本的な仕組みをご紹介します。

 

体質改善

ピラティスダイエットの仕組みの一つは、体質改善効果です。

インナーマッスルを鍛える事で基礎代謝を高め、体脂肪が減りやすい体を目指します。

また、あまり運動を行わない方であれば、体全体を鍛える効果も十分期待できます。

体質の改善をする事で太る原因の解消ができ、比較的リバウンドしにくい事も人気の理由です。

 

美しい姿勢

ティラピスには体脂肪を減らすだけでなく、姿勢の改善効果もあります。

美しい姿勢を得る事で、痩せるだけでは得ることのできない見た目の美しさを得る事ができます。

 

 

☆呼吸法

ピラティスには特徴的な呼吸法があります。

その呼吸法は『胸式呼吸』と呼ばれ、ピラティスのダイエット効果を高める非常に重要な役割があります。

 

胸式呼吸

胸式呼吸とは肋骨を動かし胸を膨らませながら呼吸をするイメージです。

胸式呼吸は交感神経を刺激し、リフレッシュ効果を得る事ができます。

また、交感神経が活性化する事で脂肪燃焼効率が上がる事が知られています。

やり方はとしては、

  1. 肩甲骨を寄せながら鼻からゆっくり息を吸う
  2. 吸いながら胸を前に張り出し空気を溜める
  3. 口からゆっくりと吐く

と簡単です。

また、この呼吸法以外にもいくつかの呼吸法を使用します。

 

 

 ☆ピラティスを始めよう

ピラティスを始めるのは簡単で、特に道具も必要ありません。

しかし、動画や画像などでは分かりにくい部分もあります。

呼吸法など基本的な部分にポイントがあるため、スポーツジムなどで行われている教室に参加する事をオススメします。

 

 

☆ピラティスダイエットの注意点

ここまでご紹介させていただいたピラティスですが、

ダイエット効果としては、他のもの同様に完璧な訳ではありません。

 

まずは10回

ピラティスの特徴を表す言葉として、

『10回やれば違いを感じ、

20回やれば違いが見え、

30回やれば全く違う体になる。』

という言葉があります。

この言葉はピラティスの効果を表す言葉であると同時に、

継続しなくてはその効果を得る事はできない事を表しています。

 

途中でやめない

ピラティスの特徴であるインナーマッスルを鍛える効果は、

ただ回数をこなすだけでは得る事ができません。

週に2、3回ほど行う事が必要になります。

 

 

☆ピラティスダイエットを成功させるには

ピラティスダイエットを成功させるには一つ大きなポイントがあります。

それは、ピラティスを生活の中に取り入れる事です。

まずは重く考えずに挑戦し、自分にあっているかどうか知る事をオススメします。

ご興味をお持ちの方は、からだプランのピラティス体験をぜひご覧ください!

 

 

☆最後に

お楽しみ頂けましたか。からだプランは、沢山の人に「医学を楽しんでもらう」ためのホームページです。「からだプラン」というのは、人それぞれに合った、理想の「からだ」を「プラン」するという意味です。なんて可愛いネーミングなんでしょう(*´▽`*)笑 ですので、いつもこんな感じでコラムを書いています。

 

「医学って面白いじゃん!」
「美容や健康で、手軽に役立つ情報はないかな?」
「お医者さんや医療従事者の観点で医学を楽しみたいな♪」
「困っている人に教えてあげる知識を身に着けたいな!」

 

こんな方に喜んでもらえるように、からだプランはこれからもコラムを書いていきます。興味があれば、他のコラムも読んでみてくださいませ(^◇^)

→ 健康コラム一覧はこちら

 

また、コラムを読むだけじゃなくて、「実際に身体を動かして理想の身体を目指したい!」という方に向けて、プラン(体験)も予約できるようになっています。初心者でも楽しめる体験や、お子さんと一緒に参加できる体験など、様々なプラン(体験)を集めています。興味があれば、そちらも覗いてみてくださいませ(*´▽`*)

→ プラン(体験)一覧はこちら

 

以上、医学を楽しむホームページ「からだプラン」でした!最後まで読んで頂き、有難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いします(^_^)

 

からだプランでは、プラン(体験)の掲載希望の事業者様を募集しております。「掲載希望の方へ」から、お気軽にお問い合わせください。個人事業の方でも構いません。どしどし、お待ちしております。

 

講演、執筆、取材、事業に関してのお問い合わせは、「お問い合わせフォーム」からお願い致します。

 

他の記事を探す

※空白文字だけでは検索できません